FX、時間帯別の値動きの特徴は?初心者から評判が高いFX会社も

近年、少額投資やスマホ投資が身近になっており、手軽な時間で投資をしている方が増えています。その中には、FXに関心があるという方も多くいるのではないでしょうか。

「FXで投資を始めたいけど知識や経験がない・・・。」
「FXを始めたいけど時間が確保できるか不安・・・。」という方もいると思います。

この記事では、投資の時間が取れない方や限られている方が新しくFXを始める際のポイントを解説していきます。

目次

  1. 限られた時間でのFX投資手法は?
    1-1.セミナーに参加できるFX会社を選ぶ
    1-2.自動売買システムを活用する
  2. 市場が活発になるFX取引時間は?
    2-1.値動きが活発になる16時以降のロンドン時間
    2-2.帰宅後に集中するなら21時以降のニューヨーク時間
    2-3.出勤前の短期トレード8時~10時の東京時間
  3. FX投資での資金管理はどうすればいい?
    3-1.まずは少額投資から始める
    3-2.利益目標から逆算したレバレッジと資金管理
  4. 初心者にメリットのある大手FX会社3社の特徴を紹介
    4-1.セミナーが豊富「外為オンライン」
    4-2.実績のあるトレーダーのストラテジーを利用して自動売買ができる「みんなのFX」
    4-3.スマホで気軽に取引ができる「LINE FX」
    4-4.1通貨単位から取引が可能「MATSUI FX」
  5. まとめ

1.限られた時間でのFX投資手法は?

時間の取れない方でもFXを始めたい方の中には、どのようにはじめれば良いのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。ここでは時間の取れない方がFXをはじめる場合に、覚えておきたいポイントを紹介します。

1-1.セミナーに参加できるFX会社を選ぶ

国内には多くのFX会社があり。どの会社を選べば良いか分からない方もいるのではないでしょうか。FXが初めての場合、まずはFXの知識や取引方法など基本的な勉強と実践を並行することで理解が深まります。

FX会社にはそれぞれ強みがあるため、自分に合ったFX会社を選ぶようにしましょう。なかでもFXトレードの知識や、取引方法などを解説する初心者向けセミナーを多く開催しているFX会社を選ぶことで、勉強する機会を設けることができます。

1-2.自動売買システムを活用する

働いている方や主婦の方など、1日でFXトレードに費やせる時間が短いため悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。FXは、チャートをはじめとする様々な情報が関連して分析・取引をしているので、FXを意識する時間の確保が必要です。

FXに使う時間が少ない方でも、FX会社では24時間自動で売買をすることができる「自動売買システム」を提供している会社を利用することで、売買のタイミングを図る手間が省けます。

自分のタイミングで売買できないことや、裁量取引と比べてスプレッドが高くなるデメリッはありますが、事前に決めたレンジで自動で売買されるため、為替相場を気にする時間があまり取れない方にとってメリットがあります。

2.市場が活発になるFX取引時間は?

主要都市の中でも取引高が多く活発に相場が動く市場は「東京市場」「ロンドン市場」「ニューヨーク市場」の3市場です。

FXをはじめる際には、3市場の特徴と取引が活発な時間帯を把握しておくことで、自分の取引時間を生活のルーティンに入れることができます。時間の取れない方でも、比較的参加しやすいFX取引時間をご紹介します。

2-1.値動きが活発になる16時以降のロンドン時間

ロンドン市場が開いている時間を「ロンドン時間」と呼び、日本時間16時~翌日2時までの時間のことを指します。

この時間帯は、為替取引市場の中でも欧州各国の投資家が多く参入するため活発になります。

欧州系の通貨ペア(ポンド/円・ユーロ/円・ユーロ/ドル)が大きく動き出すのが特徴で、17時で仕事を終える方にとって参加しやすい取引時間となります。

2-2.帰宅後に集中するなら21時以降のニューヨーク時間

日本時間21時~翌朝6時までの時間帯を「ニューヨーク時間」と呼び、ニューヨーク市場がはじまります。

ニューヨーク時間帯では雇用統計や要人発言などの経済指標、24時のオプションカットなどの重要な時間帯でトレンドが発生する特徴があります。

トレーダーの中には経済指標やオプションカットを狙った手法で利益を積み上げる方も多く、仕事から帰宅した方や、主婦の方など、落ち着いて相場を見たい方にとって参加しやすい時間帯です。

2-3.出勤前の短期トレード8時~10時の東京時間

日本時間8時~16時は東京時間と呼び東京市場が開きます。主にアジア圏やオセアニア圏の取引高が高くなります。

東京時間の特徴として9時55分に各金融機関(主要銀行など)が基準レートを提示します。基準レートが決まる9時55分前後の時間に取引が活発になることが多く、短期で狙うトレーダーが多くいます。

出勤前などに短時間で取引をしたい方にとってメリットのある時間帯です。

3.FX投資での資金管理はどうすればいい?

