LIFULL不動産クラウドファンディングの評判・口コミは?利用のメリットや注意点も

LIFULL不動産クラウドファンディングは、株式会社LIFULLが運営する不動産クラウドファンディングの検索ポータルサイトです。

30以上の不動産クラウドファンディングサービスと提携しており、不動産へ少額投資ができるファンド情報を手軽に比較できるメリットがあります。一方、利用時の注意点や実際に利用している人の評判が気になる方もいるのではないでしょうか。

本記事では、LIFULL不動産クラウドファンディングの評判や口コミ、利用するメリットや注意点などを解説します。

目次

  1. LIFULL不動産クラウドファンディングの概要
  2. LIFULL不動産クラウドファンディングの評判・口コミ
  3. LIFULL不動産クラウドファンディングのメリット
    3-1.1口1万円~など、不動産に少額投資ができる
    3-2.提携会社31社の募集開始前・募集中ファンドを比較できる
    3-3.カレンダーから各社のファンド募集状況が確認できる
    3-4.STO導入ファンドは投資家間での譲渡が可能
  4. LIFULL不動産クラウドファンディングの注意点・デメリット
    4-1.案件の詳細情報は一部しか掲載されていない
    4-2.各サービスで投資家登録が必要
    4-3.独自のファンドは提供されていない
  5. まとめ

1.LIFULL不動産クラウドファンディングの概要

LIFULL 不動産クラウドファンディング
運営会社 株式会社LIFULL
本社所在地 〒102-0083 東京都千代田区麹町1-4-4
設立 1997年3月12日
資本金 9,716百万円
代表 代表取締役社長 井上 高志
事業内容 不動産情報サービス事業、日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S(ライフル ホームズ)」の運営など
主な子会社 株式会社 LIFULL Marketing Partners
LIFULL CONNECT,S.L.U.

株式会社LIFULLが運営する「LIFULL不動産クラウドファンディング」は、複数の不動産クラウドファンディングサービスや各社のファンドを比較できるポータルサイトです。

同サービスはポータルサイトのため、直接不動産クラウドファンディングの運営や、ファンド組成は行っていません。2022年9月時点で31のクラウドファンディングサービスと提携しており、各サービスが提供するファンドを比較できるほか、各サービスサイトへと移動して投資手続きを行うことができます。

また、運営会社の株式会社LIFULLでは、セキュリティトークンを活用した不動産STO事業を展開しており、STOの導入によって投資家間での持分の売買(二次流通)を可能にしています。STOに対応しているファンドは多くはありませんが、STOが広く普及すれば不動産投資型クラウドファンディングのデメリットでもあった流動性の改善にも期待できます。

現時点では、複数のサービスの新着ファンドを一覧形式でチェックできるほか、不動産クラウドファンディングに関するコンテンツも発信しています。

2.LIFULL不動産クラウドファンディングの評判・口コミ

以下では、SNSなどでのLIFULL不動産クラウドファンディングの口コミや評判を紹介します。

  • 「案件の利回り比較がしやすい」
  • 「募集中の案件や募集予定のスケジュールが分かりやすい」
  • 「案件の検索や比較はできるが、会員登録は提携先のサービスごとにする必要がある」
  • 「案件の詳細情報が少ないので、参考程度に見るほうがよい」
  • 「提携していないクラウドファンディグサービスもあるので注意」

※上記はすべて個人の感想です。投資を検討される際は、ご自身でもよくお調べの上ご判断下さい。

評判・口コミには、提携しているクラウドファンディングサービスのファンド情報をまとめてチェックできる点を評価する声が見られました。2022年9月時点で30の不動産クラウドファンディング事業者と提携しており、各事業者のファンド情報を確認できるほか、掲載元のサービスでの投資手続きや資料請求を行うことが可能です。

一方、案件の詳細情報が少ない点や会員登録は提携先のサービスごとに行う必要がある点を指摘する声がありました。LIFULL不動産クラウドファンディングはポータルサイトであり、運営事業者ではないため、案件の申し込みや詳細情報の確認などについては各運営会社のサイトでチェックする必要があります。

3.LIFULL不動産クラウドファンディングのメリット

LIFULL不動産クラウドファンディングを利用するメリットは次のとおりです。

3-1.1口1万円~など、不動産に少額投資ができる

LIFULL不動産クラウドファンディングと提携する多くの案件は、1口1万円から投資可能です。

現物不動産投資では物件の取得費として多額の資金を必要としますが、不動産クラウドファンディングであれば、少額から不動産に投資できるため、投資へのハードルが低くなっています。

