クラーケン(Kraken)の口コミ・評判・口座開設

グローバル水準のセキュリティと高い流動性を誇る仮想通貨取引所

クラーケン(Kraken)は、2011年に米国で誕生した世界最古の取引所の一つであり、強固なセキュリティ対策と高い流動性で知られています。グローバルで50以上の仮想通貨と7つの法定通貨(ユーロ、米ドル、カナダドル、ポンド、日本円、スイスフラン、オーストラリアドル)の取引サービスを提供しています。クラーケンの日本現地法人であるペイワードアジア(Payward Asia)は、2020年10月に日本における仮想通貨取引サービスを本格的にスタート。信託契約の受託先として日証金信託銀行と契約し、法令に基づいてユーザーの預託資産を安全に管理しています。

Kraken(クラーケン)の概要

取扱通貨 ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
XRP
販売所 BTC、ETH、XRP、LTC、BCH
取引所 BTC/JPY、ETH/JPY、XRP/JPY、LTC/JPY、BCH/JPY
その他サービス
各種手数料 法定通貨入出金手数料 ■法定通貨入金
・銀行振込
住信SBIネット銀行:手数料無料(振込元の金融機関による振込手数料を除く)

■法定通貨出金
250円(最低金額1250円/回)

仮想通貨入出庫手数料 ■入庫手数料
無料

■出庫手数料
Bitcoin:0.00015 BTC
Bitcoin Cash:0.0003 BCH
Ether:0.0035 ETH
Litecoin:0.002 LTC
Ripple:0.02 XRP

現物取引手数料 販売所:1.5%
取引所:取引量に連動した手数料(最低0%)
信用取引手数料
先物取引手数料
その他手数料
証拠金
追証基準
ロスカット基準
その他 アプリ
不正ログインに対する損失補償

※2021年8月時点の情報となります。最新情報に関しては下記サイトをご覧ください。

Krakenの最新情報

Krakenのメリット

  1. 初心者でもエキスパートでも使いやすい取引所
  2. 透明な手数料体系
  3. 業界最高水準のセキュリティ
  4. 24時間・年中無休のカスタマーサポート

初心者でもエキスパートでも、使いやすい取引所

クラーケンの販売所はビットコインや他の仮想通貨を即時に売買することができます。決済前に「購入する仮想通貨の数量」、「交換レート」、「金額」、「手数料」の詳細が明示されるので、コスト面で安心して取引できるでしょう。取引所では指値・成行注文が可能な「シンプル」モードの他、手数料通貨を選択したり、条件注文やストップロス・テイクプロフィット指値などを設定できる「中級」「上級」モードを選択できます。また、チャートを見ながら取引できるKraken Proも利用可能です。

透明な手数料体系

クラーケンでは取引の種類ごとに手数料を定めており、取引所での売買手数料は直近の30日取引ボリューム、そしてメイカー/テイカーによって決まります。注文が取引板に並ぶことにより流動性を作る取引を「メイカー取引」と呼びますが、クラーケンではメイカー手数料を業界最安値水準に設定することでマーケットメイカーを誘致しています。

販売所の売買手数料を一律1.5%としていることもポイントです。高い流動性を誇るクラーケンの取引所では希望価格で取引が執行できるよう最小1ピップのスプレッドを提供しており、販売所のスプレッドも他社に比べて小さい傾向があります。

国際標準のセキュリティ

クラーケンは国際標準のセキュリティを確保し、世界最高レベルの安全性を実現することで、ユーザーが安心してサービスを利用できる環境づくりに努めています。日本では、ユーザーが入金した仮想通貨の100%をオフラインでインターネットから隔離された複数の物理的な場所に分けて保管しています。同社のサーバーは24時間監視カメラと警備員によって監視され、物理的なアクセスとコード変更は厳密に制限されています。

24時間・年中無休のカスタマーサポート

クラーケンのカスタマーサポートは、日本語をはじめとするあらゆる言語に対応可能な専門スタッフが24時間年中無休でオンラインで対応しています。

Kraken(クラーケン)の運営会社

取引所名 Kraken
取引所URL https://blog.kraken.com/japan/
運営会社名 Payward Asia株式会社
資本金 9億6085万9709円(資本準備金含む)
上場の有無
資本構成
設立年月日 2018年9月13日
代表者氏名 千野剛司
代表者の略歴 慶應義塾大学卒業後、東京証券取引所に入社。日本証券クリアリング機構にてOTCデリバティブの清算プロジェクトに参画し、日本取引所グループ(JPX)の清算決済分野の経営企画を担当。2016年よりPwC JapanのCEOチーフオブスタッフとして、経営企画、社内改革プロジェクトに従事。2018年に仮想通貨取引所クラーケンを運営するPayward, Inc.に入社、2020年3月より現職。2021年6月にJVCEA副会長に就任。オックスフォード大学経営学修士(MBA)修了。
本社所在地 東京都千代田区二番町9−3
加盟団体 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会(JVCEA)(理事・副会長)
一般社団法人 日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)(理事)
ライセンス登録 暗号資産交換業 関東財務局長 第 00022 号

※2021年8月時点の情報となります。最新情報に関しては公式サイトを御覧ください。

その他の仮想通貨取引所・販売所も見る

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。