TAG 米ドル

FXコラム

CPIと小売売上高でドル円はどうなる?利下げ見通しやインフレ動向についても解説【2024年5月】

2024年5月現在、アメリカのCPIが発表によりインフレ圧力の緩和が確認され、金利が低下し一時的にドル安となりました。9月の利下げ予想が上昇しています。本稿では、プロトレーダーの筆者が、アメリカのCPIと小売売上高を受けた市場動向と、今後のドル円シナリオを解説します。

ロボアドバイザーコラム

ドル指数が示す「ドル1強」時代 資産を守る方法を投資のプロが解説

2024年5月現在、ドル高の波が世界を揺るがし、私たちの生活にも影響が及んでいます。円安による物価高騰、新興国経済の不安定化、世界的な景気減速の悪化は、一体いつまで続くのでしょうか。また、不透明な経済状況下で、私たちはどのように資産を守ればよいのでしょうか。本記事では投資のプロである筆者が、ドル高の背景と影響を解説し、AIを活用した新しい資産運用の手段についてもご紹介します。是非参考にしてみてください。

FXコラム

日銀金融政策決定会合でドル円はどうなる?急伸の理由や今後の相場展開も解説【2024年4月】

2024年4月現在、日銀金融政策決定会合を受け、ドル円は一時158円まで急伸しました。政策変更は予想通り据え置きとなったものの、円安を牽制する発言や政策はなく、市場にとってサプライズとなりました。本稿では、プロトレーダーの筆者が、日銀金融政策決定会合や、ドル円の動きを解説します。是非参考にしてみてください。

FXコラム

アメリカの雇用統計を受けてドル円はどうなる?利下げ見通しや為替介入も解説【2024年4月】

2024年4月現在、アメリカのインフレ再燃が懸念されており、労働市場が落ち着いてくるかに注目が集まる中、アメリカの雇用統計が発表されました。本稿では、プロトレーダーの筆者が、雇用統計や今後のドル円の方向性について解説します。是非参考にしてみてください。

FXコラム

FOMCでドル円はどうなる?パウエル議長発言や利下げ織り込みについても解説【2024年2月】

2024年2月現在、アメリカのFOMCでは政策金利の据え置きが発表されました。アメリカの中央銀行の動向は、FXだけでなく株式市場や債券市場などに影響を及ぼすため、注目が集まっています。本稿ではプロトレーダーの筆者が、FOMCの内容やパウエル議長の発言や市場の動向を整理し、今後ドル円相場について解説します。是非参考にしてみてください。

FXコラム

アメリカの雇用統計は予想を大幅に上回る強さに 今後のドル円相場や注意点も解説【2024年2月】

2024年2月現在、アメリカの雇用統計にて予想を大幅に上回る強い数字が発表され、市場の注目が集まっています。一方で労働市場に関するその他の指標を見ると、決して労働市場が強いと言い切れないデータが出ており、慎重に判断する必要があります。本稿ではプロトレーダーの筆者が、アメリカの雇用統計や労働市場のその他の指標を整理し、ドル円を中心に今後の相場展開を解説します。是非参考にしてみてください。

FXコラム

テクニカル分析のポイントは?プロトレーダーのドル円トレンド解説も【2023年11月】

テクニカル分析に興味があるものの、上手く活用できていないFX初心者は、多いのではないでしょうか。本稿では、プロトレーダーの筆者が、テクニカル分析を利用する際のポイントと、トレンドを判断する方法を解説します。2023年11月現在のドル円市場のポイントも解説しますので、是非参考にしてみてください。

FXコラム

地政学リスクが市場に与える影響は?影響を受けやすい資産3つ紹介やドル円の動向も

2023年10年現在、イスラエルとハマスの戦争が始まり、中東情勢から先進国に影響を与え、原油価格が上昇しています。戦争のような地政学リスクが発生した際に、自分の資産を守るためには、どのようにリスクをコントロールしたらいいでしょうか。本稿ではプロトレーダーの筆者が、地政学リスクがどのように市場に波及するのか、ポイントを整理して解説していきます。イスラエルの戦争がドル円動向に与える影響も解説するので、参考にしてみてください。

FXコラム

ドル円でFX、スワップポイントはいくらもらえる?外貨預金との比較やスワップポイントの計算式を解説

2023年9月現在、日本は低金利政策を行っており、円預金だけでは大きく資産が増えない状況です。一方でアメリカやオーストラリアは日本よりも政策金利が高く、外貨の保有を検討している方は多いのではないでしょうか。本稿ではプロトレーダーの筆者が、外貨を保有する手段としてFXを紹介します。日本の低金利をメリットに変える方法も解説しますので、参考にしてみてください。

FXコラム

米国の雇用統計は強弱混在でドル円はどうなる?利上げ見通しやポジションの取り方も解説【2023年9月】

2023年9月現在、アメリカで再度利上げが行われるかに市場参加者の注目が集まっています。本稿では利上げ予想に影響を与える雇用統計を解説し、ドル円相場を解説します。プロトレーダーの筆者がポジションの取り方も解説しますので、是非参考にしてみてください。

FXコラム

FOMC・日銀政策会合でドル円はどうなる?タカ派・ハト派シナリオ別の値動きやトレード戦略も解説

2023年7月現在、アメリカのFOMCや、日銀政策会合に注目が集まっています。2022年7月は、ドル円は約1週間で145円付近から137円台まで急落しています。年間の値幅は平均で10円程度であるため、かなり激しい動きでした。本記事では、プロトレーダーの筆者がFOMCと日銀政策会合についてと、FOMCがタカ派だった場合とハト派だった場合に分けてシナリオを解説します。トレード戦略も紹介しますので、参考にしてみてください。

投資ニュース

Funds、大口投資家向け米ドル建てファンドの取扱いを開始。国内企業の米ドルファイナンスの新たな選択肢に

固定利回りの資産運用サービス「Funds(ファンズ)」を運営するファンズ株式会社は6月29日、不動産会社の株式会社ADワークスグループを借り手企業とした大口投資家向け米ドル建て私募ファンドを取扱い、今月16日付で組成に至ったと公表した。投資は10万米ドル単位、年利は5%超(税引前)。

FXコラム

アメリカの雇用統計でドル円はどうなる?詳細なデータや利上げへの影響も解説【2023年6月】

2023年6月現在、アメリカの雇用統計を受けて、株式市場が急騰しました。ドル円も下落基調から反転し、上昇する動きを見せています。本記事ではプロトレーダーの筆者が、雇用統計の内容を詳細に解説し、米国の利上げやドル円への影響を解説します。参考にしてみてください。