SBIネオモバイル証券(Tポイント投資)の評判・口コミ

1. SBIネオモバイル証券の特徴

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)は、ネット証券 口座開設数 No.1(※1)の「SBI証券」と、共通ポイント貯まる・使える店数No.1(※2)のポイントサービス「Tポイント」とマーケティングを繋ぐ「CCCマーケティング」の共同出資で誕生した会社です。業界大手2社が展開するサービスだからこその安心感や使いやすさが大きな魅力です。

SBIネオモバイル証券では、Tポイントで株式投資ができるサービスで1株単位から株式が購入できるため、数百ptのTポイントから株式投資を開始することができます。利用料は月額200円から(税抜、取引額に応じて変動)となっていますが、期間固定Tポイントが毎月200ptもらえるため、非常にお得で取り組みやすいサービスです。

※1 2019年3月現在の口座開設数。比較対象範囲は、主要ネット証券5社との比較となります。「主要ネット証券」とは、口座開設数上位5社のSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(カナ順)を指します。(2019年3月末現在、各社公表資料等より、SBI証券調べ)
※2 2019年3月末時点 Tポイント・ジャパン調べ

サービス名 ネオモバ
URL https://www.sbineomobile.co.jp/
運営会社名 株式会社SBIネオモバイル証券
本社所在地 東京都港区六本木1-6-1
設立 2018年
代表取締役 代表取締役会長 髙村 正人
代表取締役社長 小川 裕之
資本金 /
資本準備金
35億円(2019年4月調査時点)
主な株主 SBI証券、CCCマーケティング
上場有無 非上場
サービス開始年月 2019年4月
ポイントの換金率 1ポイント=1円
ポイント利用単位 1ポイント以上、1ポイント単位
運用手数料 【月間の株式取引約定代金合計額:サービス利用料(税抜)】
0円~50万円以下:200円
50万円超~300万円以下:1,000円
300万円超~500万円以下:3,000円
500万円超~1,000万円以下:5,000円
以下100万円ごとに1,000円が加算(上限なし)
最低投資金額 数百pt~
入金方法 銀行振込、即時入金手数料(住信SBIネット銀行のみ)、クレジットカード引き落とし
特定口座(源泉徴収あり) 選択可能(確定申告不要)
投資対象 株式、ETF、REIT

※2019年12月時点の情報となります。最新情報に関しては上記サイトを御覧ください。

2. SBIネオモバイル証券に関するニュース

3. SBIネオモバイル証券のおすすめポイント

  1. 日本初!Tポイントを使って1株から株式投資ができる
  2. 月額200円から利用可能、しかも毎月Tポイント200ptもらえる
  3. ネット証券大手とポイントサービス大手2社のタッグ

3-1. 日本初!Tポイントを使って1株から株式投資ができる

SBIネオモバイル証券の「ネオモバ」は、Tポイントで株式投資ができるサービスで1株単位から株式が購入できるため、数百ptのTポイントから株式投資を開始することができます。(※もちろん現金での購入も可能です)

500円以下 時価総額上位東証1部銘柄(2019/11/27終値時点)

銘柄 1株の金額
三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306) 464.3円
みずほフィナンシャルグループ(8411) 169.9円
Zホールディングス(ヤフー)(4689) 371円
JXTGホールディング(5020) 488.7円
りそなホールディングス(8308) 464.3円
三菱自動車工業(7211) 495円
双日(2768) 347円
セブン銀行(8410) 341円

※本ページでご紹介する銘柄は客観的な基準に基づき抽出したものであり、個別の銘柄の売買を推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

3-2. 月額200円から利用可能、しかも毎月Tポイント200ptもらえる

利用料は月額200円から(取引額に応じて変動)となっており、以下の約定代金合計額までは取引し放題となっています。また、期間固定Tポイントを毎月200ptもらうこともできる(2019年10月現在)という点も魅力です。

月間の国内株式約定代金合計額 サービス利用料(月額)
0円~50万円 200円(税抜)
300万円 1,000円(税抜)
500万円 3,000円(税抜)
1,000万円 5,000円(税抜)

※以下、100万円ごとに1,000円(税抜)が加算されます。(上限なし)
※期間固定Tポイントには有効期限があり、ネオモバサービス内でのみ使用できます。

3-3. ネット証券大手とポイントサービス大手2社のタッグ

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)は、ネット証券 口座開設数 No.1(※1)の「SBI証券」と、共通ポイント貯まる・使える店数No.1(※2)のポイントサービス「Tポイント」とマーケティングを繋ぐ「CCCマーケティング」の共同出資で誕生した会社です。

