不動産買取業者の探し方は?買取保証・相見積もりができるサービスも

※ このページには広告・PRが含まれています

不動産を売却する際は主に「仲介」と「買取」という方法があります。それぞれにメリットとデメリットがありますが、すぐに不動産を売却したい方や、売却後の契約不適合責任を免責にしたい場合などでは、買取を選ぶ方も多くなります。

そこで今回のコラムでは、より良い条件で売却するために不動産買取業者の探し方を解説しつつ、相見積もりなどのサービスについても紹介していきます。

目次

  1. 不動産売却の「仲介」と「買取」の違い、メリット・デメリットの比較
  2. 不動産買取業者の探し方
    2-1.不動産一括査定サイトを利用する
    2-2.買取サービスのある大手不動産会社に査定を依頼する
    2-3.インターネットで探す
    2-4.知人に紹介してもらう
    2-5.地域に詳しい不動産会社を近隣で探す
  3. 不動産買取の相見積もりを取る際のポイント
    3-1.複数の不動産買取業者に買取価格を提示してもらう
    3-2.買取保証サービスを活用する
  4. まとめ

1 不動産売却の「仲介」と「買取」の違い、メリット・デメリットの比較

マンションなどの不動産を売却にするには、大きく分けて「仲介」「買取」という2つの方法があります。利用されることが多いのは仲介ですが、早急に売却したい場合などには買取も選ばれています。

仲介と買取の大きな違いは買主です。仲介の場合は、仲介役を担う不動産会社が物件を購入する買主を探すのに対して、買取は不動産会社が買主として物件を購入します。

そのため下記のような特徴があります。

取引形態 買主 売却価格 売却活動の期間
仲介 個人もしくは法人 不動産市場の相場価格で売り出す 買主を探すところから始めるため、予測しづらい
買取 不動産会社 不動産会社が買取価格を決める(相場より2~3割程度安くなる) 買取する不動産会社が決まるとスムーズに進められる

買取の大きなメリットとなっているのが売却までの期間です。不動産会社が購入価格を提示し、売主が納得すれば売買契約の締結に移行することになります。そのため、早ければ売買成立までの期間が2週間程度と短く、スムーズに進むことがメリットのひとつになっています。

一方、仲介の場合、不動産市場で情報を公開して買主を探すため、売却までにどのくらいの時間がかかるのか予測が困難です。早ければ情報公開と同時に見つかるケースもありますが、1年以上買主が現れないケースもあります。

また買取の場合、仲介よりも売却価格が安くなることもデメリットです。それは不動産会社が購入した物件を、リフォームなどをしてから再び市場で売却するためです。ただし買取の場合、仲介の際にかかる仲介手数料が必要ありません。仲介手数料とは、仲介が成立した際の成功報酬のようなもので、下記の計算式で上限額を求めることができます。

仲介手数料=売買価格×3.3%+6.6万円(税込)

例えば物件の成約価格が3,000万円だった場合、仲介役の不動産会社に1,056,000円(税込)の手数料を支払うことになりますが、買取の場合は仲介手数料を支払う必要はありません。そのため売却価格が多少低くなっても、買い替えや資産の処分などすぐに不動産を売却したい場合などに買取が利用されるのです。

2 不動産買取業者の探し方

不動産買取業者を探す方法は、仲介の場合と大きな違いはありません。ただし、買取を行っている不動産会社と、行っていない不動産会社があるため、業務内容を確認しながら探すのがポイントです。通常、下記のような方法で不動産買取業者を探します。

  • 不動産一括査定サイトを利用する
  • 買取サービスのある大手不動産会社に査定を依頼する
  • インターネットで探す
  • 知人に紹介してもらう
  • 近隣を探してみる

それぞれについて詳しく説明していきましょう。

2-1 不動産一括査定サイトを利用する

不動産一括査定サイトとは、物件の査定を行う不動産会社を紹介してくれるサイトです。それぞれのサイトによって違う点もありますが、概ね下記のような流れで進みます。

  1. 物件の情報を入力する
  2. 依頼者の情報を入力する
  3. 査定を依頼できる不動産会社が表示される(サイトによって6〜10社)
  4. 依頼する不動産会社を選択する(複数の選択が可能)
  5. 情報を送信する
  6. 依頼された不動産会社が査定をして返信する

