HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム 「HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム」の記事

仮想通貨コラム

長期投資におすすめの暗号資産取引所。コインチェックとGMOコインを徹底比較

投資初心者におすすめの投資戦略は、価格変動に翻弄されずに安定的に投資できる長期投資です。ここでは長期投資向けのサービスを提供している2つの暗号資産取引所、コインチェックとGMOコインについてご紹介します

仮想通貨コラム

9種類の暗号資産に対応!GMOコインの「つみたて暗号資産」のメリットや注意点を解説

暗号資産(仮想通貨)に興味を持ちながらも、なかなか投資に踏み出せない方は多いのではないでしょうか。ビットコインやイーサリアムなどの暗号資産は価格変動が激しいので、購入時期を判断しにくいことも、そうした要因の一つかと思います。そのような場合におすすめの投資戦略が「積立投資」です。暗号資産取引所GMOコインでは、自動積立サービス「つみたて暗号資産」を提供しています。この記事ではGMOコインのつみたて暗号資産の特徴や利用方法について詳しく解説していきます。

仮想通貨コラム

コインチェックとGMOコインの暗号資産積立サービスを比較

資産運用に暗号資産(仮想通貨)を取り入れたいと考えた時に、「どの取引所を使用すれば良いかわからない」と迷う方も多いでしょう。積立投資を切り口に探してみると、国内の暗号資産交換事業者の中で2か所、「コインチェック」と「GMOコイン」だけが積立サービスを提供しています。本記事ではコインチェックとGMOコインの暗号資産積立投資サービスについて解説します。

仮想通貨コラム

世界最大の仮想通貨インデックスファンドを参考に、仮想通貨の分散投資・ポートフォリオを考察

、アルトコインは銘柄が多く、価格変動リスクも大きいため、慣れている投資家にとっても簡単ではありません。ここでは暗号資産の分散投資の銘柄の選び方について、海外の暗号資産インデックスファンドを参考とした考え方をご紹介したいと思います。

仮想通貨コラム

コインチェック・ビットフライヤー・GMOコインの手数料、機能、取扱銘柄を徹底比較!

コインチェック、ビットフライヤー、GMOコインは数年間の運営実績を有し、既に一定のユーザーに支持されている暗号資産(仮想通貨)取引所です。取引サービスや取り扱い銘柄の豊富さ、割安な手数料体系などにそれぞれの強みがあり、初心者から上級者まで幅広く利用されています。ここではコインチェック、ビットフライヤー、GMOコインについて詳しく解説していきます。

仮想通貨コラム

コインチェックからGMOコインへビットコインを送付する方法を解説【暗号資産初心者ユーザー向け】

ビットコインの送付は慎重さが求められ、初心者にとっては特に勇気が入る作業です。メールアドレスの送信と似た要領で宛先アドレスを自分で設定し、自分で送信ボタンを押すことになります。そこで今回はコインチェックで取得したビットコインをGMOコインへ送金する方法についてご説明します。

仮想通貨コラム

コインチェックとDMM Bitcoinどっちが良い?取扱い暗号資産や手数料、サービスを徹底比較

将来の資産形成手段として、ビットコインや暗号資産(仮想通貨)投資を検討する方や、実際に利用し始めている方が増えています。この記事では大手が提供する暗号資産取引所のコインチェックとDMM Bitcoinのどちらを選べば良いかについて、「取扱銘柄」「コスト」「取引方法」「アプリ」など、さまざまな視点から比較します。取引所選びの参考としてぜひご活用ください。

仮想通貨コラム

「ビットコインをいつ購入したら良いかわからない」方へ。積立投資の特徴とおすすめのサービスをご紹介

昨年末にビットコインが史上最高額を更新したことで、暗号資産(仮想通貨)に関心を持ちながらも買い時を決めかねている方は多いかと思います。そのような状況では、積立投資を始めてみるのも一つの方法です。積立投資は購入のタイミングを分散させることで価格変動リスクを軽減できるので、投資経験の少ない方でも取組みやすいサービスです。この記事では、積立投資の特徴やメリット、失敗例と対策方法について詳しく解説します。

仮想通貨コラム

スマホで暗号資産を購入するなら。コインチェックとビットフライヤーの暗号資産取引アプリを徹底比較

暗号資産アプリでできる事には、日本円の入出金操作や暗号資産の送信、取引所サービスの管理など多岐に渡ります。アプリ上で口座開設も可能なので、誰でもスマホひとつで手軽に暗号資産投資を始められる様になっています。

仮想通貨コラム

【暗号資産初心者向け】 アルトコイン投資のポイントと注意点とは?

ビットコイン価格が過去最高値を越えて上昇する中、ビットコイン以外の暗号資産「アルトコイン」も高いパフォーマンスを見せています。一部の投資家はより高いリターンを求めて、アルトコインを物色しているともみられています。ここではアルトコインを多く取り扱っている暗号資産取引所について解説します。

仮想通貨コラム

【初心者向け】コインチェックのスマホアプリで暗号資産を購入する方法

暗号資産投資の初心者にとっても直感的に使いやすいと評判のサービスが「コインチェック」です。スマホアプリの累計ダウンロード数は300万件を突破しています(2021年2月時点)。ここではコインチェックのスマホで暗号資産を購入する方法についてご説明します。

仮想通貨コラム

暗号資産IOSTとは?特徴や仕組み、購入方法まとめ

暗号資産取引所コインチェック(コインチェック)は9月8日、日本で初めてIOST(アイオーエスティー)の取り扱いを開始しました。IOSTの時価総額は9月9日時点に103億円であり、暗号資産市場全体で第98位にランクしています。ここでは、IOSTという暗号資産、及びブロックチェーンについて解説します。

その他企業

techtec、日本初となる「イーサリアム2.0」グラント獲得。「Eth2 Staking Community Grants」を通してイーサリアム財団より資金調達

教育・金融分野でのブロックチェーン活用およびオンライン学習サービス「PoL(ポル)」を運営する株式会社techtecは2月10日、Web3.0を実現するパブリックブロックチェーン「Ethereum(イーサリアム)」の開発を主導するEthereum Foundation(イーサリアム財団)より、「Eth2 Staking Community Grants」を通したグラントを獲得した。

ブロックチェーン

コインチェック、慶應義塾大学 KGRIにて暗号資産研究プロジェクトを発足

コインチェック株式会社と株式会社HashPortは2月12日、慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート(GRI:Keio University Global Research Institute)にて、暗号資産業界の発展並びに暗号資産の社会的意義に関する理解促進のための研究プロジェクトの発足を発表した。