TAG レバレッジ取引

仮想通貨コラム

【暗号資産ビギナー向け】販売所と取引所を併設しているプラットフォームで投資をスタートしよう

初心者の中には、暗号資産取引所に口座開設をして「さあ、ビットコイン(やXRP、イーサリアム)を買おう」という段階で、取引所と販売所があることに気づき、どちらで買えばいいのか迷う人は多いと思います。ここでは、「取引所」と「販売所」についてそれぞれメリット・デメリットを解説します。また、2つの売買方法を備えている暗号資産取引所をご紹介するので、プラットフォーム選びの参考にしてください。

株式投資コラム

株価指数先物取引のメリット・デメリットは?投資のプロが解説

個人投資家が取引できる先物取引には、主に株価指数先物取引と商品先物取引があります。株価指数先物取引は、日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)などの指数を取引し、商品先物取引はガソリンや金、とうもろこしなどの商品を取引するものです。この記事では株価指数先物取引の種類とメリット・デメリットについて解説します。

仮想通貨コラム

【元トレーダーが解説】DMM Bitconの「比較チャート」機能を利用したトレード手法

DMM Bitconは他の暗号資産取引所には滅多にない「比較チャート」というものがあります。比較チャートとは「ビットコイン円」と「イーサリアム円」等の複数銘柄の変動をパーセンテージで表示してくれるものです。比較チャートを活用して取引を行うことができます。これはとても簡単でトライしやすいトレード手法の一つです。色々な暗号資産ペアでも利用できるため、是非覚えていただくと良いでしょう。

仮想通貨コラム

ビットコインやXRPの長期投資におすすめ、暗号資産取引所コインチェックとGMOコインを徹底比較

ビットコインの価格は当時の最高水準に戻っていませんが、投資家はますます分散型な金融ネットワークの将来に期待を寄せているようです。ここではビットコインとXRPを購入でき、長期投資向けのオプションサービスを提供している2つの暗号資産取引所、コインチェックとGMOコインについてご紹介します。それぞれのサービスや手数料設定など、詳しく比較していきましょう。

仮想通貨コラム

国内の主要仮想通貨取引所7社の特徴を元トレーダーが解説!おすすめポイントも比較

コロナショックを機に仮想通貨(暗号資産)FXのトレードを行いたいという個人投資家が増えてきており、将来の資産に対して不安視する若者が増えてきました。また仮想通貨の認知度も日本では少しずつ高まる中、ユーザー層の年齢が幅広くなりつつあります。日本でも仮想通貨交換業のライセンスを取得する業者が多くなり、海外の仮想通貨取引所も日本で認可を取得しているため、取引所の選択肢は増えています。ここでは日本の仮想通貨取引所の特徴について、トレーダー目線から解説していきたいと思います。

仮想通貨コラム

【元トレーダーが解説】SBI VCトレードがTAOTAOを買収するメリット

SBIホールディングスがZコーポレーション傘下で暗号資産取引所を運営するTAOTAOを買収しました。SBIグループは「SBI VCトレード」で暗号資産の取引サービスを展開していますが、TAOTAOの買収によってSBIの更なるサービス拡大が予想されます。ここではSBI VCトレードの現状とTAOTAO買収の思惑や今後考えられる影響について、考察したいと思います。

仮想通貨コラム

初心者にも便利な板を使った取引方法とは?暗号資産投資の2つの購入窓口を整理しておこう

暗号資産取引所には主に2wayプライス方式の「販売所」と、板を利用する「取引所」の両方を提供している所があります。株式市場の様な板を使った取引は、投資初心者にとってハードルが高い印象をお持ちかもしれませんが、基本的な注文方法を使えれば簡単に利用できます。ここでは、初心者におすすめの暗号資産取引所の板取引についてご紹介します。

FX

DMM.com証券、DMM株で米国株の取扱銘柄追加。DMM FX、外為ジャパンFXでスプレッド縮小キャンペーンも開催中

株式会社DMM.com証券は株式オンライントレード「DMM 株」で10月20日の現地約定分から、米国株式の取扱銘柄を16銘柄(普通株式13銘柄、ADR3銘柄)追加する。同サービスは業界屈指の低コストをうたい、19年12月9日現地約定分から取引手数料を無料に変更しており、売買の際の取引手数料は一切かからない。

仮想通貨コラム

取扱銘柄数から考える暗号資産取引所の利用方法とは?