査定内容が送られてきたら、比較検討をして訪問査定を行ってもらうのが通常の流れです。ただし注意したいのは、仲介と買取の区別がない不動産一括査定サイトがあることです。その場合、物件を登録する際に「買取価格での査定を希望」といったように買取依頼であることを明示しておきましょう。買取を行っている不動産会社を見つけやすくなります。

なお、下記は不動産一括査定サイトをまとめた表です。特徴も記載していますので、サイトを選ぶ際にぜひ活用してください。

主な不動産一括査定サイト

サイト名 運営会社 特徴
SUUMO(スーモ)不動産売却[PR] 株式会社リクルート 大手から中小企業まで約2,000の店舗と提携。独自の審査基準で悪質な不動産会社を排除。60秒で入力が終了し、無料査定がスタートできる。
すまいValue[PR] 不動産仲介大手6社による共同運営 査定は業界をリードする6社のみ。全国875店舗。利用者の95.5%が「安心感がある」と回答
LIFULL HOME’Sの不動産売却査定サービス[PR] 株式会社LIFULL 全国3826社以上の不動産会社に依頼できる。匿名での依頼も可能
リガイド(RE-Guide)[PR] 株式会社ウェイブダッシュ 17年目の老舗サイト。登録会社数900社、最大10社から査定を受け取れる。収益物件情報を掲載する姉妹サイトも運営、他サイトと比べて投資用マンションや投資用アパートの売却に強みあり
HOME4U[PR] 株式会社NTTデータ スマートソーシング 全国2100社から6社まで依頼可能。独自審査で悪徳会社を排除

【関連記事】不動産査定会社・不動産売却サービスのまとめ・一覧

2-2.買取サービスのある大手不動産会社に査定を依頼する

大手不動産会社の中には、仲介だけでなく買取サービスを提供している不動産会社もあります。ここでは、買取サービスのある大手不動産会社を見てみましょう。

東急リバブル

東急リバブルの不動産査定

東急リバブルは、東急不動産ホールディングスの不動産流通事業を担う総合不動産流通企業です。売買仲介、賃貸仲介、新築販売受託、不動産販売業、不動産ソリューションの5事業を柱に、付随する事業として損害保険代理業、屋内型トランクルーム事業、相続や空き家に関するコンサルティングサービスなども手掛けています。

東急リバブルでは買取も行っており、クリーニング・リフォームは必要なく、現状のままで売却可能です。また、買取であるため購入希望者の内見対応の必要もなく、ホームページへの掲載も行われないため周囲の方に知られずに売却できるというメリットもあります。

三井のリハウス

三井のリハウスの不動産査定・売却

三井のリハウスは、三井不動産グループの三井不動産リアルティが手掛ける不動産流通事業の一つです。仲介取扱高ランキングでは1986年度からトップとなり、2022年度まで37年連続で1位を獲得しています。2020年度には、累計取扱件数が100万件を突破しています。

三井のリハウスには、複数の購入検討先(不動産会社)の中からより良い条件での売却先を紹介してもらえる「買取サポートシステム」があります。三井のリハウスが直接買取するサービスではありませんが、大手不動産会社の仲介を経て売却したい時には便利なサービスです。

その他、有償ですが三井のリハウスには「住まいクリーンアップサービス」もあります。家財の整理・分別や不要品買取・回収、ハウスクリーニングなどを依頼できる専門スタッフを紹介してもらえるため、様々なサポートから売却までワンストップで依頼できる点がメリットです。

2-3 インターネットで探す

インターネットで検索することでも、買取業者を探すことができます。検索サイトで「(地域の名前) 不動産買取業者」などと入力をして検索をします。

買取を行っているのは、大手の不動産会社と地域にある中小規模の不動産会社の2つのタイプがあります。どちらにも特徴があるので、理解した上で依頼するようにしましょう。それぞれの特徴については、下記の表を参考にしてください。

不動産会社のタイプ 特徴
全国組織の大手企業 ネームバリューがあり、社歴も長く資本も大きい
地元密着型の中小企業 地域の特性や傾向などを把握している。地域の地主と取引があるケースも

2-4 知人に紹介してもらう

不動産会社に勤めている知人、あるいは不動産の買取をしてもらった経験がある知人がいる場合は、不動産買取業者を紹介してもらう方法もあります。所有する不動産の近くにある不動産会社と取り引きしたことがないか、聞いてみましょう。

