初心者におすすめの株式投資サービス5選。手数料やメリットを比較

初心者でも株式投資を始めやすいサービスが各証券会社から続々とリリースされています。従来の株式投資と比べて少額で行えること、手数料の安さ、運用の手軽さなどが特徴で、スマートフォンがあれば場所を問わず株取引をすることができます。

そこでこの記事では、投資初心者の方にもおすすめの少額投資が可能で低コストな株式投資サービスをご紹介します。また初心者の方が株式投資を行う際の注意点もまとめましたので、参考にしてみてください。

目次

  1. 初心者におすすめの株式投資とは
    1-1.少額投資ができる
    1-2.手数料が安い
    1-3.手軽に始められる
  2. 初心者におすすめの株式投資サービス
    2-1.ネオモバ
    2-2.日興フロッギー
    2-3.ミニ株
    2-4.単元未満株
    2-5.るいとう
  3. 初心者が株式投資を行う際の注意点
    3-1.少額ずつ時期を分散して購入する
    3-2.複数の銘柄に分散して購入する
    3-3.株価の変動に一喜一憂し過ぎない
  4. まとめ

1 初心者におすすめの株式投資とは

株式投資は、一般的にハイリスク・ハイリターンな投資方法と言われます。企業の将来性や成長性から銘柄を選び、株価が上昇すれば大きなリターンを狙えますが、下落すれば損失となる可能性もあります。

このため、初めて株式投資を行う場合は、次の3つのポイントを参考にすることをおすすめします。

1-1 少額投資ができる

株の購入は、100株の1単元ごとに行います。株価は銘柄ごとで異なり、例えば1株5,000円なら100株で50万円程度の購入資金を用意する必要があります。

一方、単元株式よりも小さい取引単位で購入できる株式のことを単元未満株式と言います。単元株数の「10分の1」単位や「100分の1」単位で購入できるので、まとまったお金を必要としないのが特徴です。

株式投資は、その時々の経済・景気動向の影響を受けるため、株価下落などのリスクを伴います。そのため、投資初心者のうちは一度に大きな金額を投資するのではなく、単元未満株式などの少額で行えるサービスを利用するのがおすすめです。

1-2 手数料が安い

株式投資の手数料には、主に購入時に発生するコストと売却時に発生するコストがあります。売買手数料は、各証券会社やサービスによって異なりますが、一般的に約定(=売買が成立すること)ごとにかかるケースがほとんどです。

また、手数料は固定の場合もありますが、取引金額が多くなるほど手数料が高くなるサービスもあります。特に少額投資では、投資額に占める手数料の割合が大きくなる場合もあるので、各証券会社やサービス手数料についてしっかりと調べておくことが重要です。

1-3 手軽に始められる

株式を売買するには、基本的に証券会社で口座を開設する必要があります。しかし最近は、口座開設や入金手続きがネット上で完結できるサービスが増えてきており、証券会社の窓口に直接足を運ぶ必要もなくなりました。

特に実店舗を持たないネット証券では、スマートフォンで手軽に株の売買ができる便利なアプリやサービスを提供しているので、初心者の方にもおすすめです。

2 初心者におすすめの株式投資サービス

運用手数料が安く、少額で行える株式投資サービスは以下の通りです。

2-1 ネオモバ

ネオモバは、SBI証券とCCCマーケティングが提携して設立したSBIネオモバイル証券が提供している単元未満株のサービスです。メジャーな共通ポイントであるTポイントを使って株を購入できるのが特徴で、1ポイントが1円相当に換算されます。

単元未満株として1株から購入可能なので、まとまった資金を必要とせず、さらにキャンペーン期間中は、「期間固定Tポイント」を毎月200ポイント貰えます。

対象銘柄は、東証(マザーズ、JASDAQ含む)、名証、福証、札証上場の株式です(ただし、名証・福証・札証の銘柄は売却のみ可能)。

購入手数料は、月間の約定代金合計額に応じた月額制で、50万円までは220円(税込み)となります(2020年5月時点)。

2-2 日興フロッギー

日興フロッギーは、企業の紹介記事や投資関連の情報を読みながら、気に入った企業があればすぐに株を買えるサービスで、SMBC日興証券が運営しています。

100円から株を購入できるのが特徴で、日興フロッギーのマイページで、通信大手NTTドコモのdアカウントと連携すれば、共通ポイントであるdポイントで株を購入することもできる「日興フロッギー+docomo」というサービスもあります。

投資対象は東証上場の約3,700銘柄の株式、ETF(上場投資信託)、REIT(不動産投資信託)と豊富で、100円以上100円単位で購入金額を指定する仕組みとなっています。

購入時手数料は、概算注文金額100万円以下では無料となります。100万円を超えると購入手数料として注文金額の1%、売却手数料として1%がかかります(2020年5月時点)。

