販売所と取引所の両方を提供するコインチェック、GMOコイン、FTX Japanの3社を徹底比較!

仮想通貨(暗号資産)取引所では新規銘柄や新規サービスが増えたり、注文機能や手数料設計、アプリの仕様が改良されることもあるので、口座開設を検討している方は時々チェックしてると良いでしょう。

ここでは人気の高い仮想通貨取引所、コインチェック、GMOコイン、FTX Japanのサービス内容や取り扱い仮想通貨について徹底比較します。これから仮想通貨取引所を開設しようと検討している方は、参考にしてみてください。

目次

  1. スマホアプリのインターフェイスが分かりやすいコインチェック
  2. 板取引やレバレッジ取引など様々な取引方法を使えるGMOコイン
  3. 国内でも取り扱いの少ない銘柄の取引ができるFTX Japan
  4. 取扱仮想通貨・手数料を比較
  5. まとめ

①スマホアプリのインターフェイスが分かりやすいコインチェック


コインチェックはマネックスグループ株式会社の子会社であるコインチェック株式会社が運営している仮想通貨取引所です。初心者でも扱いやすい販売所を提供している他、取引所サービスではビットコインを手数料無料で購入できます。

またコインチェックのスマホアプリは、取引画面もシンプルで初心者でも理解しやすいよう設計されています。独自サービスもアプリ内で完結できるので利便性が高く、スマホアプリの累計ダウンロード数476万を突破し国内No.1(AppTweakデータ協力:2019年1月~2021年12月)となっています。

1-1.豊富な仮想通貨を取り扱っている販売所

コインチェックは複数の仮想通貨を積極的に上場しています。販売所および取引所で多数の銘柄を取り扱っており、手数料無料で取引できます。どちらも最低注文量は500円となっており、少額から仮想通貨投資を始められます。

1-2.長期投資に便利サービスが充実

コインチェックは長期投資に便利なサービスも充実しています。積立サービス「Coincheckつみたて」は毎月一定額を口座振り込みから購入まで自動で実行されるもので、最低1万円から利用できます。購入のタイミングが分からない方や投資に時間を割けない方も、安定して長期的に仮想通貨投資に取り組めるでしょう。

「貸暗号資産サービス」は、投資家が保有している仮想通貨をコインチェックに貸し出し、期間と貸付数量に応じた利息分(最大年率5%)を仮想通貨で得られるサービスです。1万円相当から貸し出すことができ、ビットコインやイーサリアムをはじめ、コインチェックの販売所が取り扱うすべての通貨の中から選択できます。

1-3.NFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」

コインチェックのNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」ではNFTの個人間売買が可能です。NFTの出品や購入、保管ができ、出品や購入にかかるネットワーク手数料が無料となっています。

NFT(Non Fungible Token)とはデジタルコンテンにゲーム内データや所有権を紐づけたトークンであり、希少性がNFTの価格に反映される傾向があります。現在対応しているNFTは「CryptoSpells」と「The Sandbox」、アイドルグループ「SKE48」のデジタルトレーディングカード、「Sorare」のNFTトレカです。気軽にNFTに触れてみたい方はコインチェックのプラットフォームから利用してみてもいいでしょう。

②板取引やレバレッジ取引など様々な取引方法を使えるGMOコイン


GMOコインは、東証一部上場のGMOインターネット株式会社のグループ会社であるGMOコイン株式会社が運営する仮想通貨取引所です。GMOインターネットはGMO証券などの金融サービスの提供実績をもっており、GMOコインにおいても金融ノウハウを活かした運営が行われています。スマホアプリには販売所から取引所、高機能トレードツールを搭載し、若年層から中高年までの幅広いユーザーが利用しており、50万件を越えています(2022年5月時点)。

2-1.板取引ができる銘柄が豊富

GMOコインの取引サービスは取引所(現物取引)・取引所(レバレッジ取引)・販売所・暗号資産FXの4つを設けており、アルトコインの板取引が充実しています。取引方法によって利用可能な銘柄は異なりますが、国内仮想通貨取引所の中でも非常に多様な仮想通貨を取り扱っています。

取引所(現物取引)は板情報を使ってユーザー間で仮想通貨を取引する方法で、ビットコインやイーサリアムをなどが売買できます。取引所(現物取引)では、Maker注文に対してマイナス手数料を設定しているので、約定時に手数料を支払うのではなく、受取ることも可能となっています。頻繁にトレーディングしたい方におすすめです。

2-2.FX取引経験者にお馴染みの「暗号資産FX」を提供

GMOコインでは「暗号資産FX」と「取引所(レバレッジ取引)」の2つのサービスで、2倍のレバレッジを使用したトレードができます。このうち「暗号資産FX」は、2wayプライスによるシンプルな価格表示、3種類(IFD、OCO、IFD-OCO)の複合注文を採用しており、外国為替証拠金取引(FX取引)の経験がある投資家にとって利用しやすい仕組みとなっています。

2-3.月々500円から利用できる積立サービス

GMOコインの「つみたて暗号資産」は、設定した金額の仮想通貨をGMOコインの取引口座から自動で買付けるサービスです。毎月10日プランと毎日プランがあり、最低500円~最大5万円の範囲で1,000円単位で設定できます。GMOコインで取り扱っている全ての仮想通貨に対応しており、積み立てる銘柄は種類も数も自由にカスタム可能で、少額からコツコツ積立購入をはじめられます。

