TAG 高利回り

投資・マネーコラム

クラウドクレジットの貸し倒れや返済遅延は?投資リスクの対策も解説

クラウドクレジットは社会的な課題を解決し利益を得る社会的インパクト投資と、比較的高い利回りが特徴的なソーシャルレンディングサービスです。そこで今回は、クラウドクレジットの貸し倒れや返済遅延などの注意点と投資リスクについて解説します。クラウドクレジットでの投資を検討されている方はご参考下さい。

投資・マネーコラム

レンデックスの評判は?メリット・デメリットをわかりやすく解説

数ある資産運用方法の中でも、利回りが高めで人気も高いのが不動産案件のソーシャルレンディングです。国内の不動産ソーシャルレンディングの中で最近注目のサービスの一つにレンデックス(LENDEX)があります。この記事ではレンデックスの特徴やメリット・デメリットのほか、評判・口コミ、口座開設の流れについて詳しくご紹介します。

投資・マネーコラム

クラウドバンクの評判は?メリット・デメリットを徹底比較!

ソーシャルレンディングは、運営会社が投資家から集めた資金を企業に融資し、運用益の一部を分配するサービスで、融資型のクラウドファンディングとも言われます。この記事では代表的なサービスの一つである「クラウドバンク」の仕組みやメリット・デメリットのほか、クラウドバンクの評判について詳しくご紹介します。

投資・マネーコラム

オーナーズブック(OwnersBook)のオフィス案件のメリット・デメリットは?レジデンスと比較

オーナーズブックでは多種多様な不動産案件を扱っていますが、中心として扱っているのではオフィスビルなどのオフィス案件、そしてマンションなどを扱うレジデンス案件です。本記事では、二つの案件のメリットとデメリット、特徴を比較して解説していきます。

投資・マネーコラム

2021年のソーシャルレンディングの貸し倒れ・分配遅延の事例は?内容と対策を検証

ソーシャルレンディングは、投資家から集めた資金を事業者に融資したときの金利による収入を投資家に分配する投資方法です。貸付先の事業者から資金を回収できない場合には貸倒れがおき、貸し倒れにならずとも、投資家への返済や分配が遅延するリスクがあります。2021年には、どれほどのソーシャルレンディング会社でソーシャルレンディング案件の貸し倒れや分配遅延が発生したのでしょうか。本記事では、その内容を公開情報から検証していきます。

投資・マネーコラム

COZUCHI(コヅチ)の再開発案件、高利回りの仕組みは?注意したいリスクも

不動産投資型クラウドファンディングのCOZUCHI(コヅチ)は、これまで数億円規模の大型案件や年利10%を超える高利回り案件を積極的に提供しています。投資家にとって、魅力的な案件を提供している不動産投資型クラウドファンディングサービスの一つと言えるでしょう。COZUCHIの再開発案件は、他社と比較して想定利回りも高く、投資家からの人気の高いファンドの一つです。しかし、投資である以上は元本を棄損してしまうリスクがあるため、リターンだけを単純に比較するのではなく、同時にリスクも意識しておくことが大切です。そこで今回はCOZUCHIの再開発案件の仕組みや、投資するときに注意しておくべきリスクをお伝えします。

投資・マネーコラム

COZUCHI(コヅチ)の実績は?過去の募集ファンドから検証

COZUCHI(旧WARASHIBE)は住居用物件や事業用地など、さまざまな種類の不動産に投資できる不動産投資型クラウドファンディングサービスです。同サービスの利用を考えたとき、過去のファンドの実績がどうだったのか気になるのではないでしょうか?そこで今回はCOZUCHIで提供されたファンドから、COZUCHIに実績を検証してみたいと思います。不動産投資型クラウドファンディングを利用した投資を考えている方は参考にしてください。

投資・マネーコラム

COZUCHIの高利回り案件、メリット・デメリットは?他社との比較も

少額から不動産投資ができる不動産投資型クラウドファンディングサービスが増加しています。LAETOLI株式会社が運営する「COZUCHI(こづち)」もその1つです。今回はCOZUCHIが提供する高利回り案件についてメリットとデメリット、他の不動産投資型クラウドファンディングと比較して考察していきます。

投資ニュース

LENDEX、融資額130億円・投資家登録完了数1.4万件突破。2021年6月運用状況

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)サイト「LENDEX」を運営する株式会社LENDEXは、6月28日時点での運用状況を公開した。融資額13,242,320,000円、投資家登録完了数14,287件、2021年6月の新規21件ファンドは全て成立、17件の案件が無事に終了して投資家へ返還したと発表。

投資・マネーコラム

海外案件に投資ができる注目のソーシャルレンディング会社は?

