投資初心者が簡単にビットコインを売買できる、おすすめの仮想通貨取引所・販売所3選

ビットコインは2020年5月に4年に1度の半減期を迎えました。国内の仮想通貨マーケットは盛り上がりに欠けていますが、海外では再び関心が高まっています。

有名なファンドマネージャーがポートフォリオにビットコインを含めるニュースが報じられる一方、アメリカでは現金給付として一人当たり1200ドル配布された時期に、仮想通貨取引所で同額の入金が増加したというデータも出ています。投資家が仮想通貨を取り入れる動きは着実に拡大しています。

ここでは、今改めて注目されているビットコイン投資についてご説明します。またHEDGE GUIDE編集部が厳選する、投資初心者が簡単にビットコインを売買できる仮想通貨取引所・販売所を3社ピックアップします。ビットコインへの投資判断の一助になれば幸いです。是非チェックしてみてください。

目次

  1. 投資初心者が簡単に売買できる、おすすめの仮想通貨取引所・販売所3選
    1-1. わかりやすいユーザーインターフェイスが特徴のCoincheck
    1-2. レバレッジ取引を備え、多機能なDMM Bitcoin
    1-3. ビットコイン取引量は国内No.1のbitFlyer
  2. ビットコインの3つのポイント
    2-1. 個人間で直接取引できる
    2-2. デジタルゴールドとしての性質
    2-3. インフレヘッジへの期待
  3. ビットコインの「販売所」と「取引所」
  4. ビットコインの「現物取引」と「レバレッジ取引」
  5. まとめ

投資初心者が簡単に売買できる、おすすめの仮想通貨取引所・販売所3選

1-1. わかりやすいユーザーインターフェイスが特徴のCoincheck

Coincheck
「Coincheck」は、マネックスグループ株式会社の子会社であるコインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。Coincheckの最大の特徴は、優れたUI(ユーザーインターフェイス)とUX(ユーザーエクスペリエンス)です。同社のサービスは直感的に操作ができるので初心者にも非常に使いやすく、国内で仮想通貨投資家が増加した要因とも言われています。

特に同社の販売所は直感的に操作しやすいように設計されているので、初心者でも簡単にビットコイン投資を始められます。Coincheckのエッセンスが凝縮されたスマホアプリの累計ダウンロード数は274万件を突破しています(2019年12月末時点)。

販売所 あり
取引所 あり
最小注文数量 0.001 BTC (取引所)
500円(販売所)
取引手数料(取引所) 無料キャンペーン中
特徴 スマホアプリの累計ダウンロード数が274万件を突破

1-2. レバレッジ取引を備え、多機能なDMM Bitcoin


DMM Bitcoinは、株式会社DMM.comのグループ会社である株式会社DMM Bitcoinが運営する仮想通貨取引所です。DMMグループはDMM.com証券を所有しており、専門的なノウハウがDMM Bitcoinにも活かされています。DMM Bitcoinは販売所のみ設けており、ビットコインの「現物取引」と「レバレッジ取引」を提供しています。

DMM BitcoinはFXを行っている業者ということもあり、インターフェイスの見易さ、そしてテクニカル指標は十分に備えていると言えます。また、DMM Bitcoinの取引アプリはPC版に匹敵する充実の機能を搭載しており、使いやすいと利用者から高く評価されています。アプリからでチャートを見ながらワンタッチ発注ができます。DMM Bitcoinの取引アプリは2019年6月に75万ダウンロードを突破しました(国内仮想通貨交換業者のWEBサイト調べ)。

販売所 あり
取引所 なし
最小注文数量 0.001 BTC
特徴 レバレッジ取引

1-3. ビットコイン取引量は国内No.1のbitFlyer

bitFlyer
bitFlyerは日本の主要メガバンク(SMBCベンチャーキャピタル、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJキャピタルなど)から出資を受けている国内でも有数の仮想通貨取引所です。bitFlyerは初心者にとって理解しやすい「販売所」と「簡単取引所」、そしてレバレッジ取引ができて条件注文も可能な「bitFlyer Lightning」を提供しています。

bitFlyer Lightningは、現物取引(BTC/JPY)とレバレッジ取引(差金決済:BTC-FX/JPY、先物取引:BTC/JPY)でビットコインを取り扱っています。現物・差金決済・先物取引を含むbitFlyerのビットコイン取引量は国内No.1(2019年総月間出来高、Bitcoin日本語情報サイト調べ)であり、他社の取引所と比較して、注文が約定しやすいと言えます。

bitFlyerは、ユーザーが第三者にメールアドレスやパスワード等を盗まれ、不正に日本円を出金される被害に遭った場合、最大500万円の補償を受けることができます。補償は他の仮想通貨取引所にはあまりない特徴のため、覚えておくといいでしょう。