ただし、知人の情報を鵜呑みにしないで、ご自身で不動産会社について調べることも重要です。主に下記の点が確認するポイントとなります。

  • エリアに精通しているか
  • 買取実績が豊富か
  • スピーディーな対応をしているか
  • 親身になって相談に乗ってくれるか
  • 法律などの知識を持ち合わせているか、など

不動産会社は不安や疑問点を解消してくれる大切なパートナーとなります。慎重に選ぶようにしましょう。

2-5 地域に詳しい不動産会社を近隣で探す

不動産を売却する際は、エリアの情報に詳しい不動産会社に依頼するとスムーズに進むことがあります。そのため買取を予定している物件の周辺を歩いて、不動産買取業者を探してみるのも一つの手です。看板に「不動産買取」などと表記してあれば、エリア内での不動産買取を積極的に行っている可能性があります。

地域の不動産会社を判断する材料として、店頭に掲示している不動産情報の広告を見るという方法があります。不動産の広告が多い、綺麗に並んでいる、古い広告がない、などを確認することで、その不動産会社の良し悪しを判断することもできます。

時間があれば、買取をどのように行っているか実際に話を聞いてみてもいいでしょう。担当スタッフの姿勢や熱意、知識の量なども比較されてみると良いでしょう。

3 不動産買取の相見積もりを取る際のポイント

不動産買取業者の探し方について把握できたところで、より良い条件で買取してもらう際のポイントを2つ紹介していきます。

3-1 複数の不動産買取業者に買取価格を提示してもらう

買取を依頼する場合、不動産会社が物件の査定を行い、その結果をもとに買取価格を提示する流れになります。売主が提示された価格に納得すると、不動産売買契約締結に移行することになります。

買取価格は、不動産会社によって異なります。それは査定の仕方が各社で異なるからです。不動産会社では、築年数や間取りといった物件情報のほかに、劣化状況や日当たりといった物件の状態などを査定して買取価格を提示します。

この時、不動産会社としては一時的に物件を保有するリスクや不動産登記にかかる登記費用などの諸経費を勘案しながら、売却益を得られるかどうかを検証しています。つまり、物件の販売力が高い不動産会社であるほど、買取価格の上限に対する余裕も生まれ、高値売却に繋がりやすくなります。

また、周辺の取引事例をもとに買取価格を算出しますが、どの事例を参考にするのかは各社の実績や査定ポイントによっても異なります。そのため不動産会社によって買取に差ができるのです。

そこで複数の不動産会社に買取価格を提示してもらい、比較検討することが重要になります。買取査定の場合は提示される買取価格で売却できるため、比較をすることで確実に高く売却できるのです。契約の条件についても確認しながら、できるだけ多くの買取業者に買取価格を提示してもらうようにしましょう。

3-2 買取保証サービスを活用する

買取保証サービスとは、これまで紹介した買取と仲介を組み合わせた不動産売却の方法です。一定の期間内は不動産仲介での売却を目指しつつ、期間内に売却できない場合は買取保証額で不動産会社が買取をするという仕組みです。

不動産市場の適正価格で売却できる仲介と、期間内に売却できる買取のメリットがあるため、「出来るだけ良い条件で売却したいが、一定期間内には売却したい」などの希望がある場合には便利なサービスです。

ただし、買取保証は前述したように不動産会社側に物件を保有するリスクがあるため、どの物件でも行ってもらえるサービスではありません。不動産一括査定サイトを活用するなどして、複数の不動産会社へ問い合わせてみると良いでしょう。

まとめ

不動産を売却する際には、買取という方法を活用することもできます。不動産会社が提示した買取価格で売却できるため、早期に売却したい、手元に資金が必要などといったケースで、利用されています。

今回のコラムでは、不動産買取業者の探し方について4つの方法を解説しています。複数社の査定価格を比較するというポイントに注意しながら、どの業者へ売却依頼をするか慎重に検討していきましょう。

The following two tabs change content below.

倉岡 明広

経済学部経済学科卒業後、出版社や編集プロダクション勤務などを経てフリーライターとして独立。雑誌や新聞、インターネットを中心に記事を執筆しています。初心者が抱く不動産投資の疑問や質問を解決できるよう丁寧な記事を執筆していきます。