TAG 不動産相続

投資・マネーコラム

不動産の相続名義は単独・共有のどちらがいい?メリット・デメリットを比較

相続財産に不動産があり、相続人が複数いて、相続に際して単独名義にした方がよいのか、あるいは共有名義でもよいのか、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。本記事では、不動産の相続名義を単独にするのがよいのか、あるいは共有にするのがよいのか、という点について、共有名義のメリット・デメリットを比較して考えていきます。

投資・マネーコラム

遺産分割協議をやり直す方法は?再協議・取消権・無効の条件について解説

一度遺産分割協議で決定した内容を変えたい場合、相続人全員が合意することで「再協議」が可能です。ただし、再協議は以前の遺産分割協議の「無効・取り消し・解除」を行う必要があり、これらの実行にはそれぞれ一定の要件を満たす必要があります。本記事では遺産分割協議のやり直しについて、無効・取り消し・解除の方法、再協議の注意点を解説していきます。

投資・マネーコラム

離婚時に親の土地で家を建てている場合の対処方法は?財産分与の方法を3つ解説

親の土地に家を建てた場合には土地の名義と建物の名義が異なることによって、相続の手続きが煩雑になってしまうという問題があります。そこで本記事では、親の土地に家を建てている際の財産分与、財産分与の4つのパターン、注意点を解説していきます。

投資・マネーコラム

アパートの相続と生前贈与はどちらが良い?メリット・デメリットを比較

アパートの生前贈与と相続には、それぞれのメリット、デメリットがあります。アパートの譲り渡しを検討する際は、メリット、デメリットを踏まえた上で、それぞれの事情に合った適切な判断をしたいところです。本記事では、アパートの生前贈与と相続のメリットとデメリットを比較して解説し、選択の判断基準についても考えていきます。

投資・マネーコラム

親の山林や農地は相続するべき?メリット・デメリットを検証

親が山林・農地を保有している場合、「将来相続すべきか否か」「相続後はどうしたら良いのか」と悩まれる方も多いのではないでしょうか。山林・農地が不要であり相続を放棄する際には親の相続財産全てを放棄する必要があります。本記事では山林・農地を相続するメリット・デメリット、不要な山林・農地を処分する方法3つを解説していきます。

投資・マネーコラム

昔に相続した不動産の相続登記をしたら相続税はかかる?未登記のリスクも

相続不動産の登記は、相続人全員から必要書類を集める必要などもあり、手続きが面倒です。また、いざ相続登記しようという段階になって、登記したことで相続税がかかるのではないか、と二の足を踏んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。本記事では、昔相続した不動産の相続登記をしたら相続税はかかるのかという点と、相続未登記のリスクについて解説します。

投資・マネーコラム

不動産が含まれる時の遺産分割協議書の作り方・手順は?7つのステップで解説

遺産分割協議書は、遺産分割協議で相続人全員が合意した相続の内容を記載した書類です。相続財産に不動産が含まれる場合、遺産分割協議書はどのような手順で作成するのか、書き方はどうなるのかお困りの方は多い事でしょう。本記事では、不動産が含む相続で遺産分割協議書を作る7つのステップと注意点を解説していきます。

投資・マネーコラム

相続土地の国庫帰属制度はいつから?適用条件なども詳しく解説

相続予定の財産に活用の難しい土地が含まれている場合は「相続土地国庫帰属制度はいつから?」「適用にはどのような条件があるの?」と気になる方も多いのではないでしょうか。本記事では相続土地国庫帰属制度の目的や概要、手続きの流れと適用条件、寄付制度との違いについて解説していきます。

投資・マネーコラム

不動産売却で買主から売却理由を聞かれた際の上手な回答法は?

不動産を購入するにあたって、売主が不動産を売りに出している理由を尋ねる買手は少なくありません。また、理由の伝え方によっても買主の印象は大きく変わるものです。この記事では、不動産売却の理由としてよく聞かれるものをご紹介するとともに、理由ごとに注意すべきポイントなどについて解説します。

投資・マネーコラム

自宅から離れた家の売却を成功させるポイントは?売却依頼の手順や注意点も

不動産の売却活動では、売主が現地に行かなければならないタイミングもあり、スケジュールの調整が付かないと、売却のチャンスを逃してしまうことにもなりかねません。本記事では、自宅から離れた家の売却を成功させるポイントの他、売却依頼の手順や注意点を解説していきます。