また、少額資金で投資が出来るということは分散投資をしやすいというメリットもあります。一つの物件・案件に資金を集中させることなく、エリアを分散させたり、その他の投資対象と資金バランスを取るなど、様々な投資戦略を練ることが可能です。

3-2.提携会社30社の募集開始前・募集中ファンドを比較できる

LIFULL不動産クラウドファンディングでは、30社の提携サービスが提供するファンドを一覧で比較できます。

募集中のファンドや募集直前のファンドの情報が得やすいほか、募集終了が近いファンド、利率が高いファンドなど、ファンドを絞り込んでの検索も可能です。すでに利用している複数のクラウドファンディングがLIFULL不動産クラウドファンディングと提携している場合でも、各サービスの情報を確認しやすいといえます。

LIFULL不動産クラウドファンディング「サービス比較」の画面

LIFULL不動産クラウドファンディング「サービス比較」の画面

また、これまでに利用したことがない魅力的な不動産クラウドファンディングのサービスや案件が見つかる可能性もあるでしょう。

3-3.カレンダーから各社のファンド募集状況が確認できる

複数の不動産クラウドファンディングサービスを利用していると、ファンドの募集開始スケジュールを把握することが難しくなります。LIFULL不動産クラウドファンディングでは、カレンダーで各社の募集状況を確認することができるため、ファンドのスケジュールを把握する際にも役立ちます。

LIFULL不動産クラウドファンディング「カレンダーから探す」の画面

LIFULL不動産クラウドファンディング「カレンダーから探す」の画面

また、カレンダーでファンドを検索する際も、利回りや運用期間、STOの有無などの検索条件を付けることが可能です。すでに投資している案件の終了が近づいた時などは、これらの機能を利用して効率的に募集ファンドへ再投資することも出来るでしょう。

3-4.STO導入ファンドは投資家間での譲渡が可能

不動産クラウドファンディングのデメリットとして、投資した後は原則として途中解約ができないサービスが大半となっており、流動性が低いという点があります。

このような課題を解決する方法として、STOを導入した不動産のデジタル証券化が注目されています。第三者の信用に依ることない不動産取引が行えるため、不動産クラウドファンディングのような小口化された投資商品に相性の良い仕組みと言えます。ただ現状では、売る側が自ら買いたい投資家を探してくる必要がありますので、その点は注意が必要です。

4.LIFULL不動産クラウドファンディングの注意点・デメリット

一方、LIFULL不動産クラウドファンディングを利用する注意点は次のとおりです。

4-1.案件の詳細情報は一部しか掲載されていない

LIFULL不動産クラウドファンディングで確認できる案件の詳細情報は一部ですので、実際に投資するかどうかを検討するにあたっては提携先サービスの案件ページを確認する必要があります。

提携していない不動産クラウドファンディングもあり、全ての募集案件を比較できるわけではありませんので、あくまで参考程度に活用するのが良いでしょう。

4-2.各サービスで投資家登録が必要

LIFULL不動産クラウドファンディングでは、複数のサービスのファンドをチェックできますが、実際の投資手続きは各サービスのサイト内で行います。その際、利用するサービスでの投資家登録が必要です。

投資したいファンドを提供するサービスが複数社にまたがる場合、各サービスでそれぞれ投資家登録が必要になります。

なお、過去に一度登録した事業者であれば、募集ファンドごとに投資家登録をする必要はありません。人気のファンドが募集された場合は早期に募集終了となってしまう可能性もあるため、気になる案件を提供している事業者がある場合は、早めの登録を検討されてみると良いでしょう。

4-3.独自のファンドは提供されていない

LIFULL不動産クラウドファンディングでは、独自ファンドの組成や不動産クラウドファンディングの運営を行っていません。

LIFULL不動産クラウドファンディングはあくまでもポータルサイトであり、現状では複数のサービスのファンドがチェックできる以上の機能はありません。

また、各社によって契約内容が異なります。LIFULL不動産クラウドファンディング上で確認できる案件情報だけでなく、配信元の事業者サイトで情報をしっかり確認しておくことも大切です。

まとめ

今回はLIFULL不動産クラウドファンディングの評判や口コミ、メリットや注意点などを紹介しました。

LIFULL不動産クラウドファンディングは、複数の不動産クラウドファンディングのファンドを比較できるサービスです。30社以上のサービス提携しているため、募集中の案件を確認したい方や、案件の条件を手軽に比較してみたい方に適したサービスとなっています。

一方、LIFULL不動産クラウドファンディングで確認できる募集案件の詳細情報は一部ですので、案件の精査をするには各事業者のサイトにて確認することが大切です。リターンだけでなくリスクについても確認し、投資の是非を検討されてみると良いでしょう。

The following two tabs change content below.
アバター

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」