FXをはじめる際に重要なのが「資金管理」です。

多くの取引手法を学んでも、分析力が上がっても資金管理ができない場合はFXで利益を出すことが難しくなります。ここではFX初心者にとって大切な資金管理を解説します。

3-1.まずは少額投資から始める

FX初心者は、まず少額投資で始め、初期資金は余剰金にしましょう。FXは利益が得られる反面、損失で資金を失うリスクもあります。

はじめから高額な資金を投資せず、しっかりとリスクを分散するためにも少額投資ではじめましょう。

3-2.利益目標から逆算したレバレッジと資金管理

FX投資のメリットは、手元資金にレバレッジを効かせて大きなリターンを狙えることです。

しかし、資金に対して限界ギリギリまでかけたレバレッジは、ギャンブルトレードとなり大きな損失を生んでしまう可能性があります。レバレッジを決める場合には利益目標を決めることが大切です。

初心者の場合には、目標から逆算してレバレッジを2倍~3倍にするといった、無理のないレバレッジをかけることを意識しましょう。

4.初心者にメリットのある大手FX会社3社の特徴を紹介

FXをはじめる時に迷うのがFX会社選びです。

ここではFX初心者にとってメリットのあるFX会社を紹介します。各社に特徴がありますので、自分に合ったFX会社を選んでいきましょう。

4-1.セミナーが豊富「外為オンライン」

外為オンライン外為オンラインが主催する無料のFXセミナーは全国で開催されており、外為オンラインユーザー以外も受講することができます。
上級者向けのFXセミナーはもちろんのこと、初心者向けのFXセミナーも充実しています。

他にも独自の自動売買システムや高機能の取引ツールなど、老舗ならではのノウハウが詰まっておりFX初心者にとってメリットのあるFX会社です。

4-2.実績のあるトレーダーのストラテジーを利用して自動売買ができる「みんなのFX」

トレイダーズ証券「みんなのFX」
みんなのFXはトレイダーズ証券が運営をしています。自動売買システム「みんなのシストレ」は、実績のあるトレーダーのストラテジーを利用して自動売買ができます。

1,000通貨からの少額投資にも対応しており、10万円以下から取引をはじめたい初心者にとってメリットがあります。

4-3.スマホで気軽に取引ができる「LINE FX」

LINE FX LINE FXはコミュニケーションアプリ「LINE」の傘下であるLINE証券が運営をしています。スマホで気軽に取引ができる仕組みが充実しています。

LINE FXはスマホアプリでFX取引ができるため、時間や場所を選ばずに操作が可能で、仕事中や外出先で取引できるため働いている方や、合間の時間で取引がしたい主婦の方にとってユーザビリティが高いFX会社です。

口座開設もスマホアプリで完結し、申し込みから利用まで最短即日となっています。

4-4.1通貨単位から取引が可能「MATSUI FX」

MATSUI FX
MATSUI FXは、松井証券が提供するサービスです。

1通貨単位から取引が可能であり、少額からFXを始めることができます。また、総合ネット証券会社のため、FX以外の投資も検討している方は利用するメリットがあります。

2021年3月1日より新サービスとなり、取扱い全20通貨ペアが全取引時間帯で業界最狭水準のスプレッドでの取引が可能です。

5.まとめ

働いている方や主婦の方がFXを投資をする場合には、FXに関する知識や自分にあったFXトレード方法を見つけることで、短時間で取引をすることができます。

生活のスタイルや、利益目標に合わせた取引方法を見つけ、FX投資の検討を進めてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 FXチーム

HEDGE GUIDE 編集部 FXチーム

HEDGE GUIDE 編集部 FXチームは、FXに関する知識が豊富なメンバーがFXの基礎知識から取引のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」