TAG 分配金

投資信託コラム

NISAとiDeCoを併用するメリット・デメリットと上手な使い分けは?

将来のために資産形成を考えている人にとって、NISA(少額投資非課税制度)とiDeCo(個人型確定拠出型年金)は強い味方です。どちらの制度も多くの人が活用できるので、可能であれば併用も検討したいところです。この記事ではNISAとiDeCoの違いや併用のメリットとデメリット、両制度の使い分けについて解説します。

投資信託コラム

J-REITの人気ファンドは?販売金額上位10本の成績を比較【2022年5月】

J-REITとは、国内不動産投資法人のことを指します。J-REITは投資家から募った資金をもとに不動産投資を行うため、ファンドに投資することで間接的に不動産のオーナーになることができます。

REITは分散投資先としても有効に機能するため、ポートフォリオの一つとして運用を考えている人も多いのではないでしょうか。当記事では、直近の販売金額が多いJ-REITを紹介し、魅力や直近の概況についてもレポートしています。新たな投資先としてJ-REITをテーマとしたファンドを探している方はご確認ください。

投資信託コラム

バリューファンドとグロースファンド、人気3本の成績を比較【2022年4月】

割安な株式を選んで投資をするバリューファンドに対し、成長が期待される株式に投資をするのがグロースファンドです。それぞれどのようなパフォーマンスを出しているのか、気になる方もいるでしょう。

今回はSBI証券で取り扱いのある、国内のバリューファンドとグロースファンドについて、純資産総額の上位3銘柄ずつをピックアップしました。それぞれの基本情報やパフォーマンスについて解説します。

投資信託コラム

人気のETFはどれ?純資産総額上位10本の価格推移と特徴、構成銘柄を比較

ETFで純資産の大きい銘柄がどれかを知りたい方も多いのではないでしょうか。規模の大きい銘柄は、そうでないものと比べて価格が比較的安定しやすく、中長期での投資にも適しています。

今回は楽天証券で取り扱いのある、純資産総額の上位10銘柄をピックアップし、基本情報や価格の推移、銘柄の特徴について解説します。ETF投資を検討する際の参考資料として役立ててください。

投資信託コラム

DX関連の個別株式、投資信託・ETF、人気銘柄各3本を紹介

DXとは進化した情報技術を用いて、ビジネスや人々の生活をより良いものに変革するという概念です。新型コロナも追い風となり、DX関連ビジネスは国内外で注目されています。

今回はDX関連の個別銘柄と投資信託・ETFを3つずつ紹介します。DXによって社会がどれだけ変化していくのか、DX関連産業がどれだけ盛り上がるのか要注目です。

投資信託コラム

投資信託の基準価額が上下する条件は?投資判断に使える指標や見方も

投資信託の基準価額変動について、ふと疑問に感じたことがある方は案外多くいらっしゃるのではないでしょうか。基準価額は投資信託の成績を端的に表した数字で、主に純資産総額の増減によって日々変動します。

この記事では、純資産が変動する原因や、運用成績を表す指標など、基準価額に関する項目を解説しています。投資信託の運用成績をさまざまな角度から分析したい方は、基準価額の仕組みについてご確認ください。

ロボアドバイザーコラム

複利運用できる金融商品・サービスは?それぞれのメリット・注意点も

アインシュタインが「人類最大の発明」と呼んだといわれるのが、複利運用です。大きく資産を増やせる可能性もある複利運用の効果を最大限に生かすには時間の力が必要です。そのため、20代から40代の運用に時間がかけられる年代の人に適しています。

この記事では、複利運用の基礎知識と具体的な金融商品・サービスについてわかりやすく紹介します。

投資信託コラム

投資信託にかかる税金は?節税のコツや運用のポイントも

投資信託は、投資初心者でも始めやすい金融商品として人気が高まっています。これから投資信託への投資を始める方も、すでに始めている方も、投資信託にかかる税金は気になるのではないでしょうか。そこで、今回は投資信託にかかる税金や節税のポイントなどを解説します。

投資信託コラム

半導体関連の個別株式や投資信託・ETFの人気銘柄は?【2022年1月】

半導体は「産業の米」と呼ばれることがあり、自動車や家電製品など幅広い産業で使われる部品です。世界中で半導体不足の影響が表れており、産業間・企業間で取り合いの状況となっています。

今回は半導体関連の個別銘柄と投資信託・ETFを3つずつ紹介します。半導体のニーズは今後も高まると予測されており、関連企業の動向も要注目です。

投資信託コラム

毎月分配型投資信託の人気ファンドは?成績や手数料、投資の注意点も

毎月分配型のファンドは、基本的に毎月分配金が貰えるので、お得なイメージを持つ方もいるでしょう。運用状況を分配金で実感できる点がメリットです。

記事内では、主な毎月分配型のファンドの紹介と、特別分配金に関する問題点など網羅的に解説しています。毎月分配型のファンドへの投資をお考えの方はご確認ください。

投資信託コラム

信託報酬の安い投資信託は?人気10ファンドの成績や値動きを比較【2022年1月】

資産運用を検討する上で、信託報酬が安いファンドをまとめて分析したいとお考えの方も、多くいらっしゃるのではないでしょうか。今回の記事では、信託報酬が低い順に10本のファンドをピックアップし、基本情報やファンドの成績、投資指標を一覧で確認できるようまとめました。

