TAG 利上げ

投資信託コラム

金利とREIT(リート)の関係は?過去の金利引き上げによる基準価額への影響も

日本も利上げへの政策変更を強いられる状況になりつつありますが、市場金利が上昇した場合、REIT市場へどう影響するのか、気になる人もいるのではないでしょうか。

一般的に、市場金利が上がるとREITの運営に悪い影響を及ぼすと言われています。本記事では、実際の事例などを確認しつつ、利上げ状況下のREIT市場について解説します。REITと市場金利の関係性が気になる方はご確認ください。

株式投資コラム

円安解消の動きはなぜ?日米の背景と今後の見通しは【2022年12月~2023年1月】

2022年は大幅な円安ドル高が急速に進行し、世界経済に大きな影響を与えました。年初は1ドル=105円前後だったドル円のレートも、一時は32年ぶりとなる節目の1ドル=150円を超えるなど、前代未聞の高騰をみせ、資産運用を行うにもかなり難しい年となりました。

また、22年末にかけては円安解消の動きが見られるなど、相場転換したともとれるような動きとなっており、23年以降の投資をうまく行うためにも、日米における金融市場の現状をしっかりと把握し、見通しを立てることがより一層重要となっています。

そこで今回は、円安解消の動きはなぜ発生しているのか、その日米における背景と、今後の見通しについて詳しく解説していきます。

FXコラム

アメリカ雇用統計とCPIでドル円はどうなる?日銀の金融政策の動向も解説

2023年1月時点では、ドル円はアメリカの雇用統計やCPIを受け、大きく下落する動きが続いています。日本銀行の動向にも影響を受けているため、複雑に感じる方も多いでしょう。今回はプロトレーダーの筆者が、アメリカ雇用統計とCPIを受けたドル円の動向を解説します。値動きの予想や、日銀の金融政策の動向についても解説します。参考にしてみてください。

株式投資コラム

日銀の金利引き上げ・金融政策の動向は?影響の大きい業種も【2023年1月】

2022年12月20日の午後、金融市場に衝撃が走りました。日本銀行が金融政策決定会合で、長期金利の変動許容幅を従来の0.25%程度から0.5%程度に広げました。これを受けて、10年国債の流通利回りは0.25%程度から0.4%台に急騰し、2023年1月5日発行の10年国債(369回債)の利率は0.5%と、368回債の0.2%から大幅に引き上げられました。

国債金利の上昇は、住宅ローン金利や企業の借入金金利を引き上げるため、景気減速の材料となります。そこで今回は、日銀の金利引き上げ・金融政策の動向や影響の大きい業種について解説します。

株式投資コラム

2023年、注目の業種は?経済動向の予測と注意すべきリスクも

22年はインフレ率の上昇を抑制するためのアメリカによる急ピッチな利上げによって稀に見る大幅な円安・ドル高が進行したほか、年末に向けては円安解消の動きが生じるなど、ここ最近にはないほどの高騰・急落する相場となっています。

そんな中、経済動向を正確に把握し、且つリスクに備えることは今後の株式投資において最も重要なことの一つであると言えるでしょう。

そこで今回は、現状を踏まえた2023年の注目業種のほか、経済動向の予測と注意すべきリスクなどを詳しく解説していきます。

FXコラム

金利や原油と為替の関係は?LINE CFDでのトレード方法も解説

外国為替市場は金利や株式市場、そしてコモディティと色々な商品に密接に関連しています。一方で、投資初心者の場合は、しかし商品単体だけ見てしまい、なかなか関係性が把握できない場合が多いでしょう。金利や原油と為替の関連性を知ると、トレードアイデアの幅が広がります。そこで今回は金利や原油、そして為替市場の関連性を解説するとともに、LINECFDでどのようなトレードが可能なのか解説していきます。

FXコラム

2022年FX市場の振り返り、2023年相場のポイントをファンドマネージャーが解説

2022年は、ロシアがウクライナに侵攻したことで、エネルギーと食料品価格が高騰し、各国中銀は前例のないペースで利上げを実施しました。今回は、2022年のFX市場の振り返りと重要だったポイントについて、ファンドマネージャーである筆者が解説していきます。

投資信託

「2023年の世界経済は第1Qにボラティリティが落ち着き、通期で安定して推移」ナティクシスIMが経済見通し発表

ナティクシス・インベストメント・マネージャーズ株式会社(ナティクシスIM)は12月1日、グローバル・マーケット戦略責任者マブルック・シェトゥアン氏による2023年の経済見通しを発表した。シェトゥアン氏は、ボラティリティ(価格の変動性)の傾向について「23年第1四半期には落ち着き、1年を通して安定して推移する」と予測している。

FXコラム

景気サイクルを活用したFXトレードの方法は?米ドル利益確定のポイントも解説【2022年11月】

景気には、好景気、不景気のサイクルがあります。景気サイクルは、FXにも密接に関連しています。この記事では、景気サイクルの概要や、2022年11月現在の相場を解説します。米ドルを保有している方へ向けて、利益確定のタイミングのポイントも紹介します。

