TAG ドルコスト平均法

投資信託コラム

投資信託を毎日積立できる証券会社は?毎日積立のメリット・デメリットも

積立投資を検討したものの、どのくらいの周期で買い付けたらいいのか、お迷いの方もおられるのではないでしょうか。

証券会社では、毎月の積立を中心に、毎週、毎日と買付サイクルを選択できるサービスが増えています。この記事では、買付サイクルの違いによる特徴と、毎日積立のサービスを提供している証券会社の紹介をします。積立投資をお考えの方はご確認ください。

ロボアドバイザーコラム

積立投資にロボアドバイザーはおすすめ?知っておきたい6つの特徴

今回は「ロボアドバイザー(以下、ロボアド)の積立投資が投信積立やファンドラップとどこが違うのか」「ロボアドで積立投資を行うとどのようなメリットがあるのか」を解説します。ロボアドの性能や特徴を確認しながら、積立投資でロボアドをおすすめする理由についてもご紹介します。

投資信託コラム

積立投資におすすめのサービスは?証券会社の比較や積立投資の始め方も

積立投資は定期的に一定額を積み立て購入していく投資方法です。毎月の積立は少額から可能な上、自動引き落としにすれば手間もかからないので、初心者の方でも手軽に継続できます。一方でコスト負担を含めたサービス選びが重要になります。そこでこの記事では、今注目されている積立投資におすすめのサービスや証券会社をご紹介します。

ロボアドバイザーコラム

ウェルスナビの評判は?メリット・デメリットや手数料・実績も

ウェルスナビは、働く世代から支持されて拡大を続けているロボアドバイザーサービスです。ほとんど自動で資産運用を行ってくれるため、投資や資産運用に詳しくない方や、仕事で忙しくて時間が取れない方でも気軽に始めることができます。この記事では、ウェルスナビのメリット・デメリット、評判・実績などについて詳しくご紹介します。

投資信託コラム

つみたてNISAのメリットとデメリットは?損しないための使い方も

つみたてNISAは、NISA(少額投資非課税制度)の中でも積立に特化した制度で、初心者でも取り組みやすく配慮されています。ただし、使い方によってはメリットを生かせなくなるので、始めるにあたっては基本的な仕組みを理解する必要があります。

この記事ではつみたてNISAのメリット・デメリットや損をしない運用のポイントを解説します。

投資信託コラム

積立投資、暴落時の対策とNG行動は?ベテラン投資家の実体験も

積立投資は10~20年といった長期で投資をしていく手法なので、途中で1回や2回の暴落にあう可能性は高くなります。私も2001年のITバブル崩壊、2008年のリーマンショック、2020年のコロナショックなど、何回も暴落を経験しています。

ただ、暴落を避けることはできないので、暴落時にどのように対応するかを事前に決めておくことが大切です。この記事では暴落時の対策と、NG行動について解説します。

暗号資産取引所の使い方

長期的な仮想通貨の投資ならコインチェックとビットフライヤーどちら?それぞれのサービスを徹底比較

2019年7月に行われた楽天インサイト調べによると、仮想通貨投資を始める投資家のうち、「およそ3人に1人(30.8%)が投資未経験者」ということが明らかになっています。将来的に必要な資金を仮想通貨投資で貯えたいと考えながら、何から始めてよいかわからない方もいるかと思います。

暗号資産取引所の使い方

仮想通貨の長期投資に向いている仮想通貨取引所は?おすすめ3社を紹介

仮想通貨(暗号資産)に興味はあっても、投資を始めようかどうか迷っている方も多いのではないでしょうか。仮想通貨は価格変動が大きい市場なので、短期投資か長期投資かによって投資の取り組み方を分けるのも一つの方法です。今回は長期投資にスポットを当て主な運用手段と、長期投資に便利な仮想通貨取引所を3社をご紹介します。

暗号資産取引所の使い方

仮想通貨の積立投資サービスを利用できる、仮想通貨取引所を徹底解説!

仮想通貨(暗号資産)取引所が増える中、積立投資サービスを提供する取引所も増えてきました。初めて仮想通貨投資をする場合、どこの取引所で口座開設するべきか迷ってしまうケースもあると思います。長期投資を考えるのであれば積立投資サービスがある企業を選択肢に入れておくと良いでしょう。ここでは、2022年2月時点で積立投資サービスを提供している仮想通貨取引所について詳しく解説していきます。

株式投資コラム

米国株の積立投資、メリット・デメリットと対応サービスは?

