TAG 分配金

投資信託コラム

不動産投資のインカムゲインの仕組みは?株式の配当金や投資信託の分配金との違いも

投資において発生する収益はインカムゲインとキャピタルゲインに分けられます。個人の不動産投資においてはインカムゲインが重要な役割を果たしますが、これから不動産投資を始める初心者の方にとってはインカムゲイン、キャピタルゲインの違いがよくわからないという人も少なくないでしょう。そこで、この記事ではインカムゲインの特徴や、不動産投資、株式、投資信託それぞれのインカムゲインの違いを紹介します。

投資・マネーコラム

貸付型クラウドファンディングの仕組みは?投資のメリット・デメリットも

貸付型クラウドファンディング(=ソーシャルレンディング)とは、投資家が事業者を通じて企業に融資をする投資方法です。今回は、貸付型クラウドファンディングの特徴や仕組みについて解説します。また、貸付型クラウドファンディングを活用して投資する際のメリット・デメリットも紹介するので、参考にしてください。

投資信託コラム

投資信託を短期売買するメリット、デメリットは?向くファンドも

投資信託は長期運用を前提に設計されているファンドが多くを占めています。投資家から集めた資金を細かく分散し、リスクを抑えつつ長期運用で収益を積み上げていく方針です。

しかし、投資信託は長期運用のみと決められているわけではありません。投資家の中には、短期運用で成果が出せるファンドはないかと、考えている人も多いのではないでしょうか。

当記事では、投資信託を短期で運用することについて、メリットやデメリット、短期運用に向いているファンドを紹介します。投資信託の運用方法について、様々な可能性を模索している人はご確認ください。

投資信託コラム

分配金なしの投資信託のメリットや種類は?主なファンドも

投資信託では、決算日に分配金の有無を決める分配金ありのファンドと、最初から分配金を出さない方針のファンドがあります。

証券会社のファンドランキングを見ると、分配金ありのファンドが上位を占めていることがありますが、実際にはどちらが良いのでしょうか。

記事内では、分配金なしのファンドのメリットやデメリットや、分配金に関する知識を紹介しています。投資信託の分配金と運用の関係性が知りたい人は、ご確認ください。

投資信託コラム

不動産ファンドに投資する方法は?REIT・クラウドファンディングを比較

不動産投資にチャレンジしてみたいと考えていても、個人でいきなり現物の不動産を所有するのはハードルが高いと考える人もいるでしょう。そこで手軽に不動産投資をする方法として、不動産ファンドに投資する手法を検討する人も増えています。REITやクラウドファンディングを利用すれば、現物保有と比較して少額から不動産投資が可能です。今回はREITとクラウドファンディングの両者の特性を比較していきます。自分が投資するファンド選びの参考にしてください。

投資信託コラム

投資信託と株式投資の違いは?メリットやリスク、始め方を比較

購入と売却の差益を得るキャピタルゲインや、配当金から得るインカムゲインを主な収益とする株式投資。一方で、投資家から集めた資金をもって分散投資し、リスクを抑えつつ運用する投資信託。

いざ投資を考える時に、どちらがいいのか迷う人も多くいるのではないでしょうか。特にリスクコントロールについては、思案のしどころです。

記事内では、投資信託と株式投資の運用方法の違いや、株式投資や投資信託にどんな人が向いているかなどを解説します。株式投資と投資信託の選択で迷っている人はご確認ください。

投資信託コラム

投資信託の再投資の仕方は?メリット・デメリットや注意点も

投資信託には決算時に分配金を出すファンドがあります。決算はファンドごとに設定されており、年1回、2回、毎月などファンドの方針によって様々です。

手にした分配金はそのまま受け取る、もしくは再投資する2つの方法が選択できますが、どちらが良いのか、どうやって足投資すれば良いのかと、分配金の扱いについて考えている人も多いのではないでしょうか。

当記事では、分配金の再投資のメリットや、デメリット、分配金にかかる税金など詳細を紹介しています。分配金の扱いについて、迷っている人はご確認ください。

投資信託コラム

SMBC日興証券で人気の投資信託10本、特徴や手数料、価格推移は【2022年8月】

SMBC日興証券の投資信託の取扱数は1,078本で、そのうち販売手数料が無料の投資信託は659本に及びます。投資信託の種類も豊富であることから、適した商品を選べるのが特徴です。

この記事では、SMBC日興証券で人気の投資信託をご紹介しています。具体的な投資信託の特徴や手数料、価格推移について解説するので、投資信託のご購入を検討されている方は、参考にしてみてください。

投資信託コラム

人気の国内株式ETF10本、手数料や成績を比較【2022年7月】

国内ETFは、日経平均やTOPIXなどの指数に連動する運用成果を目指す上場投資信託です。通常の投資信託と異なり、証券取引所に上場しています。そのため、株式と同じくリアルタイムに取引ができる特徴があります。

投資信託とETF、どちらへ投資しようかと考えている人の中には、普通の投資信託とETF、長期投資するならどちらが良いか、株式指数連動型の他にはどんなETFがあるのか、などと考える人もいるでしょう。大事な資産を投資するわけですから、投資先であるETFの全容はできるだけ把握しておきたいところです。

当記事では、国内株式ETFを売買高順に10本紹介します。また、国内株式ETFの種類や投資信託や海外ETFとの違いについても説明しています。ETFの運用を検討している人はご確認ください。

マンション投資

少額不動産投資を始める手順は?1万円・30万円・100万円の予算ごとに解説

不動産投資には興味があるものの、「いくらの資金が必要になるのか不安」という方も多いのではないでしょうか。現代では、1万円など少額の自己資金で不動産投資ができる手法も数多くあり、ローンを活用することで手元資金の少ない方でも不動産投資を始めることも可能となっています。そこで今回のコラムでは、少額で不動産投資を始める手順について、1万円、30万円、100万円の予算ごとに解説していきます。

投資信託コラム

投資信託で大きな大損をしてしまうケースと対策は?

