HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム 「HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム」の記事

仮想通貨コラム

スマホで始めるビットコイン投資。コインチェックとSBI VCトレードの暗号資産取引アプリを徹底比較

暗号資産(仮想通貨)を売買するのにスマホアプリを使う方も多いと思います。暗号資産アプリでできる事には、日本円の入出金操作や暗号資産の送信、取引所サービスの管理など多岐に渡ります。アプリ上で口座開設も可能なので、誰でもスマホひとつで手軽に暗号資産投資を始められる様になっています。コインチェックとSBI VC トレードのスマホアプリはこれから暗号資産を始める方におすすめです。ここでは両社のスマホアプリを詳しく比較していきます。

仮想通貨コラム

‌GMO‌コ‌イ‌ン‌の暗号資産取引ツールや特徴、利用の際の注意点について徹底解説

暗号資産取引所‌GMO‌コ‌イ‌ン‌について、「大手企業が運営しているけどサービス内容がよくわからない」、「他社と何が違うのかわかりづらい」、そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。‌GMO‌コ‌イ‌ン‌は価格変動の激しい暗号資産市場に適したトレーディング機能を提供しています。既に暗号資産投資経験のある方も、初心者の方も、‌GMO‌コ‌イ‌ン‌の便利な取引ツールやアプリの使いやすさに興味を持つ部分がきっとあると思います。ここでは、‌GMO‌コ‌イ‌ン‌のサービス内容や特徴、利用する際の注意点について解説します。

仮想通貨コラム

【暗号資産・ビットコイン取引所選び】コインチェックとGMOコインのサービス内容を比較!

ここでは、暗号資産投資をこれから始めようと考えている方に向けて、おすすめの取引所コインチェックとGMOコインについてご紹介します。どちらも、「販売所」と「取引所」の両方を利用でき、スマホアプリも初心者にもわかりやすい設計となっています。しかし、取り扱い銘柄や、注文方法、手数料設計などで違いがあります。これから始めようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨コラム

【社長インタビュー】レバレッジ取引に注力するDMM Bitcoin、その理由と暗号資産のこれからの展望

暗号資産取引所「DMM Bitcoin」は、豊富なレバレッジ取引の取扱銘柄を提供し、2020年10月には新たな注文方式を発表するなど市場の動きに先立って精力的にサービスを展開されています。今回HEDGE GUIDE編集部は、そんなDMM Bitcoin代表取締役である田口 仁 氏に事業設立の背景や事業戦略、そして今後の展望をお伺いしました。

仮想通貨

【bitFlyer公式見解】ビットコイン、バブル崩壊後以来の高値に接近。その理由とは?

ビットコイン価格が140万円を超え、年初来高値を更新し続けバブル崩壊後以来の高値に接近している。暗号資産交換事業を執り行う株式会社bitFlyerでマーケットアナリストを兼任する金光 碧(トレジャリー部部長)氏は、こうしたビットコインの動きについて以下のように述べている。

仮想通貨コラム

【暗号資産・ビットコイン取引所選び】コインチェックとSBI VCトレードのサービス内容を比較!

ここでは、暗号資産投資をこれから始めようと考えている方に向けて、おすすめの取引所コインチェックとSBI VCトレードについてご紹介します。どちらも、「販売所」と「取引所」の両方を利用でき、スマホアプリも初心者にもわかりやすい設計となっています。しかし、取り扱い銘柄や、注文方法、手数料設計などで違いがあります。これから始めようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨コラム

DMM Bitcoinの暗号資産取引ツールや特徴、利用の際の注意点について徹底解説

DMM Bitcoinについて、「大手企業が運営しているけどサービス内容がよくわからない」、「他社と何が違うのかわかりづらい」、そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。ここでは、DMM Bitcoinのサービス内容や特徴、利用する際の注意点について解説します。

仮想通貨コラム

【イベントレポート】編集部が体感してみた。オンライン開催されたブロックチェーンの「未来を知る」年に一度のイベント【BlockChainJam2020】

10月24日、ブロックチェーンの「未来を知る」年に一度のイベント「BlockChainJam2020」がオンラインで開催されました。BlockChainJam2020は「ブロックチェーンがつくる新しい金融と社会」というテーマが設定され、暗号資産・ブロックチェーン技術、規制や税金、ビジネスでの活用など幅広いトピックでセッションが行われました。

仮想通貨コラム

スマホで始めるビットコイン投資。コインチェックとGMOコインの暗号資産取引アプリを徹底比較

暗号資産を売買するのにスマホアプリを使う方も多いと思います。パソコンがなくてもいつでも手軽に操作できるので、電車の中やカフェなどでも取引を行うことができます。コインチェックとGMOコインのスマホアプリはこれから暗号資産を始める方におすすめです。ここでは両社のスマホアプリを詳しく比較していきます。

仮想通貨コラム

【eKYC対応】最短即日でビットコイン取引が可能な暗号資産取引所のスマホアプリを紹介

これから暗号資産取引所の口座を開設するならeKYCを導入している企業が便利です。eKYCはスマホアプリだけで本人確認ができ、最短即日でビットコイン取引を開始できます。ここではeKYC導入済みの暗号資産取引所をご紹介します。

仮想通貨コラム

【暗号資産ビギナー向け】販売所と取引所を併設しているプラットフォームで投資をスタートしよう

初心者の中には、暗号資産取引所に口座開設をして「さあ、ビットコイン(やXRP、イーサリアム)を買おう」という段階で、取引所と販売所があることに気づき、どちらで買えばいいのか迷う人は多いと思います。ここでは、「取引所」と「販売所」についてそれぞれメリット・デメリットを解説します。また、2つの売買方法を備えている暗号資産取引所をご紹介するので、プラットフォーム選びの参考にしてください。

仮想通貨コラム

フェアトレードを超えろ。ブロックチェーンを使って利益の80%をカカオ農家に還元する「Right Origins」

インド人のブロックチェーン・エンジニアAkash Mathew氏が立ち上げた財団「Right Origins(ライト・オリジンズ)」は、利益の80%を生産者であるカカオ農家に還元し、農協や農家自身がチョコレートブランドを持つことを目指す。

仮想通貨コラム

【ビットコイン投資初心者向け】目標金額50万円を設定して積立投資をスタートしてみよう

暗号資産取引所GMOコインが2020年4月に行ったユーザーアンケートでは、1578名の回答者の約半数48%が資産運用額を50万円未満に留めていました。経験者でさえ暗号資産の投資予算を50万円に留めているのであれば、初心者はより少額からスタートした方が賢明かもしれません。まずはコツコツ積み立て投資を行い、資産運用額50万円を目指してみましょう。

その他企業

オンライン学習eラーニングプラットフォームのtechtec、英Aaveより資金調達を実施。日本発となるDeFiサービスの開発へ

学習履歴をブロックチェーンで管理するeラーニングプラットフォーム「PoL(ポル)」を運営する株式会社techtecは10月15日、分散型金融(DeFi:Decentralized Finance)市場を牽引する英Aaveより、日本初・日本唯一の企業として資金調達の実施を発表した。

仮想通貨コラム

【暗号資産初心者向け】コインチェック・GMOコイン・SBI VC トレードの3社の手数料、機能、取扱銘柄を徹底比較!

コインチェック、GMOコイン、SBI VCトレードは数年間の創業実績を有し、既に一定のユーザーに支持されている暗号資産(仮想通貨)取引所です。取引サービスや取り扱い銘柄の豊富さ、割安な手数料体系などにそれぞれの強みがあり、初心者から上級者まで幅広く利用されています。ここではコインチェック、GMOコイン、SBI VCトレードについて詳しく解説していきます。