一通り目を通していただければ、信託報酬が低いインデックスファンドの特徴が把握できます。長期運用のための運用先を検討している方はご確認ください。

投資信託コラム

人気の米国株インデックスファンドは?基準価額上位5本を比較

投資信託の基準価額には純資産と口数が関係しており、基準価額が高くなりすぎており選びにくくなっているファンドもあります。基準価額は運用成績を表している数値ではない点に注意が必要です。

この記事では、米国株インデックスファンドを基準価額順に紹介し、基準価額についての解説を行っています、基準価額のことがよく分からず気になるという方は、内容をご確認ください。

投資信託コラム

トータルリターンが高い投資信託5本を比較、シャープレシオを併用した分析方法も

トータルリターンの分析方法や、見方について疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。トータルリターンはファンドの実質的な収益を表すもので、分配金や運用管理費を加味した数値です。基準価額だけを見ていると見落としてしまいがちな、ファンド本来の成績を分析するのにも役立ちます。

この記事では、トータルリターンが高いファンドを紹介しつつ、計算方法や分析方法など網羅的に解説します。トータルリターンについて知りたい方はご確認ください。

投資信託コラム

松井証券で人気の投資信託10本は?成績や手数料の比較も【2021年12月】

松井証券は、幅広い金融商品をトレードできることに加え、業界初の取り組みや各種キャンペーンが特徴のネット証券会社です。中でも投資信託の取扱いが豊富なほか、全銘柄を手数料無料で購入できるため、新規口座開設を検討している方もいるのではないでしょうか。

この記事では、松井証券の購入上位投信10本をご紹介するとともに、投資信託を始める方法・手順についても詳しく解説します。松井証券の投資信託関連サービスに興味をお持ちの方は参考にしてみてください。

投資信託コラム

インデックス投資で陥りがちな5つの失敗事例と対策をプロが解説

インデックス投資は分かりやすい投資方法のため、幅広い投資家から支持されています。インデックス投資の対象は投資信託や先物などがありますが、長期運用には投資信託やETF(上場投資信託)が適しています。

しかし、事前に信託報酬(手数料)や分配金の頻度などを調べないと、失敗をしてしまうことがあります。そこで今回は、インデックス投資をする前に確認すべき事項を、失敗事例とともに解説します。

投資・マネーコラム

不動産ファンドとは?実物不動産との違いや仕組み、投資を始める方法も

不動産ファンドへの投資は、不動産投資の1つの方法ですが、不動産ファンドがどんなものなのか、その仕組みや他のファンドとの違いをはっきりわからない方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、不動産ファンドの特徴や仕組み、実物不動産との違いについて解説します。

投資信託コラム

投資信託の課税タイミングと税率は?年末調整・確定申告の仕方も

投資の収益に対して税金がかかることは多くの方がご存知だと思いますが、投資信託の課税タイミングや、税金の区分についてはご存知でしょうか。

税金についての理解は、正しく収益を計算するにあたって重要です。この記事では、投資信託の課税タイミング、区分の種類や税務申告の方法にいたるまで詳しく解説します。投資信託に関する税金のことが知りたい方はご確認ください。

投資信託コラム

投資信託の純資産総額、目安は?銘柄選びのポイントも

投資信託のファンドを選ぶ時に目にする純資産総額。公募によってファンドに集まったお金、ということはお分かりの方もいるかと思いますが、実際の運用や基準価額にはどのように関連しているのでしょうか。

この記事では、純資産総額から見るファンドの運用状況や、基準価額との関連性、純資産総額から見たファンド選びなどを解説しています。純資産総額とファンドの関連性が気になる方など、ご確認ください。

投資信託コラム

NYダウ連動ETFのメリット・デメリットは?主な銘柄も

NYダウ連動ETFとは、ダウ工業株30種に連動して値動きする上場投資信託です。米国ETFは世界経済を牽引する銘柄群に手軽に投資できる一方、投資初心者やETF投資の経験がない方にとっては仕組みがわかりにくく、なじみがない場合もあります。

そこでこの記事では、NYダウ連動ETF取引のメリット・デメリット、主な銘柄について詳しく解説していきます。米国投資に興味のある方、NYダウやETF、NYダウ連動ETFの個別銘柄について興味のある方は、参考にしてみてください。

投資信託コラム

投資信託の手数料の種類と分配金の種類は?複利運用の解説も

投資信託を購入するにあたっては、手数料や分配金といった様々な要素から銘柄を選ぶことになります。投資信託は数年単位での投資を前提として少しずつ資産を殖やしていくことを狙う金融商品のため、小さな違いが将来的には大きな影響をもたらします。

ここでは、投資信託にかかる手数料の一覧と分配金の種類を解説し、また長期投資のうえでは欠かせない複利運用の考え方についても触れます。