TAG レバレッジ取引

暗号資産取引所の使い方

楽天ウォレットで証拠金取引所サービス提供開始!使い方と特徴

22年11月23日、楽天グループにおいて暗号資産(仮想通貨)交換業を手がける楽天ウォレット株式会社が、「証拠金取引所サービス」の提供をスタートしました。ここでは楽天ウォレットの「証拠金取引所サービス」について、その概要や特徴、具体的な取扱通貨のほか、実際の使い方までを詳しく解説していきます。

仮想通貨コラム

Zaifのお手軽トレードの新機能「買い止め 売り止め」の使い方とは?

22年9月28日、株式会社カイカエクスチェンジが手がける国内の仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)が、自社の人気サービス「自動売買おてがるトレード」に新機能を追加したことを発表しました。
今回は、Zaifが新たにリリースしたお手軽トレードの新機能「買い止め」および「売り止め」について、その概要や使い方を詳しく解説していきます。

暗号資産取引所の使い方

現物取引とレバレッジ取引の違い【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

仮想通貨の場合は「販売所」と「取引所」の違いや「現物取引」と「レバレッジ取引」の違いを理解することが、最初に取引を始めようとする際に知っておく必要があります。今回は、仮想通貨取引の基礎中の基礎とも言える「現物取引」と「レバレッジ取引」という取引方法について、両者の概要や特徴などを踏まえながら、その違いを解説していきます。

暗号資産取引所の使い方

【元トレーダーが解説】ビットフライヤーのレバレッジ取引で覚えておくべきSFD手数料制度とは?

bitFlyer Lightningには一定の条件下で発生する「SFD」という独自システムがあります。SFDの仕組みを理解せずにトレードをしていると、意外な所でコストが発生することに驚くことになるでしょう。
ここでは「bitFlyerのSFDの概要や、作成された意図や注意点について解説していきます。

暗号資産・ブロックチェーン

仮想通貨の自動損益計算サービス「Cryptact」とは?【確定申告の備え】

仮想通貨は比較的新しい金融商品である上、株取引等とは勝手が異なるため、その損益計算を個人で行うことは簡単ではありません。そこで、取引所のデータをいくつかアップロードするだけで、正確な損益計算を自動で行ってくれる「Cryptact(クリプタクト)」のようなサービスが役立ちます。今回は、仮想通貨の自動損益計算サービス「Cryptact」について、その概要や特徴、詳しい使い方を解説していきます。

暗号資産・ブロックチェーン

DMM Bitcoinに初上場した仮想通貨ジパングコイン(ZPG)とは

22年7月13日、日本の暗号資産(仮想通貨)取引所「DMM Bitcoin」は、「ジパングコイン(ZPG)」の取り扱いをスタートしました。ジパングコイン(ZPG)は金の価格と連動するというユニークな性質を持った新しい仮想通貨です。今回はDMM Bitcoinに初上場するジパングコイン(ZPG)について、その概要や特徴、今後の展開を解説していきます。

仮想通貨コラム

イラストコミッションサービスSkebが仮想通貨取引所ZaifにてIEOトークンセールを検討する狙い

22年6月、日本でイラストコミッションの支援サービスサイト『Skeb』を運営する株式会社スケブが、暗号資産(仮想通貨)取引所Zaifを運営する株式会社カイカエクスチェンジとIEOの実施を検討する覚書を締結したことを発表しました。今回は、ZaifでのIEOを検討するSkebのサービス概要、IEOを行うメリット、また、SkebがIEOを利用する狙いなどについて解説していきます。

暗号資産取引所の使い方

コインチェックとGMOコインどっちが良い?取扱い暗号資産や手数料、サービスを徹底比較

将来の資産形成手段として、ビットコインや暗号資産(仮想通貨)投資を検討する方や、実際に利用し始めている方が増えています。この記事では大手が提供する暗号資産取引所のコインチェックとGMOコインのどちらを選べば良いかについて、「取扱銘柄」「コスト」「取引方法」「アプリ」など、さまざまな視点から比較します。取引所選びの参考としてぜひご活用ください。

仮想通貨コラム

Zaifの自動売買おてがるトレードサービスとは【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

日本国内の暗号資産(仮想通貨)取引所Zaif(ザイフ)では、仮想通貨の自動売買が可能となる新サービス「自動売買おてがるトレード」がリリースされました。今回は、新たに追加されたZaifの自動売買おてがるトレードサービスについての概要や特徴について解説していきます。