クラーケン・ジャパン、エンジンコイン(ENJ)の取扱い開始

クラーケン・ジャパンは4月27日、暗号資産エンジンコイン(ENJ)の取扱いを開始した。

ENJは、NFTプラットフォームである「エンジン・プラットフォーム」で使われる暗号資産。エンジン・プラットフォームは開発者向けのソフトウェアであり、イーサリアム基盤のブロックチェーンでアートやゲーム用のアイテムなどさまざまなデジタル資産を発行・管理することができる。エンジンのプラットフォームで作られたデジタル資産は、ENJで価値がつけられる。

エンジンは、2009年にシンガポールで設立したブロックチェーン技術開発企業。これまでに12億個のデジタル資産をエンジンのプラットフォーム上で立ちあげている。エンジンはソフトウェア開発キット(SDK)を提供しており、エンジン・プラットフォーム上で作ったデジタル資産のゲームやアプリへの統合もサポートしている。

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。