TAG レバレッジ

マンション投資

自己資金を抑えてマンション投資をする方法とメリット・デメリット

これからマンション投資を始める方の中には、なるべく初期費用を抑えたいという方も多いと思います。一般的に不動産を購入する場合には1割程度の頭金を入れてローンを受ける形になりますが、頭金を入れなくても良い場合があります。この記事ではできるだけ初期費用を抑えて、効率的にマンション投資をする方法について解説いたします。

不動産投資のメリットとデメリット

不動産投資のメリットとデメリットは?他の投資手法との比較も

不動産投資は、他の投資と比べるとよくミドルリスク・ミドルリターンと言われます。不動産投資や他の投資の特徴をきちんと理解しておくことで、投資目的に応じて適切な投資手法を選択することができるようになります。ここでは、不動産投資のメリット・デメリットを整理して概観した上で、他の投資手法との特徴の比較もしてきたいと思います。

投資・マネーコラム

ワンルーム投資で初めてローンを組む際に知っておきたい6つのこと

ワンルーム投資をする際は、投資額が高額になることから一般的にローンを組んで行うこととなります。そのため投資をしたくても借金をするのが不安で、なかなか取り組めないという方もいるでしょう。今回はワンルーム投資でローンを組む際のメリットとリスクなど知っておきたいことを6つご紹介したいと思います。

仮想通貨

bitFlyerがレバレッジ倍率を15倍から4倍に変更、4月22日に変更ルールの適用へ

株式会社bitFlyer(以下、bitFlyer)は2月26日、同社が運営する仮想通貨取引所bitFlyer LightningおよびLightning Futuresのレバレッジ倍率を15倍から4倍に変更すると公表した。レバレッジ取引を新規に注文するユーザーは、2019年4月22日から4倍を超える発注ができなくなる。2019年6月下旬には、全建玉を4倍に統一する予定だ。

仮想通貨コラム

【5分で分かる!】DMM Bitcoinの口座開設、取引の始め方から投資までのかんたんガイド

まだ仮想通貨投資をしていないという方や実際に取引所の口座開設をしているという方は、ぜひHEDGE GUIDE編集部がおすすめするDMM Bitcoinの口座開設を進めてみてください。以下では、DMM Bitcoinの特徴や登録から取引開始までの一連の流れなどをご紹介していきます。

仮想通貨

ビットポイント、最大レバレッジを25倍から4倍へ引き下げ

東証二部上場の株式会社リミックスポイントの完全子会社である株式会社ビットポイントジャパン(以下、ビットポイントジャパン)は12月28日、2019年2月上旬に証拠金取引サービスの最大レバレッジの引き下げを発表した。これにより、ビットポイントにおける最大レバレッジは25倍から4倍へ引き下げとなる。

投資・マネーコラム

リスク分散のためにソーシャルレンディングと組み合わせるべき投資手法は?

ソーシャルレンディング投資をメインの投資手法として収益源にしていきたい場合には、リスク対策については入念に考えなければいけません。ソーシャルレンディング投資はいわゆるインカムゲイン投資であり、毎月安定した収益を得やすい一方で、一度に大きな利益を得ることは難しい投資手法です。

「高い勉強代だった…」とならないために不動産投資で実践すべき3つのこと

不動産投資は、株式投資などと比べて一つの投資の規模が大きく、投資後の売買なども気軽にはできないため、一回一回の投資を非常に慎重に進めていく必要があります。今回は、不動産投資の成功と失敗を分けるポイントのうち、特に重要な以下の3つのポイントについて解説していきたいと思います。

マンション投資

あなたは大丈夫?不動産投資で失敗してしまう人の7つの特徴

不動産投資は、他の投資に比べるとミドルリスク・ミドルリターンと言われていますので、大きく失敗することは少ない投資ではありますが、投資のやり方を誤って破産に至ってしまうケースがないわけではありません。不動産投資で失敗してしまう人には共通した特徴がありますので、以下でひとつひとつ詳しく見ていきましょう。