TAG ビットコインキャッシュ

仮想通貨コラム

暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引におすすめの仮想通貨取引所・販売所3選

半減期を迎えたビットコインの価格動向はますます注目されています。特に価格が乱高下する時期においては、値上がり・値下がりの双方で利益を狙えるレバレッジ取引の取引機会も増えるでしょう。ここでは、HEDGE GUIDE編集部が厳選する、仮想通貨のレバレッジ取引におすすめの仮想通貨取引所・販売所を3つピックアップします。

ヘッジ0仮想通貨コラム

暗号資産(仮想通貨)同士のレバレッジ取引で資産運用!リスクヘッジ方法について解説

仮想通貨建ての取引を行うときの注意点とリスク管理方法について解説していきます。また、証券会社を経て、仮想通貨取引所でトレーディング業務に従事した筆者が仮想通貨同士のペアで取引をすることをおすすめする理由についてご説明します。

仮想通貨コラム

仮想通貨の積立はコインチェックがおすすめ!資産形成のための積立手法を徹底解説!

FXや日本株や投資信託をされている方の中には「一部は仮想通貨で運用したいけど、毎日市況を追う時間は取れない」という方もいます。あるいは、ビットコインの買い時がよく分からない、トレードに自信がない、取引に必要な時間が取れないといった人にとってCoincheckの積立サービスは便利です。ここでは、Coincheckの積立サービスの使い方や注意点について解説したいと思います。

仮想通貨コラム

bitFlyerとDMM Bitcoinはどっちがおすすめ?機能や手数料、取扱通貨を徹底比較!

bitFlyerとDMM Bitcoinはどちらも知名度の高い日本国内の大手仮想通貨取引所です。bitFlyerは国内の主要メガバンクやベンチャーキャピタルから出資を受けている信頼度の高い取引所です。DMM Bitcoinもまた、国内大手のインターネット企業のグループであり、FXサービスを提供してきた実績があります。

仮想通貨コラム

CoincheckとDMM Bitcoinはどっちがおすすめ?機能や手数料、評判を徹底比較!

CoincheckとDMM Bitcoinはどちらも国内で人気の高い仮想通貨取引所です。2012年に設立されたCoincheckはユニークなサービスを次々とリリースして仮想通貨業界をリードしてきたため、多くのユーザーに支持されています。一方でDMM Bitcoinは2018年1月に取引サービスをスタートしましたが、後発ながら金融ノウハウを活かした高機能な取引機能で着実に利用者を獲得しています。

仮想通貨コラム

TAOTAOの特徴は?おすすめポイント、注意点などを徹底解説

TAOTAOはインターネット大手Zホールディングス(旧ヤフー)の投資会社Zコーポレーションが70%の株式を保有する仮想通貨取引所です。TAOTAOの代表取締役社長の荒川佳一朗氏は、ツイッターやブログで積極的に市況情報を発信しており、相場の指標としてアナリストに注目される機会も増えています。今回は、具体的にTAOTAOのサービスや特徴について解説します。

仮想通貨コラム

仮想通貨でもできるポイント投資とは?手軽にポイント投資ができる仮想通貨取引所3選

買い物などで貯まったポイントを使って投資体験ができる「ポイント投資」を提供する証券会社が増えており、これまで投資に興味のなかった人にも投資は身近になってきています。同様に、ポイント投資を提供する仮想通貨取引所が存在することはご存じでしょうか?ここではポイント投資ができる3つの仮想通貨取引所について、サービス内容や特徴など詳しく解説致します。これから仮想通貨に投資したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨

フォークコイン(BCH、BSV)の事例から推測するビットコイン半減期後のマイナー動向

ビットコインの3度目の半減期が5月12日に迫っている。ビットコイン(BTC)の2つのフォークコイン、ビットコインキャッシュ(BCH)とビットコインSV(BSV)は4月に半減期を迎えた。2つのコインはBTCと同じ採掘アルゴリズム(SHA-256)を使用しているため、半減期後のハッシュレートや価格動向を分析する価値があるかもしれない。4月21日、ブロックチェーン調査企業TokenInsightが報告している。

