TAG 相続対策

投資・マネーコラム

不動産の生前贈与と相続、どちらが良い?相続税と贈与税を比較

相続予定の不動産を贈与した場合、相続税ではなく贈与税という税金が課税されます。相続予定の不動産を相続するか、生前贈与するかどちらを選ぶべきか検討している方も多いのではないでしょうか。今回は、相続予定の不動産を相続する場合と生前贈与する場合を比較し、それぞれの税制メリットについて解説します。

投資・マネーコラム

遺産分割協議書を作る手順は?相続の開始から相続財産の確認方法まで解説

遺産分割協議協議の後には、遺産分割協議書を作成しますが、遺産分割協議には相続人全員が参加するといったルールがあり、遺産分割協議書は相続人全員が押印・署名を行う、印鑑証明書が必要などの規定があります。そこでこの記事では、遺産分割協議までの流れと遺産分割協議書の作成方法や手順、遺産分割協議書作成後の流れをお伝えしていきます。

投資・マネーコラム

相続不動産が未登記だった時の対応方法は?手順や注意点を解説

遺産の中に未登記の不動産が含まれていた場合、どのような手順で相続を進めれば良いのかお悩みの方も多いのではないでしょうか。この記事では未登記の不動産を相続する手順と注意点をお伝えしていきます。相続不動産が未登記だったことが発覚しお困りの方は、ご参考下さい。

投資・マネーコラム

相続放棄のメリット・デメリットは?不動産活用・売却の手順も

被相続人(亡くなられた方)が住んでいた又は保有していた不動産を売却する事が難しい場合、処分をする手間や時間をかけたくない時には「相続放棄」により財産の相続を放棄することができます。今回は相続放棄のメリットとデメリット、相続放棄ができなくなるケース、不動産を相続した時の活用方法や売却の手順についてお伝えしていきます。

投資・マネーコラム

不動産相続、相続人がいない時はどうする?相続財産管理人の役割・選任手順

不動産の所有者が亡くなってしまった際、相続権のある相続人同士で話し合いを行い、不動産を含む遺産分割を行います。本記事では、相続人がいないことにお悩みの方向けに、相続財産管理人の役割や選任、その後の流れと相続人がいない不動産の注意点を解説していきます。

投資・マネーコラム

アメリカ不動産を相続する手順は?注意点やプロベートの回避方法も解説

アメリカ不動産にはどのような相続手続きが必要なのか、相続税はかかるのかなど疑問に思う人も多いのではないでしょうか。アメリカ不動産の相続には、プロベートという手続きが必要です。アメリカ不動産の相続手続きと、プロベートの回避方法などについて解説します。

マンション投資

相続対策や家賃収入など不動産投資の目的別のポイントは?

不動産投資の目的には、相続対策や、家賃収入を得ること、所得税の控除などがあり、目的によって投資の進め方や購入する物件、リスクとリターンのバランス調整など、それぞれ違いが生じてきます。本記事では、不動産投資の目的達成のために意識したいポイントについて、目的ごとに分けて解説します。

投資・マネーコラム

不動産相続、配偶者の死亡時の相続手順は?配偶者居住権も解説

配偶者が亡くなった時、不動産を所有している場合はどのように相続を行ったら良いのでしょうか?不動産は分割や評価が難しく相続時に悩まれる方も少なくありません。あらかじめ手順や必要書類をおさえておくことで、手続きがスムーズになる可能性が高くなります。

投資・マネーコラム

高齢になる親の資産管理の手順は?銀行口座・証券・不動産、それぞれ解説

高齢になる親が資産を有している場合、資産管理を自分で行うのが難しくなってくることがあります。本記事では、そのようなリスクを未然に防ぐため、高齢になる親の資産管理を他の家族がスムーズに行える方法と手順、事前にできる対策について解説します。

投資・マネーコラム

不動産相続、代償分割を行うメリット・デメリットは?手順や注意点も

不動産を相続する際、代償分割によって遺産である不動産を分割せずに、特定の相続人が相続する方法があります。本記事では、不動産の相続で代償分割を行うメリットとデメリットを整理して解説します。また、代償分割を行う手順や注意点についても触れていきます。

投資・マネーコラム

山林の相続・売却・相続放棄のメリット・デメリットは?それぞれ比較

「山林を相続してしまったが、どうしていいか分からない」「相続税はどのように計算される?」等、山林の相続にあたり悩む方も多いのではないのでしょうか。今回の記事では山林を相続して活用・売却、相続放棄した際のメリット・デメリットをご紹介します。

投資・マネーコラム

不動産相続、親が認知症になる前に準備・確認しておきたい3つのこと

高齢社会化が進む日本において、認知症の問題は大きな課題となっています。この記事では、不動産を所有している親が認知症になってしまった場合にどのようなことが予測されるのかを解説したうえで、事前できる準備や対策についてご紹介します。