TAG 少額不動産投資

投資・マネーコラム

不動産小口化商品(任意組合型)のメリット・デメリットは?仕組みや注意点も

不動産小口化商品は小口不動産に投資できる新しい不動産投資方法の一つです。少額資金で投資ができるメリットがある一方、どのような仕組みであるのか、またどのようなデメリットやリスクがあるのか不安に感じる方も多いのではないでしょうか。この記事では、不動産小口化商品の仕組みをご紹介したうえで、任意組合型に焦点を当てて、そのメリット・デメリット・注意点について解説していきます。

投資・マネーコラム

TECROWD(テクラウド)のカザフスタンファンドの特徴は?利回りやリスク、投資の注意点も

国内と中央アジアの不動産物件に投資できるファンドを提供する不動産投資型クラウドファンディングの「TECROWD」(テクラウド、運営会社TECRA株式会社)では、2022年の春ごろから中央アジア・カザフスタンの不動産にも投資できるようになりました。今回はTECROWDが提供するカザフスタンファンドの特徴や利回り、リスク、投資の注意点を紹介します。

投資・マネーコラム

COZUCHI(コヅチ)の特別優先権の仕組みは?獲得する方法や注意点も

不動産投資型クラウドファンディングCOZUCHI(コヅチ)は、1万円から投資ができ、運用はプロに任せられます。本記事では、COZUCHIの特別優先権の特徴や使用方法、獲得方法、注意点などについて解説します。COZUCHIの不動産投資型クラウドファンディングに興味がある方はご参考ください。

投資信託コラム

不動産ファンドに投資する方法は?REIT・クラウドファンディングを比較

不動産投資にチャレンジしてみたいと考えていても、個人でいきなり現物の不動産を所有するのはハードルが高いと考える人もいるでしょう。そこで手軽に不動産投資をする方法として、不動産ファンドに投資する手法を検討する人も増えています。REITやクラウドファンディングを利用すれば、現物保有と比較して少額から不動産投資が可能です。今回はREITとクラウドファンディングの両者の特性を比較していきます。自分が投資するファンド選びの参考にしてください。

投資・マネーコラム

物流不動産ファンドに少額投資ができるサービスは?2社を比較して紹介

ソーシャルレンディングや不動産投資型クラウドファンディングなど投資型クラウドファンディングの中には、物流関係の不動産に投資できるサービスがあります。物流不動産ファンドへの投資を検討している方向けに、本記事では物流不動産ファンドの特徴と、物流不動産ファンドに投資できるサービスサイト2社を紹介します。

投資・マネーコラム

信長ファンディングの評判・口コミは?メリット・デメリットや注意点も

「信長ファンディング」は、愛知県・岐阜県の不動産に特化したプラットフォームを提供する不動産クラウドファンディングサービスの1つです。今回は信長ファンディングの評判や口コミを紹介するほか、利用するメリットやデメリット、注意点も解説するので、参考にしてください。

投資・マネーコラム

CREAL(クリアル)の実績は?過去179億円の運用結果からリターンを検証

CREAL(クリアル)は、クリアル株式会社が運営する不動産投資型クラウドファンディングです。運営会社のクリアル株式会社は2022年4月に上場を果たし、上場後の決算でも増収増益を発表するなど、その事業は順調に拡大しています。本記事では、そのCREALの運営実績の中で投資家へのリターンは一体どのようになっているのか、過去の運用実績からリターンを検証していきます。

投資・マネーコラム

CREAL(クリアル)投資家登録キャンペーンの内容は?エントリー方法も

CREALは少額から不動産投資ができる不動産クラウドファンディングサービスです。居住用物件からオフィス、学校など、収益性の高いさまざまな不動産に投資できるファンドを提供しています。またCREALでは定期的にキャンペーンを実施しており、投資家登録することでさまざまな特典を受けられます。今回は2022年6月にCREALが実施しているキャンペーンを紹介しますので、参考にしてください。

マンション投資

少額不動産投資を始める手順は?1万円・30万円・100万円の予算ごとに解説

不動産投資には興味があるものの、「いくらの資金が必要になるのか不安」という方も多いのではないでしょうか。現代では、1万円など少額の自己資金で不動産投資ができる手法も数多くあり、ローンを活用することで手元資金の少ない方でも不動産投資を始めることも可能となっています。そこで今回のコラムでは、少額で不動産投資を始める手順について、1万円、30万円、100万円の予算ごとに解説していきます。