ソーシャルレンディングは高利回りの投資として人気があります。特に最近は成長著しく社会的意義の高い海外案件を取り扱うソーシャルレンディングに注目が高まっています。この記事ではソーシャルレンディングを始めたい方のために、ソーシャルレンディングの基本やファンドの選び方、海外案件に投資できるサービスについて詳しくご紹介します。

投資ニュース

投資初心者がソーシャルレンディングに感じる魅力やデメリットは?LENDEXが満足度調査

株式会社LENDEXは5月11日、全国のソーシャルレンディング経験者を対象に実施した「ソーシャルレンディングの満足度」に関する調査の結果を発表した。お金を借りたい企業とお金を貸したい個人投資家とをターネット上でマッチングするソーシャルレンディングについて、始めたきっかけやメリットを訊ねている。

投資ニュース

コロナ禍の今は「ローリスク・ローリターン」を選ぶべき?LENDEXが「コロナ禍でおすすめの投資」を調査

新型コロナウイルス感染問題は、緊急事態宣言の解除を3月7日に控えているが、投資初心者にとって「この時期に投資を始めて大丈夫なのか」という不安はなかなか払拭できない。株式会社LENDEXは2月18日、投資経験者を対象にした「コロナ禍でおすすめの投資」に関する調査結果を発表した。投資経験者経験者の意見を参考にしてもらう狙い。

投資・マネーコラム

高利回りのソーシャルレンディングは?各社のメリットやリスクを比較

2021年1月現在、数多くのソーシャルレンディングサービスが提供されています。各社ともその特徴は異なるため、自身の投資目的に合ったサービスを選ぶことが重要です。そこで今回は、利回りが高い案件を提供するソーシャルレンディング会社に絞って、そのメリット・デメリット、リスクについて詳しくお伝えしていきます。

投資・マネーコラム

築古アパート経営のメリット・デメリットは?注意点やリスク対策も

築古アパートは建物部の経年劣化の影響で物件価格が下がり、表面利回りが高くなる特徴があります。高利回りの収益性にメリットを感じ、築古アパート経営を検討している方も少なくないのではないでしょうか。そこで本記事では築古アパート経営のメリット・デメリット、注意点やリスク対策について解説します。

マンション投資

中古マンション投資で避けたい物件の特徴は?初心者向けにポイント5つ解説

中古マンション投資をはじめ、不動産投資では物件選びが非常に重要です。物件によって収益性は変わるため、継続的に収益を上げられる物件や価格の下落幅が少ない物件を選定する必要があります。そこで本記事では、中古マンション投資で避けた方が良い物件の特徴を解説します。中古マンション投資を検討されている方はご参考ください。

投資信託コラム

新興国(発展途上国)投資信託のメリット・デメリットは?購入方法も

投資信託を購入している方の中には、新興国型ファンドの特徴やリスクを知りたいという方もいるのではないでしょうか。新興国型ファンドを購入する際は、運用実績に加えて新興国ならではのリスクやメリットも熟知することが大切です。そこで今回は、新興国を対象にした投資信託の仕組みや概要をはじめ、メリットとデメリットも解説します。

投資ニュース

ソーシャルレンディングに向いている人とは?レンデックスが投資家に利用度調査

ソーシャルレンディング投資サービスサイト「LENDEX(レンデックス)」を運営する株式会社LENDEXは10月6日、5年以上投資をしている1060人を対象にしたソーシャルレンディングの利用状況に関する調査の結果を発表した。

投資・マネーコラム

LENDEXの高利回り無担保案件のメリット・デメリットは?リスク対策も

LENDEXは不動産案件を専門に取り扱うソーシャルレンディングです。募集金額も70億円に迫る勢いであり、ソーシャルレンディングの中でも注目度の高いサービスのひとつと言えます。この高利回り無担保案件に投資する時のメリットやデメリットを見ていきましょう。

投資信託コラム

REITの売買のタイミングはいつ?アセットタイプごとに投資戦略を解説

REIT(不動産投資信託)は、株式と同じように証券市場に上場しているため、常に相場が変動しています。そこで今回の記事では、REITで運用される不動産の種類(アセットタイプ)ごとに、どういったタイミングで売買を行うのが適当なのか、説明していきます。