投資信託は複数の投資家の資金をまとめて、複数の金融商品で運用するスタイルをとっているため、市場を介して他の人と取引をする株式と比べて、大幅に資産を減らしてしまう可能性は低くなっています。万が一運用継続が不可能となった場合、ファンドは解散し、出資した資産は償還される仕組みです。

しかし、これから投資信託への投資を考えている人の中には、それでも資産が半分以下になることもあるのでは?などの疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。投資信託は急激に資産が減る可能性は少ないものの、時間をかけて基準価額が目減りしていく可能性はあります。

当記事では、投資信託で大損してしまうケースとその対策法について、詳細を解説しています。これから投資信託への投資を検討しているものの資産が減るのが怖い、という方はご確認ください。

投資信託コラム

投信チャートを見るポイントは?分配金やテクニカル分析についても

株式などの金融商品は、過去の株価をグラフで表記した「チャート(Chart)」が作成されています。チャートを使用して株式投資の分析することを「テクニカル分析」と言います。投資信託に投資を行なう際にも、基準価額のチャートを活用することは有用です。一方で、株価のチャートの見方と異なる点もあり、注意が必要です。今回のコラムでは、投信チャートの見るポイントについて解説していきます。

投資信託コラム

つみたてNISAはやらないほうがいい?デメリットと注意点、向いている人は

つみたてNISAは運用益に対して課税されず、まとまった資金がなくても始められるため、徐々に口座数が増えています。しかし、税の優遇が無制限に受けられるわけではなく、デメリットの理解も必要です。この記事では、つみたてNISAのデメリットや注意点とその対策、利用に向いている人などについて解説します。

投資信託コラム

SBI・バンガード・S&P500インデックスファンドの利回りや分配金は?

投資の世界には、さまざまな投資信託商品があります。現在特に人気を集めているのが、SBIグループが提供している「SBI・バンガード・S&P500インデックスファンド」です。今回は「SBI・バンガード・S&P500インデックスファンド」の特徴やコスト、利回り・分配金などについてご紹介します。

投資信託コラム

NISA・つみたてNISAで上限を超えたらどうする?対策・予防策は

NISA・つみたてNISAで非課税投資をするなら、非課税限度額を使い切ってメリットを最大限に生かしたいところです。

しかし、もし非課税枠を超えたときにどのように扱われるかは、証券会社によって異なります。この記事では、一般NISA・つみたてNISAの上限額がオーバーした場合の証券会社ごとの対応や、非課税限度額の上限まで上手に投資する方法について解説します。

投資信託コラム

NISAでETFを買うメリット・デメリットは?株式・投資信託と比較

ETF(上場投資信託)は市場で取引するインデックスファンドで、上場株式と投資信託の性質を併せ持っています。株式や一般の投資信託に比べてNISAで購入する人は少ないのですが、使い勝手のよい運用商品です。

この記事では、NISAでETFを買うメリットやデメリットを株式や投資信託と比較した観点で解説します。なお、一部のETFはつみたてNISAでも購入できますが、ここでは一般NISAでの買付を前提とします。

投資・マネーコラム

ソーシャルレンディングとクラウドファンディングの違いは?仕組みや注意点を解説

ソーシャルレンディング投資とクラウドファンディング投資を比較したときに、「ソーシャルレンディングとクラウドファンディングは何が違うの?」という疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。今回のコラムでは、ソーシャルレンディングとクラウドファンディングの仕組みや違い、注意点などについて解説します。

投資信託コラム

NISAとiDeCoを併用するメリット・デメリットと上手な使い分けは?

将来のために資産形成を考えている人にとって、NISA(少額投資非課税制度)とiDeCo(個人型確定拠出型年金)は強い味方です。どちらの制度も多くの人が活用できるので、可能であれば併用も検討したいところです。この記事ではNISAとiDeCoの違いや併用のメリットとデメリット、両制度の使い分けについて解説します。

投資信託コラム

J-REITの人気ファンドは?販売金額上位10本の成績を比較【2022年5月】

J-REITとは、国内不動産投資法人のことを指します。J-REITは投資家から募った資金をもとに不動産投資を行うため、ファンドに投資することで間接的に不動産のオーナーになることができます。

REITは分散投資先としても有効に機能するため、ポートフォリオの一つとして運用を考えている人も多いのではないでしょうか。当記事では、直近の販売金額が多いJ-REITを紹介し、魅力や直近の概況についてもレポートしています。新たな投資先としてJ-REITをテーマとしたファンドを探している方はご確認ください。