投資・マネーコラム

海外へ投資する方法は?少額・初心者向けの投資方法を4つ解説

投資の対象となるのは何も日本だけには限らず、日本に住みながら海外の資産に手軽に投資できるサービスや投資商品も増えてきています。そこで今回は海外へ投資する方法のうち、少額投資が可能な初心者向けの方法を紹介します。海外投資を始めたいと考えている方はご参考ください。

投資・マネーコラム

CREAL(クリアル)で投資を始める手順は?ファンドの選び方やリスク対策も

CREAL(クリアル)は、クリアル株式会社が運営する、不動産投資型クラウドファンディングです。2018年12月のサービス開始以降、募集実績を積み重ねており、2022年時点の累計募集金額は160億円を超えます。2022年4月にはクリアル株式会社が東証グロース市場に上場するなど、事業が拡大しているCREAL。今回はCREALで口座を開設する手順、投資する際の注意点などを解説します。

マンション投資

不動産投資を小さく始める方法は?初心者向けの手順や注意点を解説

不動産投資の中には、1万円から数10万円の少額資金から始めることができるものもあります。少額の現金から始めることができる不動産投資は、ハードルが低いだけでなく、その分失敗したときのリスクも低いため、初心者が取り組みやすい投資方法です。この記事では、不動産投資を小さく始める方法について、初心者向けの手順や注意点を解説します。

投資・マネーコラム

不動産ファンドとは?仕組みやメリット・デメリット、少額投資できるサービスも

不動産投資の方法には、実際に不動産を所有して運用する方法だけでなく、不動産ファンドに出資して間接的に運用する方法があります。そこで本記事では、不動産ファンドの仕組みや少額投資が可能なサービスについて解説します。不動産ファンドに興味のある方は、ご参考ください。

投資・マネーコラム

TECROWD(テクラウド)の運営会社TECRA株式会社の実績は?施工実績や決算も

TECROWD(テクラウド)は新興国や日本国内の不動産事業を対象とした投資型クラウドファンディングサービスです。少額から海外ファンドへの投資が可能であり、他のクラウドファンディングサービスと比較して特徴的なサービスとなっています。そこで本記事では、東アジアや中央アジアのファンドを中心に扱う不動産投資型クラウドファンディングTECROWDを運営するTECRA株式会社の概要や実績について取り上げていきます。

投資・マネーコラム

10%超えの高利回り案件に投資できる不動産クラウドファンディングは?メリット・デメリットや注意点も

不動産クラウドファンディングは新しい不動産投資の方法として投資家の注目を集めており、なかには想定利回りが10%を超えるファンドを提供するプラットフォームも存在します。今回は利回りが10%を超える不動産クラウドファンディングを紹介します。高利回りの不動産クラウドファンディングのメリットやデメリット、注意点も紹介しますので参考にしてください。

投資・マネーコラム

property+(プロパティプラス)の投資エリアや物件タイプは?リスクを検証

property+(プロパティプラス)は株式会社リビングコーポレーションが運営する不動産投資型クラウドファンディングです。そこで本記事では、プロパティプラスで投資可能なエリアや物件のタイプなどを確認し、他社との違いやリスクを検証していきます。プロパティプラスでの投資を検討していた方はご参考ください。

投資・マネーコラム

18歳から利用できる少額不動産投資の方法は?初心者向けサービスや投資前の注意点も

2022年4月1日から成年年齢が18歳に引き下げられ、18歳からでも自分の意思で金融商品の契約が行えるようになり、これまで出来なかった不動産投資を始めることも可能となりました。そこで今回は18歳から利用できる少額不動産投資の方法を紹介します。初心者向けのサービスや投資前の注意点も解説するので、参考にしてください。

投資・マネーコラム

不動産投資型クラウドファンディングの選び方は?プラットフォーム・ファンドごとのポイントも

不動産投資型クラウドファンディングは、手元の資金が少ない方でも少額資金で気軽に始めることができる新しい不動産投資の方法です。 不動産投資型クラウドファンディングのサービスを提供するプラットフォームは数多くあり、かつそれぞ…

投資・マネーコラム

少額不動産投資のメリット・デメリットは?1万円から始められる不動産クラウドファンディングも

クラウドファンディングを用いた不動産投資を運営するサービスの中には、1万円から投資を始められるものもあります。 実物不動産投資は不動産の購入資金としてまとまったお金を用意したり、ローンで資金を調達する必要があります。一方…