業界大手2社が展開するサービスだからこその安心感や使いやすさが大きな魅力です。

※1 2019年3月現在の口座開設数。比較対象範囲は、主要ネット証券5社との比較となります。「主要ネット証券」とは、口座開設数上位5社のSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(カナ順)を指します。(2019年3月末現在、各社公表資料等より、SBI証券調べ)

※2 2019年3月末時点 Tポイント・ジャパン調べ

ネオモバでは、IPOに1株から99株まで、1株単位での申込みが可能なサービス「ひとかぶIPO」も提供しています。こちらはネオモバ株アプリ限定の機能となります。

Tポイントは利用できませんが、少ない資金でもIPOの抽選に参加できるという注目のサービスです。なお、売却・買増しについては、上場日以降、初めて売買が市場で成立した日の翌営業日から売買ができるようになります。

IPOの抽選方法は、優遇抽選と完全抽選2種類の枠があります。優遇抽選枠では、20代、30代の方が当選しやすくなる「若年優遇」や、ネオモバでの取引状況に応じて当選確率が高まる「取引継続優遇」などのユニークな抽選が行われます。一方、完全抽選枠では、公平な抽選となるため、誰でも当選する可能性があります。

「ひとかぶIPO」の申込み方法はシンプルで、BB(ブックビルディング期間)終了後、公募価格が決定してから申込みが開始されるので、購入を希望する株数を入力するだけでIPOへの申込みが完了します。

ネオモバ「ひとかぶIPO」画面イメージ

ネオモバ「ひとかぶIPO」画面イメージ

ひとかぶIPO、初の取扱銘柄は「BuySell Technologies」

BuySell Technologies社は、店舗を保有せず主にインターネットやマスメディアを駆使したマーケティング戦略により集客を実施しています。買収査定においては約250名の査定員を配置のうえ、出張訪問買収を中心とする事業モデルにより 「インターネット」と「リアル」のそれぞれの強みを生かしたネット型リユース事業を展開しています。

銘柄名 BuySell Technologies
銘柄コード 7685
上場市場 東証マザーズ
会社ホームページ https://buysell-technologies.com/
ブックビル期間 ※SBIネオモバイル証券ではブックビルは実施しません。発行価格でのお申し込みとなります。
発行価格 1,930円
当社申込期間 2019年12月11日 00:00~2019年12月13日 12:00
※取り消しする場合は当該申込期間内
申込単位 1株~99株
抽選結果 2019年12月13日 13:00~
上場日 2019年12月18日
備考 公募445,000株、売出225,000株、オーバーアロットメントによる売出100,500株、発行決議日 11月14日

※目論見書など詳細は、ネオモバのウェブサイトでご確認ください。

4. SBIネオモバイル証券の口座開設の3ステップ

  1. STEP1 基本情報の入力
  2. STEP2 本人確認書類のアップ
  3. STEP3 取引パスワードの受取

STEP 1 基本情報の入力

登録したメールアドレス宛に、お手続きページのURLが送信されます。口座開設申込に必要な情報を登録すると、ユーザーネームとログインパスワードが発行されます。

STEP 2 本人確認書類のアップ

本人確認書類のアップロードは、以下の2つの方法から選択できます。

  • 「今すぐ撮影する」を選択して書類をアップロードする
  • 「保存した画像から選ぶ」を選択して書類をアップロードする

STEP 3 取引パスワードの受取

本人確認書類とご登録内容の確認が完了すると、「【SBIネオモバイル証券】本人確認書類審査完了のお知らせ/ハガキをお受取りください」メールが送信されます。

また、登録した住所宛に、SBIネオモバイル証券の「口座開設完了のご案内」が転送不要の簡易書留で郵送されます。

5. SBIネオモバイル証券で無料口座開設をする

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の詳細をさらに知りたい方、無料口座開設を希望される方は下記よりサイトをご覧下さい。「資産運用は興味があるけど、何から始めていいか分からない」「将来に向けて投資を始めてみたい」「Tポイントが貯まっているので、投資をしてみたい」という方は、一度Tポイント投資を検討されてみてはいかがでしょうか。

少額株式投資・ロボアドバイザーのサービス

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチームは、少額株式投資やロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から少額投資やロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」