TAG 円高

FXコラム

プロトレーダーが注目する通貨ペアは?各国の金融政策も解説【2024年6月】

2024年6月現在、各国の金融政策に違いが出始めています。本稿では、プロトレーダーの筆者が、米ドル・日本円・ユーロ・オセアニア通貨のポイントおよび、テクニカル分析から見たトレード戦略を解説します。注目の通貨ペアを3つ紹介するので、是非トレードの参考にしてみてください。

FXコラム

PCEデフレーターでドル円はどうなる?日経平均株価や日銀の動向も解説【2024年6月】

2024年6月現在、アメリカのPCEデフレーターの結果を受けて、利下げ期待からドルが下落しやすい展開となりました。本稿では、プロトレーダーの筆者が、2024年6月の市場動向を分析し、PCEデフレーター、日経平均株価、ドル円の展望について解説します。是非参考にしてみてください。

FXコラム

CPIと小売売上高でドル円はどうなる?利下げ見通しやインフレ動向についても解説【2024年5月】

2024年5月現在、アメリカのCPIが発表によりインフレ圧力の緩和が確認され、金利が低下し一時的にドル安となりました。9月の利下げ予想が上昇しています。本稿では、プロトレーダーの筆者が、アメリカのCPIと小売売上高を受けた市場動向と、今後のドル円シナリオを解説します。

FXコラム

日銀金融政策決定会合でドル円はどうなる?急伸の理由や今後の相場展開も解説【2024年4月】

2024年4月現在、日銀金融政策決定会合を受け、ドル円は一時158円まで急伸しました。政策変更は予想通り据え置きとなったものの、円安を牽制する発言や政策はなく、市場にとってサプライズとなりました。本稿では、プロトレーダーの筆者が、日銀金融政策決定会合や、ドル円の動きを解説します。是非参考にしてみてください。

投資信託コラム

2024年の相場のポイントは?日銀のマイナス金利解除や日本株・米国大統領選を解説

2024年は米国やロシア、インドなど世界各地で重要な選挙が行われます。選挙結果によっては、マーケットが大きく動く可能性があるので注意が必要です。また、日本では日銀のマイナス金利解除がいつになるのかとう点に注目が集まっています。この記事では2024年の注目ポイントについて解説します。

FXコラム

2023年のFX市場相場まとめ 米株・米国債・金相場や2024年のポイントも解説

2023年もいよいよ残りわずかとなりました。2023年の相場は、2022年に続き大きな値動きを見せました。特にドル円の値動きは、2023年の年初に予想されていた展開とは全く異なり、難しい相場だったでしょう。本稿ではプロトレーダーの筆者が、2023年の値動きを振り返りつつ、2024年のポイントを解説します。是非参考にしてみてください。

FXコラム

ドル円急落の原因は?雇用統計の結果や今後のドル円動向も解説【2023年12月】

2023年12月現在、アメリカでは雇用統計が発表されました。雇用統計の発表前には、ドル円が急落しており、今後の動向に注目が集まっています。本稿では、プロトレーダーの筆者が、雇用統計の結果や、ドル円急落の背景、今後のドル円動向を解説します。是非参考にしてみてください。

FXコラム

12月は相場が荒れる?トレードの注意点やドル円の動向も解説【2023年12月】

12月は、海外投資家がクリスマス休暇に入るため、取引量が減少し、相場が急変しやすくなる傾向があります。本稿では、プロトレーダーの筆者が、12月の相場の特徴を踏まえた注意点や、ドル円動向を解説します。米金利や日銀動向についても解説するので、参考にしてみてください。

FXコラム

テクニカル分析のポイントは?プロトレーダーのドル円トレンド解説も【2023年11月】

テクニカル分析に興味があるものの、上手く活用できていないFX初心者は、多いのではないでしょうか。本稿では、プロトレーダーの筆者が、テクニカル分析を利用する際のポイントと、トレンドを判断する方法を解説します。2023年11月現在のドル円市場のポイントも解説しますので、是非参考にしてみてください。

株式投資コラム

米国株の調整はどこまで?ドル円の高値目処や円安材料も解説【2023年11月】

2023年10月現在、強かった米国株に調整の兆しが見え始めました。本稿では、プロトレーダーの筆者が、米国株の下落の背景と、このまま下落が進行した場合の下値の目安を過去の米国株の値動きから考察します。また、ドル円と株式市場の相関関係から、円高に振れる材料や、トレードをする上で知っておきたいポイントについても併せて解説します。是非参考にしてみてください。

FXコラム

夏は枯れ相場で円高に?季節性の値動きをFX戦略に活用する方法を解説

FXにはアノマリーと呼ばれる、季節性の値動きの癖があると言われています。玉石混交で、FXトレードに使えないものもある一方で、投資家の動向を背景としたものもあります。表面上の動きだけでなく、「なぜそのような動きになるのか?」という点まで理解することで、FX戦略に活かすことができます。今回は、プロトレーダーである筆者がアノマリーについて解説します。

FXコラム

米国の雇用統計は強弱混在でドル円はどうなる?利上げ見通しやポジションの取り方も解説【2023年9月】

2023年9月現在、アメリカで再度利上げが行われるかに市場参加者の注目が集まっています。本稿では利上げ予想に影響を与える雇用統計を解説し、ドル円相場を解説します。プロトレーダーの筆者がポジションの取り方も解説しますので、是非参考にしてみてください。

FXコラム

日本株投資とFX、どちらもトレードするメリットは?ポートフォリオの作り方も解説

日本株だけに投資している方は、意外と多いのではないでしょうか。ポートフォリオにドル円のショートを加えれば、日本株が下落した時の、ポートフォリオ全体の値下がり幅の抑制が期待できます。また、ポートフォリオに円以外の通貨を組み入れることで、通貨を分散でき、ポートフォリオ全体のリスクの軽減が期待できます。本稿ではプロトレーダーの筆者が日本株に投資している方に向けて、FXをポートフォリオに取り入れるメリットを解説します。

FXコラム

日銀の政策修正は利上げではない。今後のドル円の動向をプロトレーダーが解説【2023年8月】

2023年8月現在、日本銀行の金融政策が、世界の注目を集めています。米国では利上げがそろそろ最終地点となっており、ユーロ圏でも同様の状態です。一方これから利上げとなりそうな日銀は、日本円の動向を探る大事な材料と言えるでしょう。本稿では、日銀の政策変更について、プロトレーダーの筆者が解説します。FX初心者の方は、勘違いしやすい内容でもあるため、是非参考にしてみてください。

FXコラム

日銀政策会合でドル円はどうなる?日銀政策会合やFX戦略を解説【2023年8月】

2023年8月現在、日銀の日銀政策会合にてイールドカーブコントロールの修正が発表されました。日銀が発表した直後には、ドル円は141円まで上昇し、その後138円まで急落するなど、一時的に激しい動きになりました。本記事では、プロトレーダーの筆者が日銀政策会合のポイントや、今後のドル円動向を解説します。ポジションの取り方も紹介するので、参考にしてみてください