日本では多くの暗号資産取引所が金融庁のライセンスを取得して運営しており、それぞれ取扱い商品や取引ツール、その他のオプションサービスなどで差別化に努めています。ここでは暗号資産取引所のターゲットとなる顧客層について、各社の取り扱い銘柄から分析したいと思います。

仮想通貨コラム

暗号資産のレバレッジ取引におすすめの暗号資産取引所3社をご紹介

国内の暗号資産(仮想通貨)市場に関する規制環境が整備される中、「レバレッジ取引における上限倍率」について、これまで段階的に引き下げられてきました。それでも、国内の暗号資産市場ではレバレッジ取引が依然として圧倒的なシェアを占めており、今後も人気は継続しそうです。ここでは現時点で最大レバレッジ4倍で暗号資産を取引できる、暗号資産取引所を3社ご紹介します。

仮想通貨コラム

【暗号資産初心者向け】コインチェック・GMOコイン・SBI VC トレードの3社の手数料、機能、取扱銘柄を徹底比較!

コインチェック、GMOコイン、SBI VCトレードは数年間の創業実績を有し、既に一定のユーザーに支持されている暗号資産(仮想通貨)取引所です。取引サービスや取り扱い銘柄の豊富さ、割安な手数料体系などにそれぞれの強みがあり、初心者から上級者まで幅広く利用されています。ここではコインチェック、GMOコイン、SBI VCトレードについて詳しく解説していきます。

仮想通貨コラム

アルトコインを豊富に取り扱っている取引所はどこ?アルトコイン投資におすすめの暗号資産取引所4選

仮想通貨(暗号資産)というと、ビットコインを思い浮かべる人は多いと思います。市場にはXRPやイーサリアムなどさまざまな種類が存在しており、それらは総じて「アルトコイン」と呼ばれています。仮想通貨取引所によって取扱いのあるアルトコインは異なり、各社サービスの差別化要因の一つとなっています。

仮想通貨コラム

CoincheckとbitFlyerはどっちがおすすめ?機能や手数料、評判を徹底比較!

bitFlyerとCoincheckはどちらも日本国内の大手仮想通貨取引所です。どちらも多様な仮想通貨を取り扱っており、販売所と取引所の両方を提供しているので、初心者にとって利用しやすいと評価されています。どっちがおすすめなのか、機能や手数料、取扱通貨など客観的な情報に基づいて分かりやすく解説していきます。

仮想通貨コラム

ビットコイン購入のタイミングを見極める、ストップロスを利用したビットコイン・トレーディング手法

ビットコインのチャートを見ていると、レジスタンスやサポートラインが機能し続け、一度ラインをブレイクすると激しい値動きを見せる場面が度々あります。このような動きにはトレーダーのポジションが影響しています。ここではこうした値動きの背景を解説し、ブレイクを利用したトレード手法についてご紹介したいと思います。

仮想通貨コラム

楽天ウォレットとCoincheckはどっちが良い?機能や手数料・評判を徹底比較!

楽天ウォレットとCoincheckはどちらもユニークなサービスを提供している仮想通貨取引所です。2019年8月に仮想通貨取引ビジネスに参入した楽天ウォレットは、楽天スーパーポイントを利用できるなどグループ企業との連携を強みとしています。一方で2014年8月に運営をスタートしたCoincheckは、先駆的なサービスを次々と導入して多くの投資家から支持を集めてきました。楽天ウォレットとCoincheckでは取引サービスの内容やオプション機能も異なります。アプリの使用感についても投資家の好みがあるため、自分にあった取引所を探して登録すると良いでしょう。ここでは機能や手数料、取引通貨など様々な違いを比較することで、楽天ウォレットとCoincheckでそれぞれどのようなことができるのか、分析していきましょう。

仮想通貨コラム

ビットコイン価格が下落しても利益を出せる「ショート(空売り)」とは?

レバレッジ取引は、買いから入るロングポジションと売りから入るショートポジション(空売り)があり、値上がり・値下がりの双方で利益を狙えます。ここでは暗号資産取引所bitFlyerでビットコインの空売りを行う方法について解説します。

仮想通貨コラム

暗号資産取引所コインチェック・GMOコイン・SBI VC トレードの機能、取扱銘柄、手数料を徹底比較!

皆さんが情報収集をする中でまず触れることになるのが、コインチェック、GMOコイン、SBI VCトレードなど金融機関がバックグラウンドにつく国内でも大手とされる暗号資産取引所でしょう。この3社では初心者が利用しやすい販売所から、トレーディングに適している高機能取引ツールまで提供しています。そのため暗号資産初心者からトレーダーまで、幅広いユーザー層から支持を集めています。