TAG 確定申告

投資・マネーコラム

不動産売却後の確定申告の仕方をわかりやすく解説します

不動産売却後の確定申告の仕方がわからず、売却に二の足を踏むことはないでしょうか。利益によっては確定申告をする必要がない場合もあるため、利益の計算方法などについても知っておくと確定申告手続きをスムーズに進めることができます。この記事では不動産を売却した後の確定申告に必要な書類と手順、注意点などについて詳しく解説します。

投資・マネーコラム

マンション売却後の確定申告マニュアル、確定申告が必要なケースやマイホームの特例も解説!

マンションを売却した後には「確定申告が必要な場合」と「そうでない場合」があります。確定申告とは、1年間で得た所得を税務署に申告する制度であり、申告しなかった場合、相応のペナルティが課される場合があります。この記事では個人がマンションを売却した後の確定申告の手順や必要書類一式、注意したいポイントについてまとめました。

ふるさと納税

ふるさと納税新制度で「お礼品見直した」自治体、回答者の50%に。さとふる調査

6月1日開始の「ふるさと納税」新制度について、ソフトバンクグループの株式会社さとふるは自治体167を対象にふるさと納税の活用状況や制度見直しに関するアンケートを実施、17日に結果を公表した。改正地方税法で、ふるさと納税の「お礼品」に関するルールが制定に伴い「お礼品の見直しを行った」と回答した自治体は約50%にのぼった。

投資・マネーコラム

不動産所得の必要経費、節税に役立つ不動産投資の税務知識まとめ

賃貸経営で得られる不動産収入から諸々の必要経費を差し引いたものが不動産所得となります。不動産所得を得た場合には確定申告をする必要がありますが、「経費になるもの」「ならないもの」を正しく理解しておかないと余分に税金を支払うことにもなります。この記事では不動産所得の必要経費について節税対策にも有効な税務知識を解説します。

ふるさと納税

さとふる、2019年4月に22自治体のふるさと納税を取り扱い開始

ソフトバンクグループの株式会社さとふるは5月10日、同社が運営するふるさと納税ポータルサイト「さとふる」で取り扱う自治体数が4月末時点で計575(5県および570市区町村)となったと発表した。同月に22自治体が取り扱い対象となり、また、1自治体のクラウドファンディング事業の受付も開始した。

投資・マネーコラム

不動産売却セミナーに参加する4つのメリットと選び方のポイント

「相場より安く成約した」「成約まで時間がかかった」などといった不動産売却の失敗談を見て、所有している不動産を売却するのに不安になる方もいるでしょう。そこで今回は、不動産売却の失敗を防いで損をしないためのセミナーをご紹介し、またそのメリットや注意点についても解説します。

ふるさと納税

ふるさと納税サイト「さとふる」圧倒的認知度で4年連続首位

ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」を運営するSBプレイヤーズ株式会社の株式会社さとふるが実施したふるさと納税に関するアンケートで、同サイトの認知度および利用意向が1位になった。2位の民間サイトに比較して7倍の圧倒的な支持率で、2016年の初回調査から4年連続。

ふるさと納税

【3月31日終了】フェス招待券と交通費補助券(HIS旅行券)がふるさと納税の返礼品に。佐賀県みやき町に寄付で

ふるさと納税ポータルサイトの「ふるさとプレミアム」において、5月26日(日)に佐賀県みやき町で開催される「みやきMUSIC FESTIVAL2019」に対し、フェス招待券、及び交通費補助券(HISの旅行券)を返礼品とする佐賀県みやき町への寄付の申し込みが開始されている。

仮想通貨コラム

【2019年最新版】仮想通貨の確定申告に便利な損益計算ツール「tax@cryptact」の使い方まとめ

しかし、国内外複数の取引所を利用するユーザーが多い一方、仮想通貨の損益計算サービスはすべての取引所に対応できているとは限りません。そこで、この記事では、HEDGE GUIDE編集部メンバーも実際に利用している仮想通貨の損益計算ツール「tax@cryptact」の利用手順についてご紹介します。

仮想通貨コラム

【2019年最新版】仮想通貨の確定申告に役立つサービス・ツール6選

仮想通貨で20万円を超える利益を得ている場合には確定申告が必要になります。しかし、中には今まで確定申告をしたことがないという人も多いのではないでしょうか?ここでは仮想通貨の確定申告の方法を整理した上で、HEDGE GUIDE編集部がおすすめする仮想通貨の確定申告に役立つサービス・ツールをご紹介します。

投資・マネーコラム

サラリーマンが不動産投資を始めるといくら節税できるの?

不動産投資に興味があっても「本当に節税になるのか」「実際どのくらい税金が安くなるのか」について疑問に感じている方は多いのではないでしょうか。今回はサラリーマンの方が不動産投資を行った場合の節税をテーマに取り上げ、不動産取得にかかる税金の種類や節税できるケース、具体的な節税効果、注意点などを解説していきます。

投資・マネーコラム

アメリカ不動産への投資で失敗しないための7つのポイント

強い経済状況を見せ続けるアメリカでの不動産投資を考えている投資家の方もいらっしゃるでしょう。アメリカ不動産投資では学区を含めた立地選びが重要になることやリアルター(不動産業者)選び、登記調査など独特の注意すべきポイントがあります。そこで今回は、アメリカ不動産投資で失敗しないためのポイントを解説していきます。

投資・マネーコラム

ソーシャルレンディングにかかる税金の種類、節税の仕組みと注意点

投資によって利益を得ていると、その年の税金がどれくらいなのか、気になる方も多いと思います。そこで、この記事では、ソーシャルレンディングにかかる税金の種類、節税の仕組みや注意点などをご紹介しましょう。この記事を読むことで、おおよその税金額がわかり、納税に向けての心構えができるようになります。

投資・マネーコラム

これで怖くない!ソーシャルレンディングの税金と確定申告ガイド

ソーシャルレンディング投資で利益が出たものの、税金が気になってしまう方も多いと思います。この記事では、ソーシャルレンディングにかかる税金・税額について、税金の基礎知識にも触れながら解説していきます。同時に確定申告が必要になるケースについても解説しますので、税金の心配をしている方はぜひご参考にしてください。

投資・マネーコラム

ソーシャルレンディングの税金を節税する6つのコツと注意点2つ

投資で利益を上げると、税金の支払いはつきものです。うまく稼げた年には何とか節税したいと考える方も多いでしょう。ソーシャルレンディングは注目を集める投資対象の一つですが、やはり税金は気になるポイントとなります。今回はソーシャルレンディングの利益にかかる税金の節税ポイントについて説明していきます。

投資・マネーコラム

自宅を売却した時に後悔しないための税金と特別控除の話

自宅を売却したお金は、翌年の確定申告に備えてある程度残しておくことが大切です。売却後にかかる税金は数百万円から1,000万円を超えることもあるため、手持ちの現金が足らず、税金が支払えないケースも少なくありません。そこで今回は自宅売却にかかる税金の種類と、売却後の注意点、税制の特例など活用できるお得な制度をご紹介します。

投資・マネーコラム

【5分で分かる】確定申告が面倒な人へ。不動産売却後の確定申告ガイド

不動産を売却して売却益が生じた場合、翌年に確定申告をする必要があります。「大変そう」「面倒そう」と感じる方も多いですが、申告方法や記載の仕方を事前に知っておくことで簡単に済ませることができます。今回は初めて確定申告をする方でもわかるように、不動産売却後の確定申告の方法や必要書類、申告上の注意点などを解説します。