TAG 確定申告

仮想通貨コラム

ビットコイン決済サービスを提供する取引所「bitFlyer」が初心者におすすめの理由!サービスや利用方法について徹底解説

ビットコインでの支払いと聞くと「複雑で難しそう」と感じるかもしれませんが、非常に簡単に設計されています。スマホにインストールした決済アプリやウォレットや仮想通貨のデビットカードなどを使って、スムーズに仮想通貨で支払いができます。国内では仮想通貨取引所bitFlyerが、ビットコイン決済サービスを提供しており、ビックカメラやエイチ・アイ・エスといった加盟店ネットワークを拡大し続けています。ここではbitFlyerのビットコイン決済サービスについてご紹介します。

投資信託コラム

投資信託で発生する税金と確定申告の方法まとめ

投資信託では購入時や運用時、売却時に手数料が発生するほか、利益が出れば税金もかかります。投資信託では必要コストが思った以上に負担になる場合もあるので、注意が必要です。そこでこの記事では、投資信託の特徴やメリット・デメリットのほか、投資信託で発生する税金の種類・内容、確定申告の方法について詳しく解説します。

ふるさと納税

さとふる、「新型コロナウイルス関連 ふるさと納税応援・支援サイト」を開設

ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」を運営する株式会社さとふるは、新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受ける全国の地域・事業者の支援を目的に、「新型コロナウイルス関連 ふるさと納税応援・支援サイト」を3月12日に開設した。

ふるさと納税

さとふる、「東日本大震災から9年 ふるさと納税で東北を応援しよう」特集ページを公開

株式会社さとふるは、ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」で、「東日本大震災から9年 ふるさと納税で東北を応援しよう」特集ページを3月2日公開した。お礼品を伴わない寄付や東北に足を運ぶ体験型お礼品など、“選べる支援”を提案している。

ふるさと納税

5人に1人が被災地への寄付にふるさと納税を活用、さとふるが8871人に実態調査

ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」は、ふるさと納税で寄付をしたことがある男女計8871人を対象に、ふるさと納税の利用実態に関するアンケート調査を実施、2月27日に調査結果を発表した。回答者のうち約5人に1人がふるさと納税制度を活用し、被災地へ寄付した経験があった。

投資信託

国税庁、新型コロナ対策で確定申告・納付期限を4月16日まで延長

国税庁は2月27日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止の観点から、申告所得税(および復興特別所得税)、贈与税、個人事業者の消費税(および地方消費税)の申告・納付期限を4月16日まで延長すると発表した。これに伴い、申告所得税や個人の消費税の振替納税の利用者の振替日も延長する。

投資・マネーコラム

クラウドファンディング投資で発生する税金と確定申告方法まとめ

投資した資金に応じて配当金や利息を受け取れるのが特徴ですが、クラウドファンディング投資の種類によっては課税対象となるケースもあります。そこでこの記事では、クラウドファンディング投資を検討している方のために、その特徴と種類、発生する税金の内容、確定申告の方法について詳しくご説明するので、参考にしてみてください。

投資・マネーコラム

自宅を売却したら確定申告が必要?やり方と計算方法を解説

自宅の売却によって利益が生じた場合、確定申告が必要です。一方で売却時に損失が生じた場合は確定申告をする必要はありません。しかし、損失が生じた場合でも確定申告を行うと税制上のメリットがあります。この記事では、自宅を売却した際の確定申告のやり方と計算方法について詳しく解説します。

マンション投資

プロパティエージェントの不動産投資の評判は?メリット・デメリットも解説

プロパティエージェントは、マンションブランド「クレイシアシリーズ」を販売、提供するマンション投資会社です。この記事では、プロパティエージェントのメリットやデメリット、実際の評判や口コミについてご紹介します。マンション投資をどの不動産会社で始めればいいかと悩んでいる方は、参考にしてみてください。

ふるさと納税

さとふる「カンタン確定申告」、2年目以降の住宅ローン控除にも対応

ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」を運営する株式会社さとふるは、確定申告書作成サービス「カンタン確定申告」サービスを1月下旬からサイト上で提供する。画面上の案内に従い必要事項を入力するだけで、ふるさと納税にかかる寄付金控除の申告に必要な確定申告書を簡単に作成できるツールで、さとふる経由で寄付をしたことがなくても利用できる。

ふるさと納税コラム

ふるさと納税で人気の馬肉・馬刺しは?2019年の返礼品ランキング

食卓に並ぶ肉と言えば、鶏肉や牛肉が思い浮かぶ人が多いと思いますが、馬肉も人気がある食肉の一つです。馬刺しは生の割に臭いがほとんどなく、子供も抵抗なく食べられます。ふるさと納税では特産地から直接馬肉を貰うことができます。この記事では、馬肉の部位の名称や生産地などを確認した上で、馬肉の返礼品ランキングをご紹介します。

ふるさと納税

さとふる、自治体の返礼品の配送料削減「さとふるおまとめ便」を開始

ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」を運営する株式会社さとふるは12月8日、ふるさと納税のお礼品を経由地までまとめて輸送し、自治体の配送費用負担を削減することを目的とした「さとふるおまとめ便」を2020 年より一部の自治体・事業者の配送で導入開始すると発表した。

ふるさと納税

ふるさと納税見直しに「満足」自治体は5割、さとふるがアンケート実施

株式会社さとふるは、ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」で取り扱う151の自治体と975の事業者に、改正地方税法におけるふるさと納税制度見直しに関するアンケートを実施し、12月9日に結果を公開した。回答自治体のうち、制度の見直しに「満足(9.3%)」「どちらかといえば満足(47.0%)」は5割となった。

ふるさと納税

ふるさと納税サイト「ふるさと本舗」12月6日からAmazonギフト券を抽選でプレゼント

東証一部上場企業の株式会社VOYAGE GROUPのグループ会社である株式会社ふるさと本舗は、特産品ポータルサイト「ふるさと本舗」で12月6日から「ふるさと本舗 特別キャンペーン」として、3万円以上を寄付した人を対象に、抽選で500名にAmazonギフト券1000円分をプレゼントする。

ESG投資

SBI証券がふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」と連携、地方創生へ取り組み。サービス拡充も

株式会社SBI証券が11月29日から株式会社トラストバンクが企画・運営する日本最大級のふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」と連携を開始した。SBI証券の顧客を対象としたふるさと納税に関連するサービスを提供する。

投資・マネーコラム

自宅を売ったら確定申告が必要?確認のポイントと手順を解説

不動産を売却した際の税額の算出方法は複雑で、表面上は利益が出ていなくても、実際に計算して確認したら確定申告が必要だったというケースや、利益が出ていなくても確定申告が必要になるケースもあるので注意が必要です。この記事では、自宅を売った場合に確定申告が必要になる理由と確定申告手順、確認しておくべきポイントを解説します。

ふるさと納税

ふるさと本舗、寄付額の5%分のAmazonギフト券をプレゼント。12月1日から

東証一部上場企業の株式会社VOYAGE GROUPが運営するふるさと納税サイト「ふるさと本舗」で12月からAmazonギフト券を還元する「歳末大感謝祭」キャンペーンを開始。12月1日~12月31日まで、キャンペーンコードを使って寄付すると、寄付額の5%分のAmazonギフト券をプレゼント。