TAG レバレッジ取引

仮想通貨コラム

レバレッジ取引におすすめの仮想通貨取引所3選!比較表で徹底解説

仮想通貨取引には、実際に仮想通貨を売買してキャピタルゲインを得る「現物取引」と、一定額の証拠金(保証金)を取引所に預け入れることで投資資金の数倍の金額で取引できる「レバレッジ取引(仮想通貨FX:証拠金取引)」があります。仮想通貨のレバレッジ取引では、ロング(買い)ポジションだけでなくショート(売り)ポジションも取れるので、値上がり・値下がりの双方で利益を狙う戦略的な投資が可能です。ここでは、HEDGE GUIDE編集部がレバレッジ取引におすすめする3つの仮想通貨取引所をご紹介します。

仮想通貨コラム

【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】仮想通貨のトレードで利益を出すためにチャート分析より重要なこと

仮想通貨市場が活況を見せる中、トレードで何が重要なのか模索しているトレーダーや投資家は多いでしょう。色々な本を読み漁り、聖杯を探し求める投資家も少なくありません。仮想通貨市場においてトレードで利益を出すために何を行うべきなのか、筆者のトレーディング経験を交えて解説したいと思います。

仮想通貨コラム

【仮想通貨初心者向け】販売所と取引所を併設しているプラットフォームで投資をスタートしよう

初心者の中には、暗号資産取引所に口座開設をして「さあ、ビットコイン(やXRP、イーサリアム)を買おう」という段階で、取引所と販売所があることに気づき、どちらで買えばいいのか迷う人は多いと思います。ここでは、「取引所」と「販売所」についてそれぞれメリット・デメリットを解説します。また、2つの売買方法を備えている暗号資産取引所をご紹介するので、プラットフォーム選びの参考にしてください。

仮想通貨コラム

【暗号資産取引所の元トレーダーが解説】テクニカル指標:MACD

仮想通貨FXを始めると勝率を上げるために様々なテクニカルツールの勉強をすると思います。中でも誰もが勉強するオシレーター系ツールがMACDです。この記事では、MACDの覚えておきたい基本的知識の紹介から使い方、さらには他のテクニカルツールと合わせて使う実践的な方法まで解説します。

仮想通貨コラム

ビットコイン投資にはドルコスト平均法が合っている3つの理由

なんとなくビットコインが成長しそうな気がしていても、どれくらい伸びしろがあるのか、上昇トレンドが継続するのか、確信をもてない方は多いでしょう。そんな方は少額ずつ投資する「ドルコスト平均法」をスタートしてみて、時間をかけて理解を深めてみてはいかがでしょうか。ここではビットコインのドルコスト平均法についてご紹介します。

仮想通貨コラム

【2021年度版】レバレッジ取引ができる暗号資産取引所5社の倍率・銘柄を徹底比較

ビットコインを含め暗号資産の価格が上がっている中、暗号資産市場に参入する企業が増えています。暗号資産取引所の中には現物取引だけでなく、レバレッジ取引ができるところもあります。また2021年に入ってから、レバレッジ倍率の変更や対応銘柄が増えたりと、取引所によって変更が行われています。ここでは国内で暗号資産のレバレッジ取引ができる5社の企業をご紹介します。検討している方はぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨コラム

【暗号資産初心者向け】コインチェック・GMOコイン・BITPOINTの手数料、機能、取扱銘柄を徹底比較!

コインチェック、GMOコイン、BITPOINTは数年間の創業実績を有し、既に一定のユーザーに支持されている暗号資産(仮想通貨)取引所です。取引サービスや取り扱い銘柄の豊富さ、割安な手数料体系などにそれぞれの強みがあり、初心者から上級者まで幅広く利用されています。ここではコインチェック、GMOコイン、BITPOINTについて詳しく解説していきます。

レバレッジ取引の取り扱いがあるおすすめ取引所・販売所3選

レバレッジ取引はリスクの高い投資ですが、一方で少額の資金でリターンを生み出すことも可能な手法でもあります。そこで、ここではHEDGE GUIDE編集部がレバレッジ取引に特徴のある仮想通貨取引所を厳選してご紹介します。投資リスクを見極めながら、ぜひ活用してみてください。

仮想通貨コラム

長期的な仮想通貨の投資ならコインチェックとビットフライヤーどちらがおすすめ?それぞれのサービスを徹底比較

2019年7月に行われた楽天インサイト調べによると、仮想通貨投資を始める投資家のうち、「およそ3人に1人(30.8%)が投資未経験者」ということが明らかになっています。将来的に必要な資金を仮想通貨投資で貯えたいと考えながら、何から始めてよいかわからない方もいるかと思います。

FX

DMM.com証券、「DMM株」で米国株式の取扱銘柄を追加。「DMMFX株券担保サービス」もスタート

株式会社DMM.com証券は、株式オンライントレード「DMM株」で3月17日の現地約定分から、米国株式の取扱銘柄を19銘柄(普通株式15銘柄、 米国ETF3銘柄、 ADR1銘柄)を追加する。また、同社は今月8日からDMM株および「DMMFX」で「DMMFX株券担保サービス」をスタートしている。

仮想通貨コラム

仮想通貨投資で稼ぎたい人が知っておくべき5つのポイント

仮想通貨(暗号資産)投資は1,000円から手軽に始められ、取引所の口座開設の手続きも簡単なので、投資初心者に人気の投資商品となってきています。しかし、仮想通貨は誕生して10年ほどの新興市場であり、浮き沈みの変化が激しいため投資商品としてはハイリスクハイリターンです。そこで今回は、仮想通貨投資で稼ぎたい人が知っておくべき5つのポイントをご紹介していきます。

仮想通貨コラム

暗号資産のスイングトレードのポイント、おすすめの暗号資産取引所4選

暗号資産はボラティリティが大きいため、ある程度利益の出た銘柄を売却して、ポートフォリオを組み替えるといったアクティブな運用方法を行っている投資家も少なくありません。ここではアクティブな運用方法の一つ「スイングトレード」についてご紹介します。

仮想通貨コラム

DMM Bitcoinの暗号資産取引ツールや特徴、利用の際の注意点について徹底解説

DMM Bitcoinについて、「大手企業が運営しているけどサービス内容がよくわからない」、「他社と何が違うのかわかりづらい」、そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。ここでは、DMM Bitcoinのサービス内容や特徴、利用する際の注意点について解説します。

仮想通貨コラム

【2021年3月キャンペーン情報】暗号資産への投資をお得にするなら!現在キャンペーンが行われている暗号資産取引所まとめ

今回の記事では、暗号資産取引所が行うキャンペーンに着目して、暗号資産取引をお得に行うという観点で暗号資産取引所をご紹介していきます。各社が行うキャンペーンには、新規登録者を対象にしているものだけでなく、既存ユーザー対象などぞれぞれ独自のキャンペーンを提供しています。これから暗号資産取引所に口座開設する方は予めチェックしておきましょう。

仮想通貨コラム

【暗号資産取引所の元トレーダーが解説】移動平均線の種類と使い方

移動平均線は世界の投資家が利用している重要なテクニカル指標であり、基本中の基本となるテクニカル指標の一つですが、その種類による違いというものって何があるのかという点に深く理解していない方もいるかもしれません。以下で詳しく説明していくので参考にしてみてください。