概算注文金額 購入手数料 売却手数料
100万円以下 0% 0.5%
100万円超 1% 1%

2-3 ミニ株

ミニ株は「株式ミニ投資」の略称で、単元株数の10分の1(1口100株が単元株数の銘柄では10株、1口1,000株が単元株数の銘柄では100株)から株を購入できる少額投資に向いた投資です。ミニ株のサービス内容は各証券会社で異なりますが、ここでは代表的なものとしてSMBC日興証券のミニ株を紹介します。

SMBC日興証券のミニ株の投資対象は、東証1部・2部、JASDAQ、名証1部・2部のうち、SMBC日興証券が選定する約2,100銘柄です。利用者の株式保有数に応じて、配当金や株式分割の割当、株主優待などが分配されます。売買単位は単元株の10分の1で、注文日の翌営業日の始値で約定します。

手数料は約定ごとにかかり、基本は約定代金の2.53%となります。ただし、約定代金が2,000円以上で自動音声トレード(てれトレ)・オンライントレードの場合は、1約定あたり770円です(2020年5月時点)。

2-4 単元未満株

ミニ株の売買単位が単元株数の10分の1であるのに対し、単元未満株は100分の1または1,000分の1と、より細かい単位で売買することができます。単元未満株のサービス内容も各証券会社で異なりますが、ここでは代表的なものとして、SBI証券の「S株」を紹介します。

S株の対象銘柄は、東証(マザーズ、JASDAQ含む)、名証、福証、札証の上場株式です(ただし、名証・福証・札証の銘柄は売却のみ)。1株から株を購入できるのが特徴で、注文は24時間365日受け付けています。配当金、株式分割の割当は、利用者の株式保有数に応じて分配されます。

売買単位は、単元株数の100分の1または1,000分の1です。市場への発注は1日に2回で、前場または後場の始値で約定します。

手数料は約定ごとにかかり、約定代金の0.55%(税込)で、最低手数料は55円(税込)となります(2020年5月時点)。

2-5 るいとう

るいとうは、「株式累積投資」の略称で、毎月定額で株式を買い続けていく投資法です。るいとうは、各証券会社がサービスを提供していますが、ここでは代表的なものとして、大和証券のるいとうを紹介します。

大和証券のるいとうは、約2,700銘柄が投資対象で、株を毎月自動で購入・積立してくれるのが特徴です。毎月の購入金額は、1銘柄について1万円以上1,000円単位で自由に設定することができます(ただし、月間100万円未満の範囲内)。配当金や株式分割は、利用者の株式保有数に応じて分配されます。

手数料は、株式累積投資口座管理料と委託手数料が発生します。株式累積投資口座管理料は年間3,300円(税込)ですが、口座管理料発生月の前月末の預かり資産が1,000万円以上あれば無料となります(2020年5月時点)。

委託手数料は、るいとう1売買単位の手数料をもとに、所定の計算式で算出した手数料がかかります(2020年5月時点)。

3 初心者が株式投資を行う際の注意点

株式投資を初めて行う場合は、次のポイントを参考にすることでリスクを抑えた運用を目指すことができます。

3-1 少額ずつ時期を分散して購入する

株式投資で一度に大量の資金を投入して購入すると、暴落したときに大きな損失を被る可能性があります。株式相場は、その時々の政治・経済・社会状況の影響を受けるため、将来の市況を正確に予測することは困難です。

そこで、株価の下落リスクを抑えて投資する方法として、少額ずつ時期を分散して購入するのがおすすめです。購入時期を分散することで、株価の変動リスクを時間的に分散することができます。

3-2 複数の銘柄に投資する

購入時期を分散するのに加えて、購入対象銘柄も複数に分散するのもリスク対策としておすすめです。一つの銘柄に全資金をつぎ込んだ場合、株価が上昇した時のリターンは大きいのですが、下落すれば損失も大きくなります。

一方、購入対象の銘柄を複数に分散しておけば、そのような損失リスクにも対応することができるようになります。

3-3 株価の変動に一喜一憂し過ぎない

株価は、景気や経済動向、金融政策の影響を受けることで上昇や下降を繰り返します。購入した株の値動きは気になるものですが、必要以上に一喜一憂しないことも大切です。株価の変動に気を取られ過ぎると、売らなくてよい時期に狼狽売りをしたり、買わなくてよい時期に大量購入したりするなどの行動に繋がる可能性があります。

リーマンショック時のような大暴落などは別として、平常時の多少の相場変動はあまり気にせず、長い目でじっくりと資産を増やしていくなどの投資スタイルを取ることも重要です。

4 まとめ

初心者の場合、少額投資が可能かつ低コストで行える投資サービスが向いています。特に口座開設から株の売買取引等が全てWeb上で完結するサービスは、手軽に始めることができるのでおすすめです。手数料も比較的安く、ポイントを使えば現金を使わずに株の購入ができるタイプもあります。

この記事を参考に株式投資を行う際は、各サービスの特徴やメリット・デメリットをしっかり把握した上で、ご自身の投資方針や運用スタイルに合ったサービスを選ぶようにしましょう。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチームは、ロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが投資の基礎知識からロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」