TAG ビットコイン

仮想通貨

2021.4.15 暗号資産マーケットレポート【NASDAQにCoinbase上場】

昨日のビットコイン相場は一度上昇するもNY時間に下落。ビットコインは上昇ムードを継続するも、昨日のビックイベントである米大手暗号資産取引所CoinbaseのNASDAQ上場という話題で持ち切りとなる中、NY時間オープン後にCoinbase株の取引中止報道から調整ムードとなり、一時61,000ドル付近まで下落。

仮想通貨コラム

【2021年度決定版】ビットフライヤーで仮想通貨投資を始める方法:口座開設編

ビットコインやXRP(エックスアールピー)、イーサリアムなど、仮想通貨投資に挑戦したい方にとって、最初のステップは仮想通貨取引所でアカウントを開くことです。ここでは、国内利用率が最も高い仮想通貨取引アプリを提供しているのが「bitFlyer」で口座開設する方法についてご説明します。

仮想通貨

2021.4.14 暗号資産マーケットレポート【ビットコインは最高値を更新】

昨日のビットコイン相場は上昇。61,000ドル台半ばの高値を更新すると、64,000ドル手前まで上昇し最高値を更新している。61,000ドル台半ばを更新したタイミングではストップロスが出たのか急進する動きを見せており、高値揉み合いとなっていることから過熱感はなくなってきている。

仮想通貨コラム

IOSTとは?暗号資産投資家がIOSTを購入する上で注目すべきポイントを解説

今回は第3世代のブロックチェーン技術として注目されるIOST(アイ・オー・エス・ティー)という仮想通貨(暗号資産)を取り上げます。IOSTの解説に関してはネット上でもいくつか見られますが、正直分かりづらい印象をお持ちの方が多いのではと思います。そこで今回は初心者の方でもIOSTの特徴を理解し、今後の予測や取引における注意点が理解できるように解説します。

仮想通貨

2021.4.12 暗号資産マーケットレポート【ビットコインは60,000ドルの大台を突破】

何度も叩かれていた60,000ドルのレジスタンスラインを突破すると一時61,000ドル手前までストップロスを巻き込みながら上昇する動きとなった。しかし短期的な買い戻しのフローを促した後は調整安となり、58,000ドル付近まで下落。その後押し目を探す展開で下げ止まり、朝方60,000ドル台を突破する動きとなっている。

仮想通貨コラム

最短当日にビットコインを購入できる、仮想通貨取引所のスマホアプリを紹介

最近は多くの仮想通貨(暗号資産)取引所がオンライン本人確認「e-KYC」を導入しており、最短1日で取引を開始することができます。アカウント開設からトレーディングまでスマホを使って管理できるので、誰でもスピーディに仮想通貨相場に参加できる様になっています。ここでは、スマホ1台で仮想通貨投資を始めるのにおすすめの取引所をご紹介します。