投資・マネーコラム

不動産相続で土地の分筆をするメリット・デメットは?注意点も

相続財産に土地が含まれている場合、一つの土地をそのまま相続せず、分筆してそれぞれ相続する方法があります。しかし土地を分筆した結果、土地の形が不整形になってしまって土地の価格を下げてしまうケースもあるため、慎重に検討したいポイントと言えます。本記事では不動産相続で土地を分筆するメリット・デメリット、注意点を解説していきます。

投資・マネーコラム

兄弟でマンションを相続する方法や注意点は?3つのケース・事例も

動産は分割が難しいことに加えて、購入時のローンが残っているケースもあることから、相続時に遺産分割協議で意見がまとまらない事例の多い相続財産です。本記事では相続でおさえておきたい知識とマンション相続の注意点、マンション相続の分割方法4つ、3つのケース別での相続方法や注意点を解説していきます。

投資・マネーコラム

不要な土地・建物・不動産の相続登記はすべき?相続放棄の注意点も

少子高齢化が進む日本において、被相続人(相続財産を遺し亡くなる方)は年々増加傾向にあります。このような状況の中、相続財産に不要な不動産があり、「相続登記は必要ないのではないか?」とお考えの方もいらっしゃいます。本記事では、不要な不動産の相続登記が必要・不要である場合、相続時の不要な土地・建物の取り扱い4パターン、相続放棄・税金に関する注意点を解説していきます。

投資・マネーコラム

未登記の不動産を売却する方法は?手順やポイントを詳しく解説

未登記の不動産は正当な所有者であることを証明することが出来ないため、原則として未登記のまま売却することができません。売却予定の不動産が未登記であることが発覚したら、まずは登記によって所有者を明確にし、その後に売却活動を行う必要があります。本記事では登記情報の確認方法と登記事項証明書(登記簿)の見方、未登記の不動産を売却する手順、未登記不動産を売却する際の注意点をお伝えしていきます。

投資・マネーコラム

相続登記の義務化はいつから?新制度の内容と不動産相続の注意点も

2021年4月に不動産登記法・民法の一部改正・相続土地国庫帰属法の創設が成立・公布され、相続登記の義務化、不要な土地を国に帰属する制度が発足することが決定しました。不動産登記法の改正により取得を知った日から3年以内に相続登記の申請が義務付けられます。本記事では、相続登記義務化の背景、新しい制度の内容、不動産相続にあたっての注意点を解説していきます。

投資・マネーコラム

田舎の土地を相続するメリット・デメリットは?相続放棄の判断基準も解説

人口減少が続く日本において、田舎の土地を相続するのは慎重に検討したい問題の一つです。例えば、「田舎の土地を相続したものの、どうしたら良いか分からず維持費がかさんでゆく」「売却したいが買い手がつかずに困っている」という事例も少なからず見られるためです。相続のメリット・デメリットを知り、比較検討した後に受け継ぐことで、このような事態になるリスクを回避できます。田舎の土地を相続しない場合には、売却や寄付、相続放棄などの方法などが選択肢として考えられるでしょう。本記事では田舎の土地の相続のメリット・デメリット、相続放棄を行う際の判断基準について詳しく解説していきます。

投資・マネーコラム

不動産相続が発生したら検討したい相続・売却・相続放棄のメリット・デメリット

相続財産に不動産がある場合、資産として受け継ぐ「相続」、不動産を「売却」、「相続放棄」するという3つの選択肢があります。相続人の意向や不動産の価額、他の相続財産などによって判断する事になりますが、「どのようなメリット・デメリットがあるのかを知りたい」「どれを選ぶべきか分からない」と悩む方も多いのではないでしょうか。本記事では不動産相続における相続・相続放棄・売却について、メリット・デメリット、判断材料や選択方法についてお伝えしていきます。

投資・マネーコラム

法人名義の不動産を相続する方法は?建物と土地の名義が分かれているケースも

法人の代表や役員が亡くなり法人名義の不動産を個人が受け継ぐ場合、法人名義の不動産は法人の財産となりますので、個人から財産を相続する時と相続の方法や課される税金の種類が異なります。本記事では、法人名義の不動産を相続した場合に課される可能性のある税金、不動産の名義変更の方法、建物と土地の名義が分かれているケースの注意点について解説していきます。

不動産投資コラム

親の土地、名義変更の方法は?生前贈与・相続、それぞれ手順を解説

親の土地を受け継ぐには、生前贈与か相続による取得となりますが、方法によって手順や費用が異なります。また、生前贈与で得た土地が「特別受益」とみなされた場合には、相続の際に相続財産に含め遺産分割を行うことがあります。本記事では土地の名義変更の手順や費用などを生前贈与・相続のケース別で解説していきます。