仮想通貨コラム

レバレッジ取引(仮想通貨FX)って本当に危険?知っておきたいリスク管理方法について解説

仮想通貨の取引方法には現物取引とレバレッジ取引があります。レバレッジ取引は「仮想通貨FX」とも呼ばれ、取引所に証拠金を預け入れ、その数倍の資金を使って仮想通貨を売買できます。取引できる金額が大きいため大きなリターンを狙うことが可能ですが、反対に元手資金以上の損失が発生するリスクもあります。これが「レバレッジ取引は危ない」と感じさせる理由です。

レバレッジ取引でリスクを少しでも軽減するためにも、適切な建玉(ポジション)管理や、ストップ注文の設定、証拠金維持率など各取引所のルールを把握しておくことが大切です。そこで今回は、仮想通貨のレバレッジ取引の基本的な仕組み、証拠金維持率について詳しく解説します。

仮想通貨コラム

Yahoo! JAPAN IDで口座開設できる!TAOTAOを初心者におすすめする理由5選!

仮想通貨取引所を選ぶ際、取引所の運営会社やサービス、セキュリティ体制、手数料、取引ツールなど確認すべき重要なポイントはいくつかあります。数多くある取引所の中でも「TAOTAO」は、ヤフーグループのバックグランドを強みとしています。Yahoo! JAPAN ID(Y!ID)で口座開設ができるので、仮想通貨投資初心者にとって最初の一歩を踏み出しやすいと思います。ここでは、これから仮想通貨を保有したい方にTAOTAOをおすすめする理由を詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨コラム

DeCurret(ディカレット)とTAOTAOはどっちがおすすめ?機能や手数料・取扱通貨を徹底比較

最近は仮想通貨交換業者が増えてきており、数多くある取引所の中からどの取引所を選べばよいか迷うこともあると思います。2019年には大手企業が出資している仮想通貨取引所が2つ営業を開始しました。4月に開業したDeCurret(ディカレット)は複数の東証一部上場企業から出資を受けており、国内仮想通貨交換業者では最大の資本金86.28億円を集めています。5月にスタートしたTAOTAOはインターネット大手Zホールディングス(旧ヤフー)の投資会社Zコーポレーションが出資する仮想通貨取引所です。どちらも日本の上場企業が出資している点で信頼度が高い取引所です。ここでは2つの取引所の機能や手数料、取扱通貨などを比較しながら、特徴を解説していきます。

仮想通貨コラム

DeCurret(ディーカレット)の5つの特徴をご紹介!初心者からトレーダーまで幅広く使える「デジタル通貨のメインバンク」

DeCurretは2019年4月に仮想通貨の現物取引をスタートし、同年8月にレバレッジ取引をスタートした比較的新しい仮想通貨取引所です。資本金86.28億円は国内仮想通貨交換業者では最大であり、「デジタル通貨のメインバンク」を目指しており、デジタル通貨活用を促進する独創的な商品開発に取り組んでいます。もちろん、基盤となる仮想通貨取引サービスも利用者にとって使いやすく、安心できるセキュリティ体制も整っています。ここではDeCurretのサービスや機能、特徴について詳しく解説します。

仮想通貨コラム

仮想通貨は長期投資がおすすめの理由と厳選4社の機能やサービスを徹底比較

2019年7月に行われた楽天インサイト調べによると、仮想通貨投資を始める投資家のうち「およそ3人に1人(30.8%)が投資未経験」ということが明らかになっています。投資経験がない方にとって、価格変動の激しい仮想通貨市場でトレードで短期的に利益を上げるのは簡単ではありません。相場を分析して、エントリーおよび利確ポイントを判断するのは至難の業です。仮想通貨投資に興味がある投資未経験者の方には長期投資がおすすめです。長期投資は価格変動に翻弄されずに安定的に投資できる利点があります。仮想通貨を購入するには仮想通貨取引所に登録する必要がありますが、どの取引所に登録するべきか悩む方も多いと思います。ここでは長期投資におすすめの仮想通貨取引所4社についてご紹介します。