TAG 確定申告

ふるさと納税

ふるさと納税サイト「さとふる」でお礼品「缶詰・瓶詰」が人気急上昇。内食の時短やアウトドア用に

株式会社さとふるが運営するふるさと納税ポータルサイト「さとふる」で、掲載している28 万点以上のふるさと納税お礼品のうち、「缶詰・瓶詰」カテゴリが人気だ。同社が寄付状況をもとにお礼品のトレンド情報を発信しているニュースレター(10月7日付)によると、今年8月~9月の缶詰・瓶詰のお礼品の寄付件数は前年同期比約16.5倍に伸長。

マンション投資

不動産投資の相談はどこにすればいい?相談先4つと、それぞれ注意点も

物件の運営に加え、納税、資産形成、トラブル時の対応など、不動産投資をする上での悩み事や不安は少なくありません。このような状況に備え、悩みの要因に適した相談できる相手を見つけておくと、すぐに適切なアドバイスをもらうことができ、悩み事や不安を解消することに繋がります。そこで今回は、不動産投資に役立つ相談先をクローズアップし、相談事や注意点について紹介します。不動産投資に関連した悩みを持っている方、相談先に迷っていた方はご参考ください。

ふるさと納税

ふるさとプレミアムが寄付額6%のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン。「クオ・カードペイ」も7%分贈呈

株式会社ユニメディアはふるさと納税サイト「ふるさとプレミアム」で、寄付額の6%分のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンを10月31日まで実施している。サブキャンペーンとして、スマートフォンで使えるデジタルギフト「QUOカードPay(クオ・カードペイ)」を寄付額の7%分プレゼントする。

ふるさと納税

さとふる、「ふるさと納税で応援!SDGs特集」公開。各地に広がる取り組みやお礼品を紹介

ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」を運営する株式会社さとふるは、「SDGs(持続可能な開発目標)週間(9月17日~26 日)に合わせ、全国の自治体・事業者の SDGs に関連する取り組みやお礼品を紹介する「ふるさと納税で応援!SDGs 特集」を公開している。

投資・マネーコラム

投資型クラウドファンディングにかかる税金は?確定申告の手順・注意点も

投資型クラウドファンディングを個人でおこなっている場合、確定申告手続きはどのようにすればよいのでしょうか。投資型クラウドファンディングは、その種類によって性質が異なり、所得税法上の取扱いも異なるので注意が必要です。本記事では、投資型クラウドファンディングにかかる税金について、その種類ごとの所得税の取扱いや確定申告の手順について詳しく解説していきます。

投資・マネーコラム

共有名義でアパート経営を始めるメリット・デメリットは?注意点も

アパートを購入する際、単独名義だけでなく共有名義にして所有することができます。投資規模の大きいアパートなどでは、家族間や特定の投資家同士で共有名義のアパートを所有するケースも見られます。そこで今回のコラムでは、アパート経営を共有名義で行うメリットとデメリット、さらには注意点についても解説します。

投資・マネーコラム

不動産投資、税理士への依頼は必要?投資家が注意したい税務リスクを解説

不動産投資では、様々な税務リスクがあります。税務リスクを軽減するには、専門家である税理士に依頼することが有効です。この記事では、不動産投資に潜在する税務リスクと、それらのリスクが税理士に依頼することでどのように軽減されるのか、について解説します。

ふるさと納税

「さとふる」が利用率No.1のふるさと納税サイトに。会員登録率、認知度、利用したいサイトでもトップ。5万人に調査

ふるさと納税に関するサービスサイトや自治体のウサイトが複数ある中、ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」を運営する株式会社さとふるは、今年1月に実施したふるさと納税に関するアンケートで、「さとふる」が利用率、会員登録率、認知度、利用したいサイトの4項目でNo.1に選ばれたと8月31日付のリリースで公表した。

投資・マネーコラム

マンション売却で注意したい税金は?課税額を軽減する3つの特例も

マンションを売却する際、印紙税、譲渡所得税などの税金が課税される可能性があります。中でも譲渡所得税はマンションの所有期間が5年以内の場合には所得税が30%、住民税が9%と税率が高いため注意が必要です。本記事ではマンション売却時に支払う可能性がある税金一覧、各種税金の軽減措置や控除の特例を解説していきます。

投資・マネーコラム

土地の売却、確定申告が必要になるケースは?必要書類や取得方法も

土地を売却して譲渡所得税が発生した場合、確定申告を行う必要があります。また、税制上の優遇措置を受けるのであれば、譲渡所得税が発生しない場合でも、確定申告が必要です。この記事では、土地の売却において、確定申告が必要になるケースについて網羅的に説明したうえで、申告の際に必要な書類やその取得方法についても解説します。

投資・マネーコラム

不動産の売却、取得費が分からない時の税金はいくらになる?確定申告の手順も

先祖伝来の不動産や、相続した不動産などを売却したとき、その不動産をいくらで購入したか取得費が分からない場合も多いでしょう。そこで本記事では、不動産の売却で、取得費が分からない時の税金の計算方法、確定申告の手順について解説していきます。

マンション投資

不動産投資の確定申告、税理士に依頼する費用は?メリット・デメリットも

不動産所得が20万円以下の場合、確定申告をする必要はありません。しかし、確定申告をしないと抑えられた不動産所得税を多く支払うことになったり、間違えた申告をしてしまうとペナルティが課される可能性があります。この記事では、不動産投資の確定申告について、税理士に依頼する費用、税理士に依頼するメリット・デメリットについて解説します。

ふるさと納税

さとふる、「令和3年7月豪雨 災害緊急支援寄付サイト」で福井県越前町の寄付受付を開始。寄付総額約6200万円超

ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」を運営する株式会社さとふるが7月4日に開設した「令和3年7月豪雨 災害緊急支援寄付サイト」で、8月6日から福井県越前町の寄付受付けが開始された。同サイトで寄付を受け付ける自治体数は15となり、寄付総額は9日午後6時時点で6236万220円、4992件となった。

投資・マネーコラム

不動産売却の確定申告、税理士に依頼する費用は?メリット・デメリットも

不動産の売却は収入額が大きいため、多額の譲渡所得税が発生する場合があります。譲渡所得税の確定申告では、特別控除などの特例を利用することで納める税金が大きく軽減されることもあります。この記事では、不動産売却の確定申告について、税理士に依頼する費用、税理士に依頼するメリット・デメリットについて解説します。

ふるさと納税

土用の丑の日のウナギはふるさと納税のお礼品で!「さとふる」の寄付件数が前年同期比最大約10.3倍に

ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」に掲載している、25万点以上のふるさと納税のお礼品のうち、「うなぎ」カテゴリの寄付件数が2021年1月~6月の間で前年同期比約1.2倍に、6月第1週は約10.3倍に伸長した。

ふるさと納税

墓参り代行や空き家見回り代行など、ふるさと納税で「代行サービス」寄付件数が前年比約2.4倍に。さとふる調べ

ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」で掲載しているふるさと納税のお礼品で「代行サービス」への寄付件数が前年比約2.4倍に増えている。お墓参りや「親孝行」、空き家の見回りなど、コロナ禍で帰省を見合わせる人が利用しているようだ。