FXコラム

高金利通貨の取引時の注意点は?LIGHT FXでのトレード方法も解説【画像付き】

高金利通貨は、南アフリカランドやメキシコペソなど金利水準の高い国の通貨を指します。スワップポイントが高い一方で、取引する際に知っておきたい注意点がいくつかあります。そこで今回は、「高金利通貨は儲かる?」に対する筆者の見解のほか、高金利通貨取引時の注意点、LIGHT FXでの高金利通貨トレード方法について解説します。

FXコラム

ドル円は130円台に突入、今後のポイントは?プロトレーダーが解説【2022年11月】

2022年11月現在、FX市場では大きく変化が起き始めています。アメリカのCPIを受けて、ドル円は急落する動きとなりました。値幅は6円以上です。日本政府が行なった為替介入と同等の値幅が発生しました。そこで今回は、ドル円の現在の背景と将来の展望や見るべきポイントを解説します。

FXコラム

ドル円は転換点?今後のトレードのポイントや注目通貨ペアも【2022年11月】

2022年11月現在、アメリカの政策スタンスに変更の可能性が出てきています。今回はプロトレーダーである筆者が、ドル高相場が終わった後の相場展開を考えていく上で、押さえておきたいポイントを解説します。また、2022年10月現在のドル円相場についても解説します。参考にしてみてください。

FXコラム

豪CPIで豪ドルはどうなる?カナダ・欧州の政策決定会合と米GDPも解説

2022年10月現在の相場は、米経済指標を受けたFRBの金融政策動向を材料としたUSDの値動きが中心となっています。10月24日からの週は米国の経済指標以外の重要な材料も出てきます。そこで今回は、豪CPI、BOC・ECB金融政策決定会合、米GDP速報値について詳しく解説していきます。

投資信託

「市場の関心はイングランド銀行の利上げ幅に」。英首相辞任でナティクシス傘下企業がコメント

イギリスのリズ・トラス首相が就任からわずか44日で辞任を表明したことを受け、ナティクシス・インベストメント・マネージャーズ傘下のオストラム・アセット・マネジメント、ルーミス・セイレスの2社は10月21日、コメントを発表した。

FXコラム

ドルのトレンド変化で組み入れるべき資産は?ゴールド投資ができるFX会社も解説

2022年10月現在、ドル高が続いています。アメリカの利上げは、来年には止まるとの予想が多くなっています。ドル高が終了に備えて、ポートフォリオの調整を検討している方は、多いのではないでしょうか。そこで今回はプロトレーダーである筆者が、ゴールドを中心に、ドル高のトレンド変化に備えて、保有を検討したい資産について解説します。

FXコラム

重要指標の発表でドルはどうなる?主要国のCPI・GDP・雇用統計も解説

2022年10月現在、英国の財政・金融政策の行方とFRBの金融政策の行方が相場の中心材料でした。英国では減税案を縮小し、GBPは落ち着きました。一方米国では、高止まりするCPI、期待インフレの上昇など、USD買いトレンドが加速しました。ただし、値幅は限定的となりました。今後は米国以外の国の重要指標の発表により、USD以外の他通貨主導で相場が動くことが考えられるため、詳しく解説していきます。

FXコラム

米CPIで米ドルはどうなる?中国共産党大会のポイント解説も

世界中でUSD高・自国通貨安が進行しています。輸入物価の上昇に繋がり、インフレ抑制の課題です。自国通貨安の解消のため、各国中銀は市場に介入しました。しかし、結局米国の経済指標が堅調でFRBの継続利上げが想定され、すぐにUSD買いトレンドに戻りました。今回は、FRBの今後の運営方針にとって重要な材料となる、米CPIとミシガン大消費者信頼感指数と、中国党大会についても解説していきます。

FXコラム

米CPIが弱ければドルは買い?FXで利益を出すための注目ポイントを解説

注目されたFOMCが終わりました。6月以来に発表されたメンバーの政策金利予測(DOTS)が上方修正されました。再び米金利の上昇と共に為替市場でもUSD買いが加速しています。物価が上昇し、利上げ織り込みが加速するたびにUSDは買われていきます。米経済指標が米消費者信頼感指数とPCEデフレータ―が発表されます。今回は、短期的にはUSDロングの調整のきっかけとなるかもしれない、米国の経済指標ついて解説します。

FX

FOMC、3会合連続で0.75%政策金利の引き上げ。ドル円は147円が警戒ラインか。

昨日行われたFOMCは市場の予想通り0.75%の利上げとなり、3会合連続で0.75%政策金利の引き上げが決定された。0.75%政策金利が引き上げられたことによって、FF金利の誘導目標は3.00%-3.25%となったが、パウエル議長の会見で市場が予想している以上にタカ派姿勢が確認されたことから、市場は上下に激しい展開となっている。

FXコラム

ドル円は既に年利50%?相場やレバレッジ、スワップポイントも解説【2022年9月】

022年9月現在、日本の政策金利が引き上げられない環境下で、アメリカでは物価高抑制のために急ピッチで利上げが進行しています。日米の金融政策の方向性の違いはスワップポイントにも影響してきています。ドル円はスワップポイントが期待できる水準になってきました。今回は、ドル円のスワップポイントで資産運用する方法を解説します。プロトレーダーである筆者が、注意点についても紹介します。