物件の推定売買価格を人工知能が解析・算出する新機能「すみかる不動産相場マップ」。住宅ローンや不動産会社選びの情報サイト「いえーる すみかる」が提供開始

実質利回り、収益還元法、ROI、イールドギャップとは?利回りについて不動産投資を始める人が知っておきたい5つのポイント

iYell株式会社(以下:iYell)は11月30日、同社が運営する住宅ローンや不動産会社選びの情報サイト「いえーる すみかる」に人工知能を利用した日本全国の不動産推定相場価格がチェックできる「すみかる不動産相場マップ」を追加した。

新機能の「すみかる不動産相場マップ」は株式会社コラビットが運営する「HowMa(ハウマ)」が提供するサービスで、住所などを検索するだけで不動産の推定売買相場価格をチェックが可能だ。推定相場価格のデータは過去の不動産取引事例や公示価格等を人工知能が解析して算出する。

同機能ではユーザーが住所を指定して価格を表示するだけでなく、マンション・戸建て別表示、面積・築年数・面積の指定することも可能だ。すでに購入した物件がある、購入候補が決まっているので正確に資産価値を把握したいといった具体的なユーザーニーズにも応えることができる設計となっている。

「いえーる すみかる」ではこれまで発信してきた家探しや住宅ローンに関する情報に加え、不動産売買を行う際になくてはならない「不動産相場価格」も簡単に調べられるようになった。iYellは消費者が簡単に不動産価格相場を把握できるようになることで適正な価格で不動産取引が行われるようになり、日本の不動産市場が活性化するとしており、今後もさまざまな情報を発信することで日本の不動産市場の活性化に貢献していく見通しだ。

The following two tabs change content below.
平井真理

平井真理

インバウンド不動産投資・民泊投資をはじめとする幅広い業界にてニュース記事・ノウハウ記事・プレスリリースなどの執筆に携わる。不動産投資情報サイト「HEDGE GUIDE」では、主にニュース記事の執筆を担当。不動産業界の最新ニュースを読者の皆様に分かりやすく伝えることを心がけています。