TAG 短期投資

株式投資コラム

野村證券のIPO投資の評判は?案件数、主幹事実績などを他社比較

野村證券は国内IPOシェアが発行額ベースで首位となっており、「IPO投資に強い証券会社」として知られています。そこで、この記事では野村證券のIPOについて、他社と案件数などを比較し、その特徴を詳しくご紹介します。また、野村證券でIPO投資をするメリット・デメリット、評判やIPO投資を始める手順なども解説します。

投資・マネーコラム

クラウドバンクの評判は?メリット・デメリットを徹底比較!

ソーシャルレンディングは、運営会社が投資家から集めた資金を企業に融資し、運用益の一部を分配するサービスで、融資型のクラウドファンディングとも言われます。この記事では代表的なサービスの一つである「クラウドバンク」の仕組みやメリット・デメリットのほか、クラウドバンクの評判について詳しくご紹介します。

投資信託コラム

長期投資に向く・向かない投資信託の特徴は?ファンドの選び方も

近年では、老後資金は個人資産形成によって捻出する自助努力の考え方が一般的になりつつあります。

年金制度は資産形成をサポートするものであって、生活費の全てをまかなう事はできません。そんな中、資産形成を計画するにあたって、長期運用に適したファンドを検討している人も多くいるのではないでしょうか。

多くの投資信託は長期運用を前提とした商品設計となっていますが、中には長期運用に向かないファンドもあります。記事内では、長期運用に向くファンドや向かないファンド、選び方などを紹介しています。資産運用のファンド選びで迷っている人は、参考にしてみてください。

株式投資コラム

株のトレードは副業でできる?会社員・公務員でも取り組める方法は

近年は国を挙げて副業の推奨がなされていますが、株のトレードも多くの方が取り組んでいるものの一つとなっています。

株のトレードは、投資家のニーズや状況によってさまざまなトレード方法が存在します。そこで今回は、株のトレードは副業としても可能かどうか、会社員や公務員の方でも取り組める株のトレード方法について、具体的に解説していきます。

株式投資コラム

株式投資の分析にはどんな手法がある?それぞれの特徴と使う状況は

株のトレード手法には主に、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析という二種類の手法があります。両者はそれぞれ独自の特徴を有しているため、効率よく株を運用し利益を最大化するためには、これらの特徴をしっかりと理解し、状況によって使い分けることが鍵となってきます。

そこで今回は、株のトレードの主な手法であるファンダメンタルズ分析とテクニカル分析について、それぞれの特徴と使う状況などを具体的に解説していきます。

株式投資コラム

立会外分売、2022年上期の実績と勝率は?値上がり銘柄の傾向も分析

立会外分売は、割引価格で株式を購入できるので、安く株式を取得したい方や、分売企業の成長性に着目する方に適した取引方法です。立会外分売を実施する銘柄は、ネット証券で手軽に申込みできるので、誰でも参加可能な点も大きな特徴となっています。

この記事では、2022年上期に実施された立会外分売について、詳しく説明していきます。実績や勝率、値上がり銘柄の傾向に興味のある方は、参考にしてみてください。

投資信託コラム

人気のレバレッジ・インバースETFは?手数料や成績を比較【2022年7月】

市場のトレンドに乗れば大きな収益を狙えるレバレッジ型と、価格下落局面に収益を狙えるインバース型ETF。双方ともピンポイントにうまく活用すると、効率よく収益を得ることができます。

レバレッジ、インバース型ETFについて、なんとなくハイリスク・ハイリターンなイメージを持ちつつも、詳しい概要を知らない人も多いのではないでしょうか。収益を狙えると言われても、運用スタイルが把握できないと思い切って投資するのも難しいでしょう。

当記事では、レバレッジ・インバース型ETFの基本的な概要から、上手な活用方法まで、網羅的に紹介しています。これからレバレッジ・インバース型のファンドにも投資してみたいと考える人はご確認ください。

株式投資コラム

株式トレードの始め方は?初心者向けの証券会社と注意点も

株式投資には、企業の成長に投資する方法と、株価の値動きに着目し売買を繰り返す方法(トレード)があります。企業成長に投資する場合には財務分析、株式トレードの場合にはチャート分析が中心です。

