ビットポイントが仮想通貨初心者におすすめの5つの理由

2022年に入ってから仮想通貨市場が低迷しており、積極的に仮想通貨に投資する時期ではないかと思います。一方で、価格が一時的に下がっている時に購入してみたいという方もいらっしゃいます。そういった場合、初心者が利用しやすい仮想通貨取引所を選ぶ際のポイントはいくつかあります。仮想通貨取引所ビットポイントジャパンはスマホアプリにも対応しており、少額から注文が可能です。ここでは国内で多数ある仮想通貨取引所の中から、ビットポイントが初心者におすすめの理由を解説します。

目次

  1. ビットポイントの特徴とは
  2. ビットポイントが初心社におすすめの理由5つ
  3. ビットポイントの取り扱い仮想通貨
  4. まとめ

①ビットポイントの特徴とは


ビットポイントは、SBIファイナンシャルサービシーズ株式会社を主要株主にもつ仮想通貨取引所です。ビットポイントでは販売所、取引所、貸仮想通貨のサービスが提供されています。ビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨が取り扱われていますが、その中でもジャスミーやディープコイン、クレイなど国内では取り扱いが少ない仮想通貨も取り扱っています。また各種サービスが手数料無料で利用できるといった特長があります。これから仮想通貨投資を始めたいと考える方にも有用な取引所となっています。

②ビットポイントが初心社におすすめの理由5つ

2-1. 少額から始められる

ビットポイントには販売所と板取引ができる取引所が提供されています。販売所では取り扱っている全ての仮想通貨を最低500円から注文ができます。注文する際は日本円入力か仮想通貨の数量入力を選べるようになっています。また取引所の「BITPINT PRO」では、成行注文、指値注文、逆指値注文が利用できます。TradingViewを利用したチャート分析が可能となっています。こちらはビットコインなら0.0001BTCと少額から注文できます。

2-2. 取り扱い銘柄が豊富

ビットポイントではビットコインやイーサリアム、ライトコイン、リップルなど日本では知名度が高い主要な仮想通貨が、販売所でも取引所でも取り扱われています。それらだけでなく、トロン、エイダ、ジャスミー、ディープコイン、クレイなど他社では取り扱いが少ない仮想通貨を取り扱っています。種類が多いことで、特定の仮想通貨目当てにビットポイントを利用することもできるのと、他社にないない通貨で貸仮想通貨ができるのも多くな特徴と言えます。

2-3. 各種手数料が無料

ビットポイントでは日本円の出金手数料と、仮想通貨の出庫手数料が無料な他、ジャパンネット銀行、イオン銀行、住信SBIネット銀行から手数料無料で即時入金が可能となっている点も便利なポイントです。仮想通貨の出金手数料が無料ということは、DeFiでの運用やNFT購入、分散型取引所を利用するために、購入したイーサリアム等を外部ウォレットに移す際にネットワークフィー(ガス代)を気にする必要がない点は、重要なメリットの一つです。また取引所の取引手数料が無料なので、手数料を気にせず注文が出せるのも初心者には安心材料と言えます。

2-4. キャンペーンが定期的に行われる

ビットポイントでは新規銘柄が上場される際はキャンペーンが行われる傾向にあります。既存のユーザーが参加しやすく、新たに上場される銘柄なので、そこでお得に入手できるチャンスがあります。また新規口座開設をするユーザーに対してのキャンペーンも行われるので、キャンペーンを利用してお得にスタートすることも可能です。口座開設する際はキャンペーンを狙うのも良いでしょう。

2-5. レンディングに参加しやすい

ビットポイントの「貸して増やす」サービスでは取り扱っている全ての仮想通貨に対応しており、賃借期間と賃借料率、最小賃借数量は募集毎に決定されます。受付は、先行順か抽選で行われます。自動更新も可能で途中解約は基本的に不可です。また再貸出の場合は期間は30日で賃借料率は2%と設定されています。長期的に仮想通貨を保有している投資家にとって有用なサービスです。募集が開始された際はユーザーにお知らせメールが届きます。

また新規取扱銘柄のキャンペーン「貸して増やす」サービスが行われるケースもあります。その際の年率は普段の貸出年率よりも高いケースもあり、他社でなかなか貸出申請が通らない場合でも、ビットポイントなら通るかもしれません。貸仮想通貨サービスは賃借料によって仮想通貨を得ることができ、着実に資産を増やしながら長期運用ができるので、保有のみのユーザーにも有用なサービスです。

③ビットポイントの取り扱い仮想通貨

販売所の取扱銘柄

14銘柄:ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ベーシックアテンショントークン、トロン、エイダ、チェーンリンク、ポルカドット、ジャスミー、ディープコイン、IOST、クレイ

取引所の取扱銘柄

11銘柄:ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ベーシックアテンショントークン、トロン、エイダ、IOST、クレイ、シバイヌ

④まとめ

初心者にとって初めての仮想通貨取引所選びは最初の壁とも言えます。ビットポイントは口座開設の際はもちろん無料で行えますし、スマホアプリから手続きすることができます。また500円というワンコインから購入できるポイントも気軽に始められる特徴でもあります。ネット銀行を利用することで入金手数料無料で振込ができるので、キャンペーンを利用しながら、最初の仮想通貨取引所として利用してみるのはどうでしょうか。気になる方はビットポイントのサイトをチェックしてみてください。

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。