立花 佑 「立花 佑」の記事

暗号資産・ブロックチェーン

ブロックチェーン活用で環境問題解決を図る、国内外の注目企業とその取り組み

一部の企業では、ブロックチェーンを駆使した環境保全に直接関わるサービスを展開しています。しかしながら、これらの活動を行っている国内外の企業については、まだ十分に認知されていないのが現状であります。ここでは、再生可能エネルギーやリサイクルといった環境負荷軽減の事業を推進する企業を紹介しましょう。

NFT

仮想都市「神椿市」で完売したジェネラティブNFT、個人証明と住民権の新しいNFTの活用法

仮想都市「神椿市」を舞台に展開される、革新的なNFTプロジェクト「KAMITSUBAKI Resident Genesis」が2023年3月30日に公式販売され、間もなく4,000枚が完売しました。この記事では、NFTが未経験の方でも興味を持っていただけるように、「KAMITSUBAKI Resident Genesis」の概要からNFTの特性、そして具体的な使い方についてわかりやすく説明します。

暗号資産・ブロックチェーン

脱炭素や環境サステナビリティで進むブロックチェーン活用例を紹介

SDGsというワードが登場して以来、地球環境の持続性への注目が高まっています。特に、脱炭素というトピックが多く取り上げられており、持続可能な社会の実現や地球環境の保全への重要なアプローチとして、国際的な関心を集めています。この記事では、仮想通貨だけでなく、持続可能な未来を構築するためにブロックチェーンがどのように活用できるのかについて詳しく解説します。

暗号資産・ブロックチェーン

環境貢献をゲーム感覚でーactcoinと北九州市が示すカーボンニュートラルの新しい道

福岡県北九州市が社会貢献アプリ「actcoin(アクトコイン)」を開発するソーシャルアクションカンパニー株式会社と連携し、一緒に「KitaQ Zero Carbon」という気候変動対策プロジェクトを進行中です。この記事では、福岡県北九州市でのアクトコインの取り組みについて詳しくお伝えします。

暗号資産・ブロックチェーン

野村證券、不動産セキュリティトークンで温泉旅館投資へ:湯けむりの宿 雪の花が新たな投資対象

2022年12月、ケネディクス(KDX)、みずほ信託銀行、野村證券、BOOSTRY(ブーストリー)の4社は、不動産を担保とするセキュリティトークン(ST/証券トークン)の発行に関する協力を発表しました。ブロックチェーン技術の登場以降、金融業界での活用が注目されています。

NFT

Web3時代の新たな支援方法、トークン発行型ファンディングとNFTガバメントクラウドファンディングの解説

クラウドファンディングが普及するにつれ、さまざまな形態の支援プロジェクトが誕生しています。その中には、ブロックチェーン技術を活用したものも存在しています。今回は、トークン発行型ファンディングとNFTを活用したガバメントクラウドファンディングの違いや特徴、主催企業などを詳しくご紹介します。

暗号資産・ブロックチェーン

石川県加賀市がNFTを活用した「e-加賀市民制度」の実証実験へ

加賀市は2018年に「ブロックチェーン都市宣言」を発表し、そして今回、NFTを活用した「e-加賀市民制度」の実証実験を実施することを2021年12月に発表しました。ここではブロックチェーンがなぜ地方自治体で活用されているのかなど詳しい内容について解説します。

NFT

NFTによる地方創生を推進するあるやうむのオウンドメディア「地方創生WEB3研究所」とは

『NFTによる地方創生』を推進する株式会社あるやうむは、Web3技術を活用した地方創生の取り組み事例を紹介するオウンドメディア「地方創生Web3研究所」を立ち上げました。ここではあるやうむの「地方創生WEB3研究所」。そして、特集記事第一弾の「山古志DAO」および「Nishikigoi NFT」とはどう言ったものなのか、詳しく解説していきます。

NFT

いちごNFTが登場、株式会社農情人となかはた農園がコラボ!数量限定115点で地域活性化に貢献

農業ブランディングサービスを提供する株式会社農情人が運営する農業支援組織「Metagri研究所」は、熊本県山都町のなかはた農園と協力して、限定115点のいちごをモチーフにしたNFT「MetagriLabo Ichigo Collection(略称: MLIC)」を1月15日のいちごの日に発行しました。この記事では、いちごNFTの特徴と、一次産業がNFTを発行する理由について詳しく解説します。

NFT

「HINATA」ー子ども食堂支援のためのNFTプラットフォームが登場

「おむすび&一汁三菜カフェむすび」という通常のカフェで営業しながら子ども食堂を併設しているお店では、活動の持続化のためにNFTプラットフォーム「HINATA」を利用したNFTの販売が実施されています。この記事では、NFTプラットフォーム「HINATA」を活用して子ども食堂を持続可能にするNFTについて説明していきます。

NFT

一次産業で広がるNFTのユースケース、キーワードは「投資」ではなく「応援」

近年、NFTが日本国内で注目を浴びるようになって以降、一次産業でもNFTの活用が始まっています。唯一性をもつNFTというプロダクトが生まれたことにより、Web上でも保有者(ホルダー)限定にユーティリティを提供するなど会員証のように利用することができるようになったためです。

暗号資産・ブロックチェーン

FANBASE地域プラットフォームの経済循環促進実証実験に自治体パートナー募集開始

コミュニティ支援を目的とした株式会社XYLOCOPAは、ブロックチェーン技術を活用した自治体向けコミュニティプラットフォーム「FANBASE」の開発を開始し、実証実験を行う自治体パートナーを募集しています。この記事では、地域プラットフォーム「FANBASE」の特徴や利点、株式会社XYLOCOPAについて解説します。

Web3コラム

国内発、農家を支援する「支援DAO」ーNFTを活用する支援の仕組みとその実績、メリット・注意点とは?

本記事では、NFTを活用して寄付を募り、被支援者に寄付金を送る活動を行う「支援DAO」と呼ばれるコミュニティについて触れていきます。支援DAOがどのように支援希望者に寄付をしているのか、メリットや注意点も含め、筆者自身が実際に参加している体験談をご紹介していきます。

暗号資産・ブロックチェーン

地方創生目指す「にっぽんの宝物DAO」がFiNANCiEにて「宝物トークン」販売を開始!

トークン発行型クラウドファンディングサービスを提供する「FiNANCiE(フィナンシェ)」は、日本最大級の地方創生プラットフォームを目指す「にっぽんの宝物DAO」のトークン新規発行および販売開始を発表しました。ここでは「にっぽんの宝物DAO」について、またトークン型クラウドファンディングの概要、また次世代クラウドファンディングサービスを提供しているフィナンシェについて詳しく解説します。

NFT

LLACがチャリティーオークションを開催!NFTでの寄付について解説

NFT(非代替性トークン)を使えば簡単にスピーディーに支援ができることから、昨今ではNFTを使った支援や寄付が注目されています。ここではNFTのチャリティーオークションを行ったNFTプロジェクト「LLAC」について、またNFTは支援や寄付に活用できる理由や可能性、注意点などについて実例も交えて詳しく解説します。