TATERU FUNDING、第9号ファンド当選者決定

株式会社インベスターズクラウド(以下、インベスターズクラウド)は10月3日、不動産投資型クラウドファンディング「TATERU Funding」の第9号東京都稲城市 TATERU APファンドについて当選者が決定したことを公表した。あわせて、第2号ファンドと第5号ファンドの運用が完了し、年利換算5%の配当実績となったことも明かした。

第9号東京都稲城市ファンドは抽選にて出資者を選定し、30〜40代の応募者が約64%を占めた。「TATERU」の顧客となり得る層からの応募にて2017年11月1日より2018年1月31日まで運用される。予定分配率は年利換算4%を予定している。

2017年9月30日をもって運用が完了した第2号ファンドと第5号ファンドについては、当初の予定分配率通り、年利換算5%の配当が決定した。分配金の配当は10月中旬を予定している。

TATERU Funding」は1万円からできる不動産投資型クラウドファンディングだ。web上で1棟の物件に対して複数の投資家より出資を募り、その物件をインベスターズクラウドが運用し、得た利益を出資者に分配する仕組みだ。元本に対する予定分配率を年3~5%とする安定した収益性の高い商品を展開している。

今後はファンド運用期間が3か月から6か月の商品を中心に展開し、ファンド運用後、投資用のアパートとして「TATERU」会員へ販売を行っていく。

【サービス紹介ページ】インベスターズクラウドの不動産投資

The following two tabs change content below.
平井真理

平井真理

インバウンド不動産投資・民泊投資をはじめとする幅広い業界にてニュース記事・ノウハウ記事・プレスリリースなどの執筆に携わる。「HEDGE GUIDE」では、主にニュース記事の執筆を担当。不動産業界, 仮想通貨関連の最新ニュースを読者の皆様に分かりやすく伝えることを心がけています。