日本の投資家の間では米国株の人気が高まっています。背景には、日本経済が超高齢化社会に入っているため株価の高い成長が期待できない一方、米国経済は今後も高い経済成長が見込めるため、株価の成長が期待できるからです。また、米国株が1株から投資できることも人気の一因です。

SBI証券や楽天証券では、米国株の積立投資が可能です。積立投資の良い点は、長期的な目線に立つことで株価水準を気にすることなく一定の株式を購入できることです。積立投資は、継続すればするほど株数が増えるため、将来的に大きな資産を形成することが可能です。

そこで、今回は米国株積立投資のメリット・デメリットなどについて解説します。

暗号資産取引所の使い方

初心者でもできる3つのビットコイン投資戦略【知っておきたいコツコツ投資法】

仮想通貨をこれから投資ポートフォリオに組み込もうと検討している方は、長期的な目線で投資計画を立ててみてはいかがでしょうか。日本の仮想通貨取引所では長期投資に便利なサービスを設けています。ここでは、初心者でもできるビットコイン投資戦略について解説します。

投資信託コラム

SBI証券のつみたてNISA、評判は?メリットと注意点、注目銘柄も

SBI証券は、ネット証券会社の中でも有数の大手証券会社です。つみたてNISAの口座開設数も170万以上(NISA・ジュニアNISA含む)と、多くの人に支持されています。

今回は、SBI証券のつみたてNISAにおけるメリットや注目銘柄について解説していきます。「興味があるけれど、どんな証券会社かわからない」という方向けに、評判や注意点にも触れていくので参考にしてください。

暗号資産取引所の使い方

長期投資でビットコインを購入するなら。HEDGE GUIDE編集部おすすめの仮想通貨取引所・販売所

仮想通貨投資初心者におすすめの投資戦略は、価格変動に翻弄されずに安定的に投資できる長期投資です。ここでは長期投資でビットコインを購入するのにおすすめの仮想通貨取引所・販売所をピックアップします。ぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨コラム

SBI証券の暗号資産ファンドに学ぶポートフォリオ【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

近年、世界的に仮想通貨(暗号資産)を組み入れたETFが増えています。日本国内でもSBIグループが仮想通貨を組合せた投資商品「暗号資産ファンド」を販売しました。そこで今回は、SBI暗号資産ファンドと仮想通貨のポートフォリオの組み方について解説したいと思います。

仮想通貨コラム

仮想通貨積立サービスを提供している仮想通貨取引所4社を徹底比較

長期投資の中でも積立投資は頻繁に取引する必要がないので、取引に慣れていない投資の初心者でも選択しやすい投資方法です。ここでは仮想通貨の自動積立サービスができる取引所4社をご紹介します。月々の最小設定数や対応している仮想通貨、積立タイミングなどは各社異なるので、利用前にサービス内容を確認しておきましょう。

仮想通貨コラム

積立投資が簡単・便利!仮想通貨(暗号資産)取引所のサービス内容を比較!

仮想通貨(暗号資産)に興味を持ちながらも、なかなか投資に踏み出せない方は多いのではないでしょうか。ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨は価格変動が激しいので、購入時期を判断しにくいことも、そうした要因の一つかと思います。そのような場合におすすめの投資戦略が「積立投資」です。積立投資は購入のタイミングを分散させることで価格変動リスクを軽減できるので、投資経験の少ない方でも取組みやすい手法です。この記事では仮想通貨の積立サービスを提供している4社のサービス内容を詳しく解説します。

投資信託コラム

つみたてNISAのおすすめ銘柄は?人気10本の手数料や成績比較も

つみたてNISAは、少額から定期的に金融商品を買い付けることで、税制優遇措置を受けながら資産形成を行える制度です。投資初心者や未経験者でも取り組みやすいため、口座数は2021年6月時点で40万口座を超えており、長期投資に向いた様々な銘柄が運用されています。

そこでこの記事では、つみたてNISAの特徴や初心者向けの銘柄について詳しくご紹介します。つみたてNISAを始めたい方や、長期投資に向いた銘柄を知りたい方は参考にしてみてください。

株式投資コラム

初心者におすすめの株式投資サービス5選。手数料やメリットを比較

初心者でも株式投資を始めやすいサービスが各証券会社から続々とリリースされています。従来の株式投資と比べて少額で行えること、手数料の安さ、運用の手軽さなどが特徴で、スマートフォンがあれば場所を問わず株取引ができます。そこでこの記事では、投資初心者の方にもおすすめの少額投資が可能で低コストな株式投資サービスをご紹介します。