TAG 日銀

FXコラム

CPIと小売売上高でドル円はどうなる?利下げ見通しやインフレ動向についても解説【2024年5月】

2024年5月現在、アメリカのCPIが発表によりインフレ圧力の緩和が確認され、金利が低下し一時的にドル安となりました。9月の利下げ予想が上昇しています。本稿では、プロトレーダーの筆者が、アメリカのCPIと小売売上高を受けた市場動向と、今後のドル円シナリオを解説します。

FXコラム

日銀金融政策決定会合でドル円はどうなる?急伸の理由や今後の相場展開も解説【2024年4月】

2024年4月現在、日銀金融政策決定会合を受け、ドル円は一時158円まで急伸しました。政策変更は予想通り据え置きとなったものの、円安を牽制する発言や政策はなく、市場にとってサプライズとなりました。本稿では、プロトレーダーの筆者が、日銀金融政策決定会合や、ドル円の動きを解説します。是非参考にしてみてください。

FXコラム

アメリカのCPIを受けてドル円はどうなる?日銀のマイナス金利解除の影響やドル円のポイントも解説【2024年3月】

2024年3月18日現在、アメリカのCPIが発表され、予想を超える強い数字を受け、ドル円は方向感のない難しい動きとなりました。本稿では、プロトレーダーの筆者が、CPIや今後のドル円のポイントを解説します。是非参考にしてみてください。

FXコラム

アメリカ雇用統計でドル円はどうなる?マイナス金利解除やアメリカの利下げも解説【2024年3月】

2024年3月現在、アメリカの雇用統計が発表されました。先月の数字が強かったことや、アメリカの利下げ期待が強まる中での発表だったため、市場の注目を集めました。本稿ではプロトレーダーの筆者が、雇用統計の内容を詳細に解説し、今後のドル円のポイントを解説します。是非参考にしてみてください。

株式投資コラム

日経平均はまだ上昇余地があるのか?バブル時との比較やドル円についても解説【2024年3月】

2024年3月現在、日経平均株価が一時4万円を突破し、さらなる上昇が期待されています。本稿ではプロトレーダーの筆者が、日経平均株価の水準をバブル時と比較しながら、今後の上昇余地について検討します。また150円を突破したドル円についても解説しますので、是非参考にしてみてください。

FXコラム

CPIと小売売上高を受けてドル円はどうなる?利下げ予想やマイナス金利脱却についても解説【2024年2月】

2024年2月現在、アメリカでは予想を上回るCPIが発表され、早期利下げ観測が後退する中で金利が上昇し、ドル円は一時151円台まで上昇しました。その後に発表された小売売上高が予想を大幅に下回り、ドル円は急落したものの、すぐに150円台を回復しています。本稿ではプロトレーダーの筆者が、アメリカのCPIと小売売上高や、経済指標発表後の市場の反応、今後のドル円のトレードのポイントを解説します。是非参考にしてみてください。

FXコラム

FOMCでドル円はどうなる?パウエル議長発言や利下げ織り込みについても解説【2024年2月】

2024年2月現在、アメリカのFOMCでは政策金利の据え置きが発表されました。アメリカの中央銀行の動向は、FXだけでなく株式市場や債券市場などに影響を及ぼすため、注目が集まっています。本稿ではプロトレーダーの筆者が、FOMCの内容やパウエル議長の発言や市場の動向を整理し、今後ドル円相場について解説します。是非参考にしてみてください。

FXコラム

ドル円の見通しは?雇用統計のポイントや日銀の動向も解説【2024年1月】

2024年1月現在、アメリカで雇用統計が発表され、市場の注目が集まりました。ドル円の値幅も大きくなり、今後のトレード戦略を練り直している方は多いのではないでしょうか。本稿ではプロトレーダーの筆者が、雇用統計やドル円の動きを解説し、今後の展開を予想します。参考にしてみてください。

株式投資コラム

2024年の相場のポイントは?日銀のマイナス金利解除や日本株・米国大統領選を解説

2024年は米国やロシア、インドなど世界各地で重要な選挙が行われます。選挙結果によっては、マーケットが大きく動く可能性があるので注意が必要です。また、日本では日銀のマイナス金利解除がいつになるのかとう点に注目が集まっています。この記事では2024年の注目ポイントについて解説します。

投資信託コラム

2024年のリスクシナリオは?米国株、日本株が下落する可能性やオルカンのリスクを解説

2023年は米国株、日本株ともに堅調でした。そして、2024年の日本株は、バブル時の過去最高値38,915.87円を更新できるかどうかが注目されています。ただ、米国のインフレ率高止まりや米大統領選、日銀のマイナス金利解除など、株式にとってマイナスになる材料もあります。本記事では2024年のリスクシナリオと対処法について、投資のプロである筆者が解説します。

マンション投資

2024年の不動産市場はどう動く?2023年の振り返りと今後の予測、投資の注意点も

2023年の不動産市場は円安やインフレなどの経済動向の変化を受けながらも、金融緩和が始まった2013年以降のトレンドから大きく変わりなく上昇基調となりました。今回の記事では2023年の振り返りと2024年の見通し、そして不動産投資をこれから検討するうえでの注意点をまとめました。