TAG DAO

NFT

2023年はDAOの政治化に注目 要となるデリゲートとは?

2023年、我々はDAOの政治化が進むとみている。現実の政治と同じように派閥やグループ同士の駆け引きが投票の結果を大きく左右する時代が来るだろう。実際、DAO運営の老舗であるメーカーでは、派閥が勃興してきたという分析も出ている。本稿では、DAOの仕組みとDAO運営の要となるデリゲート、そしてメーカーにおける派閥分析を解説する。

NFT

DAO(自律分散型組織)で変化するNFT「ヘッジー」が秘めたポテンシャル

ハリネズミをモチーフにした「Hedgies(以下、ヘッジー)」は、DEX(分散型取引所)のdYdXが販売する独自のNFTだ。取引所が販売するNFTならではの特典を備えており、多くの優秀なトレーダーが所有している。しかし、ヘッジーのポテンシャルは、既存の特典に留まらない。本当に注目すべきなのは、dYdXのコミュニティではさまざまなユーティリティ付与が議論されている点だ。

DAO

NTTドコモとAstar Networkの提携に見る今後の方向性は

22月10月31日、株式会社NTTドコモは日本発のパブリックブロックチェーンAstar Network(ASTR)の開発を手がけるStake Technologies株式会社(ステイクテクノロジーズ)と、Web3.0のさらなる普及のために協力して取り組むことを記した基本合意を締結したことを明らかにしました。今回は、NTTドコモとAstar Networkの提携について、その概要や今後の方向性などを詳しく解説していきます。

DeFi

分散型取引所(DEX)がバイナンスを越える日は来るのか?

CEXにはハッキング被害や突然取り決められる出金停止など、ユーザーが直接的に被害を受けるケースが多発している。最近のFTXの破綻による出金停止やユーザー資産の流用は、CEXだからこそ起きた問題と言える。これにより、正しい資産の保管方法や本来あるべき取引所の仕組みを議論する機会が増え、分散型取引所(DEX)が注目を集め始めた。本稿では、DEXがバイナンスを超えるかもしれない3つの理由を世界最大のDEX「dYdX」を例に挙げて解説する。

暗号資産取引所の使い方

仮想通貨取引所bitFlyerがシンガポールのBOBG社と提携した目的とは

22年10月21日、国内の大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の運営などを手がける株式会社bitflyer holdingsは、シンガポールを拠点とするBOBG PTE. LTD.と業務提携契約を締結したことを明らかにしました。今回は、bitFlyerがBOBGと提携した目的について、提携の概要などを踏まえながら詳しく解説していきます。

NFT

Coincheck NFT(β)で取り扱いが開始されたDecentralandのLANDとは?

22年3月30日、コインチェック株式会社が運営しているNFT(非代替性トークン)マーケットプレイス「Coincheck NFT(β)」が、「Decentraland(ディセントラランド)」というメタバース(仮想空間)プロジェクトの仮想土地である「LAND」の取り扱いをスタートしました。この記事では、Coincheck NFT(β)で取り扱いが開始されたDecentralandのLANDについて解説します。

NFT

元素騎士オンライン -METAWORLD-とNFTプロジェクトのコラボレーション第一弾【Soulz】について解説

メタバースプロジェクトとして発足したばかりの「元素騎士Online -METAWORLD-」が、NFTプロジェクトとのタイアップ第一弾として「SoulZ」との提携を発表しました。SoulZは和風テイストが特徴のイーサリアム上のNFTコレクションであり、世界で注目を集めています。今回は元素騎士Online -METAWORLD-とNFTプロジェクト「SoulZ」のコラボレーションについて解説します。

NFT

レイヤー2(L2)上で広がるNFTの世界

イーサリアムにおけるガス代高騰の解決策として様々な方法が考案されていますが、その一つが「レイヤー2(L2)」と呼ばれるものです。レイヤー2によって処理能力の向上を目指し、ユーザーの負担を軽減することを見込めることから、イーサリアム上の様々なDAppsにも利用できるのではないかと期待感が高まっています。今回は、レイヤー2上で広がるNFTについてまとめたいと思います。