TAG 確定申告

その他企業

仮想通貨の確定申告をオンラインで完結。仮想通貨損益ソフトGtax、freeeと業務提携してサービス開発に着手

仮想通貨の損益計算ソフト「Gtax」を提供する株式会社Aerial Partnersは11月6日、「クラウド会計ソフト 会計freee」を提供するfreee株式会社と業務提携して確定申告をすべてオンライン上で完結させるサービス開発を開始した。

仮想通貨

財務省、仮想通貨の納税は今後オンラインでも完結可能にする見通し

財務省はこのほど、新しい経済取引の普及や多様化した働き方に対応した納税の仕組みに関する検討会「納税環境整備に関する専門家会合」を開催した。10月24日には「第1回 納税環境整備に関する専門家会合」、10月29日には「第2回 納税環境整備に関する専門家会合」が開催され、仮想通貨取引情報の透明性向上に向けた話し合いが行われた。

投資コラム

不動産投資は節税効果が最も高い?お金のプロである私が教える不動産投資を活用した節税の仕組み

なんで不動産投資は節税できるのか、節税の仕組みがわからない、不動産投資を活用したシミュレーションが知りたいなど、知らないことだらけの方も少なくありません。今回は、お金のプロである私が、上手な不動産投資と節税についてご説明します。

どんなものがもらえる?ふるさと納税の返礼品

ふるさと納税では魅力的な返礼品が多数取り揃えられていることから、年末の恒例行事として寄付を行っている方も多くいますが、一体どのような商品が返礼品として用意されているのでしょうか。今回は「各自治体がどのような返礼品を提供しているのか」「どのような返礼品が人気なのか」を紹介し、選ぶ基準や注意したいポイントを解説します。

ふるさと納税のよくある質問をまとめて一挙に解説!

ふるさと納税は応援したい自治体に対し寄付した額に応じて、税金が安くなる上に返礼品が送られてくる制度です。しかし利用するうえでは寄付限度額、返礼品の選び方、控除手続きなど注意するべきポイントがあります。今回はふるさと納税の利用でよくある質問をQ&A形式でまとめました。この記事を参考にふるさと納税をスムーズに進めましょう。

【5分で分かる】ふるさと納税のやり方・方法・手続き完全ガイド

ふるさと納税とは、納税者が応援したい自治体に寄付した額に応じて、所得税や住民税から税金が控除される制度で、寄付をした自治体から寄付額の3割~5割程度の返礼品が送られてくるため人気があります。今回はふるさと納税制度の始め方や、職業別の手続きのポイントをわかりやすく解説していきます。

「ふるさと納税したいけど、確定申告は面倒…」そんなあなたにオススメのワンストップ特例制度

ワンストップ特例制度とは、簡単に言えば「ふるさと納税を行ったときに、確定申告をしなくても税金控除を受けられる仕組み」のことをいいます。今回はワンストップ特例制度を使ってふるさと納税を行うメリットや、具体的な手続き方法について解説します。

ふるさと納税の寄付金は何に使われる?知っておきたい寄付金の使い道

本来ふるさと納税制度は、地域を活性化させるための財源を確保しようとする手段であり、ふるさと納税の利用者は、魅力的な返礼品という経済的なメリットを受けるのと同時に、地域活性化に貢献することができます今回は、ふるさと納税の寄付金の使い道を通して、ふるさと納税が具体的にどのように地域に役立っているのかを解説します。

住宅ローン利用者はふるさと納税をいくらまでお得に利用できる?

住宅ローン控除対象者の場合もふるさと納税をすることは可能ですが、住宅ローン控除額によってはふるさと納税がただの寄付になるケースがあります。今回はふるさと納税制度の概要・控除の仕組みと、住宅ローン利用者が利用する際に気を付けたいポイントについて説明していきます。

実はカンタン!ふるさと納税の確定申告方法と流れを解説

ふるさと納税は、自分が応援したい地方自治体に寄附を行うと、寄附先の自治体から返礼品を受け取れるほか、所得税・住民税が安くなります。そこで今回はこれまで確定申告をしたことがない方でもわかるように、ふるさと納税後の確定申告の方法を解説していきます。

投資コラム

5分で分かる!はじめてのソーシャルレンディング確定申告ガイド

ソーシャルレンディング投資で収入を得ると、「自分の税金はいくらになるのか」「自分の収入で確定申告は必要なのか」「確定申告はどのように行えばいいのか」など、年度末に向けて税金や申告が気になる方は多いと思います。「確定申告が必要になるかもしれない…」と感じるだけで、ソーシャルレンディングに取り組むハードルは高くなるのではないでしょうか。

ふるりの評判・口コミ

ふるりは、株式会社MLJが運営するふるさと納税の専門サイトで、お礼品が探せるだけでなく自治体の情報発信に非常に力を入れています。「行ってみたい」「見てみたい」「触れてみたい」など、好奇心をくすぐられ、実際に足を運んでみたくなるような場所やことがらを記事として紹介。また、それぞれの自治体で抱えている様々な課題や日々の取組みについて、詳細な内容を掲載して応援してもらうなど、ただお礼品を探せるだけでなく、寄付先の自治体のことが深く知ることができるコンテンツとなっています。

ふるなびの評判・口コミ

ふるなびは、東証一部上場企業の株式会社アイモバイルが運営するふるさと納税の専門サイトで、お礼品は3万件超、登録自治体数は200超となっています。(数値は2018年9月調査時点)サイト内に控除上限額シミュレーターがあるため、「まずは、いくら利用できるのか知りたい」「利用可能額を計算するのが面倒くさい」という方も使いやすくなっています。

さとふるの評判・口コミ

さとふるは、テレビCMなどでも放映されている国内トップクラスのふるさと納税のポータルサイトで、お礼品の登録件数は47,592件、登録自治体数は448と非常に大きな規模を誇ります。(数値は2018年9月22日調査時点)申込みから最短1週間でお礼品が届き、VISA・MasterCard・JCBなど主要なクレジットカードでの支払いができるだけでなく、ソフトバンクまとめて支払い、au かんたん決済、ドコモ払い、コンビニ決済、ペイジー等も利用が可能です。

投資コラム

忙しい会社員ほどソーシャルレンディングをはじめるべき3つの理由

「投資に興味がある」「将来の蓄えが不安」と考えても、投資の勉強や運用をする暇がないぐらい、忙しい会社員は多いと思います。そんな方には、ソーシャルレンディングがオススメです。この記事では、会社員の方にソーシャルレンディングがおすすめの3つの理由をご紹介します。

投資コラム

会社員の不動産投資はバレたらまずい?副業の3つの注意点とは?

いまだに従業員の副業を規制している企業も少なくありませんが、最近は働き方の多様化により、副業を解禁する中小企業だけでなく大手企業も増えています。今回は、サラリーマンが副業として不動産投資を行うことは実際には問題ないのか、副業として不動産投資を行う際の注意点は何か、という点についてまとめていきたいと思います。