販売所 あり
取引所 あり
最小注文数量 販売所:0.00000001 BTC
簡単取引所:0.001 BTC
Lightning 現物:0.001 BTC
Lightning FX:0.01 BTC
Lightning Futures:0.001 BTC
取引手数料(取引所) 0.01%〜0.15%
(Lightning FX/Futuresはポジション管理料:0.04%/日が発生)
特徴 bitFlyer Lightning、ビットコイン取引量国内No.1

ビットコインの3つのポイント

2-1. 個人間で直接取引できる

ビットコインは、ビットコインネットワークの参加者が取引の承認を行うため、銀行のように営業日などに縛られることなく、いつでもどこでも誰に対しても無制限に送金を行うことが出来ます。ビットコインの発明者サトシナカモトは、金融機関のような第三者を介することなく個人間で取引可能な電子取引システムの実現を目指しました。

2-2. デジタルゴールドとしての性質

ビットコインはよく「デジタルゴールド」と呼ばれています。ビットコインの発行枚数は2,100万枚にプログラムされており、既に1800万枚が発行されています。実物のゴールドもよく「プール○杯分しか地球上に存在しない」などと表現されますが、これと同様のロジックで「ビットコインは希少性が高い」と考えられています。金は「ストアオブバリュー(価値の保存)」とされ、他の金融資産とは独立して価値を有しています。まだ歴史の浅いビットコインは、これから「ストアオブバリュー」としての機能を証明する必要があります。

2-3. インフレヘッジへの期待

ビットコインは「通貨インフレのヘッジ」として期待される場面が増えています。日本円や米ドルなど、実際のお金は中央銀行の経済政策によって貨幣の流通量を調節することが可能です。景気対策に必要以上の貨幣を発行することになれば、通貨の価値が下がりインフレにつながる恐れがあります。ビットコインは2008年のリーマンショック時に誕生し、各国が大規模な景気刺激策を行ってきた期間に、その価値を上昇させてきました。

ビットコインの「販売所」と「取引所」

まず基本的な知識として仮想通貨交換業者は、主に2種類の仮想通貨取引方法を提供していることを押さえておきましょう。

まず最初は「販売所」です。これは仮想通貨交換業者が在庫を抱え、顧客とビットコインを取引する形態です。仮想通貨業者が提示する買値と売値には「価格差(スプレッド)」が発生するため、割高になる部分があります。しかし、ある程度の金額であれば提示された購入価格ですぐに取引できるので便利です。

次の取引方法は「取引所」です。これは「売買板」と呼ばれる売買注文を表した情報を使ってビットコインを取引する形態です。販売所よりも手数料を抑えられる場合がありますが、希望の数量を買い集めるまでに取引相手(売り注文を出す投資家)を待つ必要があります。

ビットコインの「現物取引」と「レバレッジ取引」

ビットコインの投資手段には、実際に資産を取得して価値の値上がり幅からキャピタルゲインを得る「現物取引」と、証拠金を預け入れて投資資金の数倍の金額で売買できる「レバレッジ取引(仮想通貨FX)」があります。

レバレッジ取引は売り(ショート)から入ることが出来るため、下落局面でも利益を狙うことができます。ビットコインは短期間に急騰して、長期的に下落し続ける傾向があるため、レバレッジ取引でショートを使えると便利です。なお、レバレッジ取引は保有しているポジションの含み損が膨らむと自動的に清算(ロスカット)、あるいは追加の損金を支払うことになる場合があります。過度なレバレッジをかけずに、リスクをしっかりと管理して利用しましょう。

HEDGE GUIDE編集部からのコメント

ビットコインを簡単に購入したいなら、ご紹介した3社が提供する「販売所」サービスでの購入がおすすめです。ある程度の金額であれば提示された購入価格でその場で取得することができますし、初心者でも操作ミスを防げるように設計されています。

bitFlyerやCoincheckの取引所であれば、実質的に取引手数料を抑えることができます。しかし、希望の数量を買い集めるまでに、取引相手(売り注文を出す投資家)を待つ必要があります。仮想通貨投資に慣れてきた段階で、トレーディングやレバレッジ取引を組み合わせて積極的に資産を増やす戦略を取り入れると良いでしょう。

それぞれサービスや特徴が異なるので1社に絞らず、2、3社に口座を開設して、目的に応じて使い分けるのがお勧めです。仮想通貨取引所は緊急のメンテナンスや取引制限が発生することもあるため、複数口座を開設しておくことで、いつでも取引できる環境を整えることができます。この機会にぜひ各社のサービスを実際に確認してみてください。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。