TAG 追証

仮想通貨コラム

暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引におすすめの仮想通貨取引所・販売所3選

半減期を迎えたビットコインの価格動向はますます注目されています。特に価格が乱高下する時期においては、値上がり・値下がりの双方で利益を狙えるレバレッジ取引の取引機会も増えるでしょう。ここでは、HEDGE GUIDE編集部が厳選する、仮想通貨のレバレッジ取引におすすめの仮想通貨取引所・販売所を3つピックアップします。

FXコラム

【FX初心者向け】追加証拠金(追証)、ロスカットとは?取引のポイントも解説

FX取引を始めようと考えているなら、追加証拠金とロスカットについては必ず理解しておかなくてはなりません。なぜなら、それぞれが負債となってあなたに降りかかる可能性があるためです。今回は、FX取引における追加証拠金(追証)とロスカットについて解説します。

株式投資コラム

株式の信用取引とは?仕組みやメリット・デメリット、注意点も

「信用取引って聞いたことがあるけど、どんなものなの?」「信用取引と通常の株式取引とはどう違うのか知りたい」このような方に向けて、今回は株式の信用取引とは何なのか、どのような仕組みなのかについて解説したいと思います。また、株式の信用取引のメリットやデメリット、注意点などについても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

仮想通貨コラム

レバレッジ取引(仮想通貨FX)って本当に危険?知っておきたいリスク管理方法について解説

仮想通貨の取引方法には現物取引とレバレッジ取引があります。レバレッジ取引は「仮想通貨FX」とも呼ばれ、取引所に証拠金を預け入れ、その数倍の資金を使って仮想通貨を売買できます。取引できる金額が大きいため大きなリターンを狙うことが可能ですが、反対に元手資金以上の損失が発生するリスクもあります。これが「レバレッジ取引は危ない」と感じさせる理由です。

レバレッジ取引でリスクを少しでも軽減するためにも、適切な建玉(ポジション)管理や、ストップ注文の設定、証拠金維持率など各取引所のルールを把握しておくことが大切です。そこで今回は、仮想通貨のレバレッジ取引の基本的な仕組み、証拠金維持率について詳しく解説します。

仮想通貨コラム

レバレッジ取引をするならbitFlyer Lightningがおすすめ?注目の仮想通貨取引所3社と徹底比較!

仮想通貨の投資手段には、実際に仮想通貨を売買して資産の値上がり幅からキャピタルゲインを得る「現物取引」と、証拠金を預け入れて投資資金の数倍の金額で売買できる「レバレッジ取引(仮想通貨FX)」があります。仮想通貨取引所の中にはレバレッジ取引を取り入れる企業も増えてきています。ここではbitFlyer のレバレッジ取引について、Hedge Guideが厳選する3つの仮想通貨取引所と比較しながら解説致します。これから仮想通貨のレバレッジ取引に挑戦したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨コラム

レバレッジ取引におすすめの仮想通貨取引所3選!比較表で徹底解説

仮想通貨取引には、実際に仮想通貨を売買してキャピタルゲインを得る「現物取引」と、一定額の証拠金(保証金)を取引所に預け入れることで投資資金の数倍の金額で取引できる「レバレッジ取引(仮想通貨FX:証拠金取引)」があります。仮想通貨のレバレッジ取引では、ロング(買い)ポジションだけでなくショート(売り)ポジションも取れるので、値上がり・値下がりの双方で利益を狙う戦略的な投資が可能です。ここでは、HEDGE GUIDE編集部がレバレッジ取引におすすめする3つの仮想通貨取引所をご紹介します。

仮想通貨

ビットバンクのAndroidアプリが登場。iPhoneに続き、スマホで簡単・便利に取引可能

ビットバンク株式会社が運営する仮想通貨取引所「bitbank」は4月17日、「ビットバンク Androidアプリ」の提供を開始した。同月12日に登場した「ビットバンク iPhoneアプリ」に続き、PCブラウザと同様の使用感でAndroidからも快適にアクセスすることができるようになった。