③国内でも取り扱いの少ない銘柄の取引ができるFTX Japan


FTX Japan株式会社が運営する仮想通貨取引所FTX Japanは、仮想通貨の現物取引およびデリバティブ取引においてBinanceに次いで第2位の取引量(2022年7月、CoinMarketCap調べ)を誇っており、FTX Globalとの取引板共有によって潤沢な流動性を提供しています。FTX JapanではSOL(ソラナ)やFTT(FTXトークン)の他、Twitterで話題となったDOGE(ドージコイン)など国内では珍しい銘柄取引も可能です。

またFTX Japanは流動性が高い取引所だけでなく、初心者にも利用しやすい販売所も提供しています。販売所はFTX Japanにログインをしたトップ画面が販売所になっています。取引所を利用したい場合は「マーケット」を開くと、パーペチャル取引、現物取引、法定通貨とありそれぞれ板取引ができます。

3-1.FTX Globalとの取引板共有による潤沢な流動性の提供

FTX Japan株式会社が運営する仮想通貨取引所FTX Japanは、仮想通貨の現物取引およびデリバティブ取引においてBinanceに次いで第2位の取引量(2022年7月、CoinMarketCap調べ)を誇っており、FTX Globalとの取引板共有によって潤沢な流動性を提供しています。流動性が高いことで指値でも注文が約定されやすいといった利点があります。

3-2.Move to Earn銘柄のSOLやTwitterで話題のDOGEの取り扱い

FTX JapanではSOL(ソラナ)やFTT(FTXトークン)を取り扱っています。SOLは2022年に話題になったMove to Earnのゲーム「STEPN」で採用されるトークンとしても注目を集めています。その他、Twitterで話題となったDOGE(ドージコイン)など国内では珍しい銘柄取引も可能です。アルトコインが気になる方はチェックしておきたい取引所と言えます。

3-3.取り扱いのあるすべての銘柄でパーペチュアル(無期限)取引が可能

FTX Japanでは現物と先物、CFDの特徴を併せ持つデリバティブ取引「パーペチュアル取引」が可能となっています。従来の先物取引では、契約時に決済満期日と、その日にいくらで売買するのかを決定しますが、パーペチュアルには限月が無く、無期限に建玉を保持することができます。

④取扱仮想通貨・手数料を比較

コインチェック GMOコイン FTX Japan
販売所の取扱銘柄

17銘柄:ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ベーシックアテンショントークン、ステラルーメン、モナコイン、ネム、クアンタム、オーエムジー、イーサリアムクラシック、エンジンコイン、リスク、IOST、SAND、ポルカドット

19種類:ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ベーシックアテンショントークン、ステラルーメン、ネム、クアンタム、オーエムジー、チェーンリンク、ポルカドット、エンジンコイン、テゾス、コスモス、エイダ/カルダノ、メイカー、ダイ、ドージコイン

13種類:ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ベーシックアテンショントークン、OMG、ポルカドット、エンジンコイン、FTXトークン、ソラナ、ドージコイン、アバランチ

取引所の取扱銘柄

6銘柄:ビットコイン、モナコイン、イーサリアムクラシック、パレットトークン、OMG、リスク

21種類:ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ベーシックアテンショントークン、ステラルーメン、モナコイン、ネム、クアンタム、オーエムジー、チェーンリンク、ポルカドット、エンジンコイン、シンボル、テゾス、コスモス、エイダ/カルダノ、メイカー、DAI、FCRコイン

13種類:ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ベーシックアテンショントークン、OMG、ポルカドット、エンジンコイン、FTXトークン、ソラナ、ドージ、アバランチ

最小注文数(BTC) 500円相当 販売所:0.00001 BTC/回
取引所・現物取引:0.0001 BTC/回
0.0001BTC
取引手数料 販売所:無料(スプレッドが含まれています)
取引所:無料
販売所:無料(スプレッドが含まれています)
取引所:
【BTC,ETH,XRP】
Maker:-0.01%,
Taker:0.05%
【その他】
Maker:-0.03%
Taker:0.09%
販売所:無料(スプレッドが含まれています)
取引所:レベル1〜6
メイカー:0.02%〜0.04%
テイカー:0.07%〜0.04%

⑤まとめ

仮想通貨取引所はいざ口座を開設しようと思うと、まずはどこに登録をすれば良いのか迷ってしまうという方もいるのではないでしょうか。そうした際にはまず取り扱いの仮想通貨銘柄やサービスにどのようなものがあるかを調べてみることをおすすめします。

取引所によって銘柄やサービスには違いがあるため、複数の口座を開設してサービスを使い分けてみるのも良いでしょう。各社では新規口座開設のユーザー対象のキャンペーンを行っている場合もあるので、そういった時期を狙って開設することがおすすめです。

複数の取引所を利用することで、たまに発生する緊急メンテナンスや予期しない出庫制限にも柔軟に対応することも可能です。仮想通貨取引所の口座開設は無料でできますので、仮想通貨投資をしてみたいと思っている方はこれを機に各社のサービスをチェックしてみましょう。

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。