初心者の方が株式トレードを始めるには、準備や心構えが必要です。そこで今回は、株式トレードの始め方や注意点について解説します。

投資信託コラム

レバレッジ型「Direxion ETF」の評判は?主なファンドの比較や注意点も

投資信託の人気ランキング上位にはインデックスファンドほか、レバレッジ型投資信託(ファンド)が入っています。レバレッジ型は、指数の2倍、3倍の値動きを目指した投資信託で、短期間に大きく変動するため一部の投資家の間では人気です。

しかし、レバレッジ型には大きな収益機会があるものの、大きな損失を出してしまうこともあるため、特に初心者の方は注意する必要があります。今回は米国でレバレッジETFを数多く組成している運用会社DirexionのETFについて、評判やコストなどを解説します。

投資信託コラム

原油ETFを買うメリットとデメリットは?主な銘柄の比較も

2021年から2022年にかけて原油の価格上昇が世界的なトピックとなり、原油ETFに注目している方もいるのではないでしょうか。原油ETFは少額投資ができて便利な一方、価格変動が激しいといった注意点もあります。

この記事では原油ETFのメリット・デメリットを解説し、代表的な3つの銘柄を紹介します。原油ETFの投資を検討する際の参考としてください。

株式投資コラム

立会外分売、2021年の実績と勝率は?値上がり銘柄の傾向も分析

立会外分売(たちあいがいぶんばい)は、通常より割引された価格で株式を購入できることから、投資家に人気のサービスです。2021年も数多くの立会外分売が実施されましたが、実績や勝率はどの程度だったのでしょうか。

この記事では2021年に実施された立会外分売について、勝率などの結果をまとめ、値上がりした銘柄の傾向について解説します。

FXコラム

バイナリーオプションのメリット・デメリットは?取扱証券会社も

資産運用に対する関心が高まる中、相場が上がるか・下がるかを予想する「バイナリーオプション」に注目している個人投資家の方もいるのではないでしょうか。バイナリーオプション(BO)は、二者択一のシンプルな取引構造により、誰でも手軽に取引を行える一方、投機性が高い上、予測するのが難しいという特徴があります。

この記事では、バイナリーオプションについて詳しく知りたい方のために、メリット・デメリット、バイナリーオプションを取り扱っている金融機関をご紹介するので、参考にしてみてください。

株式投資コラム

株トレーダー向きの証券会社5社は?手数料や取引ツール、評判で比較

これから株式取引に積極的にチャレンジしたいという方もいるでしょう。証券会社にはさまざまな特徴がありますが、株トレーダーに適した会社にはどのような特徴があるのでしょうか。

今回は株の取引回数が多い方に向いた証券会社を5社選び、手数料や取引ツールなどで比較しながら解説します。

投資・マネーコラム

不動産投資型CF、少額・短期で投資できるサービスは?おすすめ5社紹介

不動産投資型クラウドファンディングのリスク管理の方法として、金額を少しずつ分散したり、短期運用ができる案件に投資するという方法があります。投資を始める際は、できればリスク管理を念頭に置いて投資をしたいと考える方もいるでしょう。そこで本記事では、少額投資ができるサービスや、短期投資ができるサービスを5社ご紹介していきます。

株式投資コラム

株のテクニカル分析ツールが充実している証券会社は?評判と使い方も

株取引では、「相場は強気か弱気か」「銘柄は買い時か売り時か」など相場の流れを掴み、売買タイミングを見極めることが大切です。そこで多くの個人投資家は、勝率を高める手段として証券会社の提供する「テクニカル分析」を活用しており、市場の動きを予測する環境を整えています。

そこでこの記事では、株のテクニカル分析ツールについて詳しく説明します。テクニカル分析ツールが充実している証券会社や評判、使い方について興味のある方は、参考にしてみてください。

株式投資コラム

テクノロジー銘柄の値動きの特徴は?日本株と米国株の有名銘柄も

テクノロジー銘柄は、株価が大きく上昇する可能性があることから、個人投資家にも人気があります。ただ、投資するときはリスクについても理解しておくことが大切です。この記事では、テクノロジー銘柄のメリット・デメリットと、日米の有名な銘柄を紹介します。