HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム 「HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム」の記事

暗号資産取引所の使い方

コインチェックとGMOコインどっちが良い?取扱い暗号資産や手数料、サービスを徹底比較

将来の資産形成手段として、ビットコインや暗号資産(仮想通貨)投資を検討する方や、実際に利用し始めている方が増えています。この記事では大手が提供する暗号資産取引所のコインチェックとGMOコインのどちらを選べば良いかについて、「取扱銘柄」「コスト」「取引方法」「アプリ」など、さまざまな視点から比較します。取引所選びの参考としてぜひご活用ください。

暗号資産取引所の使い方

アルトコイン投資のポイントや注意点、おすすめの仮想通貨取引所【仮想通貨投資の始め方】

アルトコインはビットコインよりもボラティリティが高いこともあり、仮想通貨投資家にとって人気のある投資先となっています。この記事ではアルトコイン投資のポイントとアルトコインを多く取り扱っている仮想通貨取引所についてご紹介します。

仮想通貨

SECのGary Gensler委員長、過去に資金調達を行った暗号資産は有価証券であるとの見解

米証券取引委員会(SEC)のGary Gensler委員長は1月10日、CNBCの取材に対してイーサリアムが証券であるかについて明確な回答をしなかったものの、資金調達を行ったすべての暗号資産・トークンは有価証券であるとの考えを述べている。

その他企業

米ウォルト・ディズニー、「仮想空間シュミレーター」特許取得はメタバースへの第一歩か

アメリカの大手エンターテイメント企業ウォルト・ディズニー社が、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)用ヘッドセットや眼鏡を使用せずに、仮想世界を体験することができるシュミレーターの特許を取得したことが分かった。

仮想通貨コラム

【初心者向け】SBI VCトレード(VCTRADE)で暗号資産投資を始める方法:スマホでビットコイン購入編

暗号資産取引所SBI VCトレードでは、500円、あるいは0.0001 BTCという小さい単位からビットコインを購入できます。ビットコイン投資はまとまった資金を用意しなくとも、誰でもアプリひとつで手軽に取り組めるものになっています。ここではSBI VCトレードのスマホアプリ「VCTRADE SP」からビットコインを購入する方法についてご説明します。

暗号資産取引所の使い方

Coincheck(コインチェック)からビットコインを送金する方法を解説

ビットコイン投資の初心者にとって、初めての送金作業は緊張するものです。ビットコインのネットワークは暗号資産取引所のサポートが及ばないため、送金先アドレスの入力を間違えると取り返しがつかない場合もあり、細心の注意が必要です。そこで今回はコインチェックで取得したビットコインを別の場所へ送付する方法についてご説明します。

仮想通貨

フォビジャパン、XRP保有者限定のSOLOエアドロップを対応

フォビジャパン株式会社は12月23日、XRP保有者限定のSOLOエアドロップ対応を実施することを発表している。XRP元帳と連携する優れたツールのいくつかを構築していたSologenic.org(SOLO Core Team)の「XRP」保有者を対象としたSologenic(SOLO)エアドロップ実施に対応した格好だ。

その他企業

Visa、新たに暗号資産コンサルティング部門を設立へ

Visaは新たに暗号資産コンサルティング部門「Crypto Advisory Practice」を立ち上げ、デジタル資産を戦略や製品ロードマップに構築したい顧客のニーズに応え、暗号資産関連分野の専門知識を提供し具体的な戦略を策定していく考えだ。Decryptが12月8日、報じている。

その他企業

フィデリティ・デジタル・アセッツ、機関投資家向けに暗号資産カストディサービスを提供へ

米投資信託の販売・運用会社フィデリティ・インベスメンツの暗号資産部門フィデリティ・デジタル・アセッツは、機関投資家向けに暗号資産のカストディおよびレンディングサービスを提供するため、暗号資産レンディングプラットフォームNexoとの提携を発表している。

仮想通貨

ビットコインを上回る「フリップニング」を期待する声も、イーサリアムは2018年以来の躍進へ

ビットコインの暗号資産市場における市場規模(ドミナンス)は先週末に38.32%まで落ち込んでいる中、暗号資産時価総額2位のイーサリアムはドミナンスを20%まで拡大しており、2018年以降で最も高い推移となっている。ブロックチェーンメディアDecryptoが12月6日、報じている。