TAG 不動産クラウドファンディング

国内不動産投資

1万円から始められる不動産CF「ちょこっと不動産」、第1号ファンドの情報公開

オンラインで1口1万円から始められる不動産クラウドファンディング(CF)「ちょこっと不動産」を運営する株式会社良栄は4月15日、第1号ファンド「ちょこっと不動産1号 久米川」の情報を公開した。募集金額840万円、1口1万円で一人当たり投資可能上限口数839口、募集は先着式。募集期間は5月14日から6月13日まで。

国内不動産投資

予定分配率10.0%、不動産投資CF「WARASHIBE」で新規ファンド募集。川崎市の社宅用マンション

株式会社SATASは不動産小口化商品クラウドファンディング(CF)サービス「WARASHIBE(ワラシベ)」で3月22日から新規ファンド「神奈川県武蔵新城Ⅰ」の一般出資申込受付を開始する。1口出資額1万円、募集金額1億3400万円。対象不動産の100%の持分を投資対象としている。

投資・マネーコラム

クラウドファンディングの違いは?5つのタイプ別に仕組みや主なサービスも

個人や企業が行なう資金調達法として、クラウドファンディングを利用するケースが増えています。そこで今回は、クラウドファンディングの概要やクラウドファンディングの種類別の特徴・目的について解説します。クラウドファンディングについて詳しく知りたい方は参考にしてください

国内不動産投資

尾張発の不動産投資CF「信長ファンディング」、3号は岐阜市のマンション。3月25日募集開始

分譲住宅メーカーの株式会社ウッドフレンズが運営する不動産クラウドファンディング(CF)「信長ファンディング」で新規の不動産小口化商品「信長ファンド3号」の情報が公開された。対象物件は岐阜市の6階建てマンション「コレクション岐阜駅」で、契約形態は不動産特定共同事業法に基づく匿名組合契約となり、1口10万円で上限口数100。

投資・マネーコラム

ちょこっと不動産のメリット・デメリットは?投資の手順も解説

不動産投資を考えている人にとって悩みの一つが物件を購入するための資金です。不動産ファンドの種類は様々ある中、2021年3月1日にスタートしたサービスが「ちょこっと不動産」です。この記事では、ちょこっと不動産の特徴やメリット・デメリットなどについて詳しく解説します。不動産投資を考えている方は参考にしてください。

国内不動産投資

オンラインで1口1万円から、不動産CF「ちょこっと不動産」サイトオープン

新しい不動産クラウドファンディング(CF)サービスがスタートした。不動産開発・賃貸事業の株式会社良栄は3月1日、不動産クラウドファンディング「ちょこっと不動産」のサイトをオープンしファンド事業を開始した。専門的な知識や多額の資金は不要、1口1万円から不動産投資を始められる手軽さと簡単さを訴求する。

投資・マネーコラム

オーナーズブック、エクイティ型案件のメリット・デメリットは?リスクも

東証マザーズ上場企業の不動産会社、ロードスターキャピタル株式会社が運営するソーシャルレンディングがオーナーズブック(OwnersBook)です。オーナーズブックの参加方法には主に「貸付型」と「エクイティ型」の二つの方法があります。今回は、エクイティ型案件のメリットやデメリット、注意点をお伝えしていきます。

不動産投資ができるクラウドファンディングサービス

上場企業など大手も参入し始めた不動産投資クラウドファンディング。最近ではESG不動産投資や地方創生、社会的インパクト投資などができるサービスや余ったポイントを不動産投資に回せるサービスなども登場しています。この記事では、注目の不動産投資クラウドファンディングのサービスをピックアップしてご紹介したいと思います。

投資・マネーコラム

口座開設の早い不動産クラウドファンディング、ソーシャルレンディングは?

ソーシャルレンディングや不動産投資型クラウドファンディングに投資家登録を行うには一定の期間が必要であり、人気の先着順案件などでは投資機会を逃してしまうケースも少なくありませんでした。そこで本記事では、迅速に口座を開設できるソーシャルレンディングと、不動産投資型クラウドファンディングをご紹介します。

投資・マネーコラム

大家.comの評判・口コミは?メリット・デメリットや始め方も

2020年には多くの不動産クラウドファンディングが登場しましたが、中でもブロックチェーン技術のSTOスキームを活用した「大家.com」は、新しいサービスとして投資家から注目されています。そこでこの記事では、大家.comの特徴やメリット・デメリット、評判、始め方について詳しく紹介します。

国内不動産投資

都心の中古ワンルームマンション投資、投資家47%が「コロナの影響なし」と回答。プロパティエージェント調査

プロパティエージェント株式会社は中古ワンルームマンションに投資をしている30代〜50代の投資家1033人を対象に調査を実施、10月20日、自社が運営する初心者向け不動産投資情サイト「不動産投資TIMES」で公表した。

国内不動産投資

プロパティエージェント、 顔認証サービスを新築賃貸物件に導入決定。鍵不要の物件を拡大へ

プロパティエージェント株式会社は、子会社のDXYZ(ディクシーズ)株式会社が提供する顔認証システム「FreeiD(フリード)サービス」を、2021年1月竣工予定の賃貸マンション「(仮称)学芸大学プロジェクト」に導入する。

国内不動産投資

プロパティエージェント、中古収益不動産マッチング事業「スマートセカンド」立ち上げ

プロパティエージェント株式会社は8月6日、不動産開発販売事業の一部として、ノンアセット事業となる新事業、中古収益不動産マッチング事業「スマートセカンド」を立ち上げ、新たに専門の部門を新設すると発表した。

国内不動産投資

プロパティエージェント、DX推進によりコロナ禍でも成果

都心の投資用新築マンションの開発・販売・管理などを手掛けるプロパティエージェント株式会社では、政府の緊急事態宣言が発令された4月、前年同月比2.8倍の不動産投資セミナー参加者があり、月間販売数は26%増となった。外出自粛や面接NGで商機が激減していた時期、同社のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進が効果を発揮した。

投資・マネーコラム

不動産クラウドファンディング、物件タイプ別にリスクや利回りを比較検証

投資型クラウドファンディングと一口に言っても、運用される物件によってそれぞれメリットやデメリット、利回りが違ってきます。そこで今回は、各種の不動産投資型クラウドファンディングを見ながら、それぞれの運用物件による違いと特徴を解説します。

投資・マネーコラム

クラウドリアルティは他サービスと何が違う?メリット・デメリットを比較

クラウドリアルティは少額で行える少額で始められる不動産投資型クラウドファンディングです。現物の不動産投資と異なり、まとまったお金や購入後の維持管理などは不要なため投資初心者でも始めやすいサービスとなっています。そこでこの記事では、クラウドリアルティの主な特徴や仕組みの、メリット・デメリットや他サービスと違いをご紹介します。

クラウドリアルティ(Crowd Realty)の評判・口コミ

クラウドリアルティ(Crowd Realty)は、株式会社クラウドリアルティが運営する不動産投資クラウドファンディングです。メガバンクや大手のCVCなどが出資しており、WBSや大手メディアなどでも取り上げられている注目のサービスです。クラウドリアルティの大きな特徴は、投資案件の種類が豊富という点です。

投資・マネーコラム

クラウドリアルティの特徴は?他クラウドファンディングとの違いや注意点まとめ

小口化された不動産に少額投資できる不動産型クラウドファンディングの人気が高まる中、町屋再生などのユニークな案件を中心に取り扱っている「クラウドリアルティ」が注目されています。そこで、この記事ではクラウドリアルティの特徴や利用する際の注意点について詳しくご紹介します。