TAG リスク対策

投資信託コラム

積立投資は新NISAの「投資信託」と「ロボアドバイザー」のどちらがおすすめ?

積立投資に興味を持つ方が増えています。特に最近は「つみたてNISA」や「ロボアドバイザー」などの少額から積み立て可能なサービスが注目されています。そこで、この記事では「つみたてNISA」と「ロボアドバイザー」の基本的な特徴や違い、またつみたてNISAやロボアドバイザーの利用に向く人などをご紹介します。

投資・マネーコラム

レンデックスの評判は?メリット・デメリットをわかりやすく解説

数ある資産運用方法の中でも、利回りが高めで人気も高いのが不動産案件のソーシャルレンディングです。国内の不動産ソーシャルレンディングの中で最近注目のサービスの一つにレンデックス(LENDEX)があります。この記事ではレンデックスの特徴やメリット・デメリットのほか、評判・口コミ、口座開設の流れについて詳しくご紹介します。

投資・マネーコラム

アパート経営で実施したい地震・火災の災害対策は?耐震性に強みがある不動産会社も

アパート経営において、住人の安全を守るために地震や火災に備える対策は欠かせないものです。一方、適切な災害対策を行うことで入居者確保につながるという側面もあります。そこで今回のコラムでは、アパート経営で実施したい地震・火災への災害対策について解説していきます。また、耐震性に優れたアパートを提供する不動産会社も紹介します。

マンション投資

不動産投資の初心者は何に気をつけるべき?始め方・物件購入の流れも

不動産投資は株やFXなどの投資方法と違い、土地や建物などの「現物」が手に入る魅力的な投資方法です。しかしポイントを間違えてしまうと大きな損失を被る可能性もあります。そこでこの記事では、これから不動産投資を始める初心者向けに、気を付けるべき7つのポイントと、不動産投資で失敗してしまう初心者のよくある特徴をご紹介します。

FXコラム

ノックアウトオプションのメリット・デメリットは?具体的な取引方法も解説

「FXに興味はあるが、大きな損失を出すかもしれないのは怖い」「元手を抑えてFXを始めたい」そういったニーズに応えるサービスが「ノックアウトオプション」という商品です。この記事では、ノックアプトオプションが気になっているという方に向けて、ノックアプトオプションの概要やメリット・デメリット、取引方法などについて解説します。

投資・マネーコラム

人口減少の日本でアパート経営をするメリット・デメリットは?エリア選び、リスク対策も

少子高齢化の影響から、日本の人口減少に歯止めがかかる様子はみられません。今後の不動産投資においては、日本の人口が減っていくことを前提として投資戦略を立てることが重要となってきています。今回の記事では人口減少が進む日本において、アパート経営を行ううえでのメリット・デメリットや有効な対策などを紹介していきます。不動産投資の方向性としてアパート経営を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

アパート経営

アパート経営の修繕積立金の目安は?大規模修繕の目安や建物管理のポイントも

アパート経営において、大きな支出となるのが修繕費です。外壁や屋根などを含めた大規模修繕になると、費用は100万円以上になることも少なくありません。そこで今回のコラムでは、大規模修繕の時期や費用などの目安を紹介し、修繕積立金の目安についても解説していきます。また大規模修繕を抑えるための建物管理のポイントも紹介します。

マンション投資

不動産投資の修繕リスク対策は?建物管理に強い・設備保証付きの不動産投資会社も

不動産投資の修繕リスクとは所有する賃貸物件の劣化・損傷に対して修繕を行う可能性があることです。修繕工事は費用が高額になることもあり、その度に経営を圧迫する懸念があります。そこで今回のコラムでは、修繕リスクを回避および軽減する方法を解説し、さらに建物管理に強い不動産投資会社の紹介も行います。

投資・マネーコラム

オーナーズブック「大阪ホテル案件」返済遅延の状況と原因は?気を付けたいリスク対策も

オーナーズブックは1万円からの少額資金で間接的に不動産投資ができるメリットがあり、人気が高く多くのファンド運用実績を持つサービスです。しかし、2019年9月に募集開始された「大阪市中央区ホテル素地」というファンドで返済遅延が起きています。今回のコラムでは返済遅延が起きた原因を確認するとともに、投資先の返済遅延によるリスクを軽減するための対策などをお伝えしていきます。

マンション投資

ワンルームマンション投資の成功事例は?失敗につながる6つの原因も

ワンルームマンション投資は少額資金で始めやすい不動産投資の方法として人気が高く、好立地の物件でも選択肢に入りやすいことから、初心者の方でも始めやすいメリットがあります。しかし、ワンルームマンション投資は家賃収入に対して物件価格が高く、利回りが低くなりやすいデメリットがあり、注意しておきたいリスクもあります。このようなデメリットやリスクに注意を払わないと、想定していた収入を獲得することができずに失敗することがあります。そこで今回のコラムでは、ワンルームマンション投資における失敗原因を解説し、成功事例と比較してポイントを補足します。

マンション投資

初心者が知っておきたい不動産投資の仕組みと流れ、注意点を解説

不動産投資の初心者にとって、不動産投資をすることでなぜ利益が生まれるのか、その仕組みや流れは分かりづらい部分もあるでしょう。この分かりづらさの原因の一つに、不動産投資では知っておくべきことや、やらなければいけないことが非常に多いことが挙げられます。そこでこの記事では、初心者が知っておきたい不動産投資の仕組みと流れを解説しつつ、不動産投資の注意点も併せてお伝え致します。

マンション投資

不動産投資の空室リスクを回避する物件の選び方は?5つのポイントを解説

不動産投資で注意しておきたいリスクの一つに空室リスクがあります。不動産投資では様々な要因で空室リスクが高まる可能性がありますが、特に注意しておきたいタイミングとしては不動産の購入時です。そこで今回のコラムでは、空室リスクを回避するための物件の選び方として5つのポイントを解説していきます。

投資信託コラム

投資信託で大きな大損をしてしまうケースと対策は?

投資信託は複数の投資家の資金をまとめて、複数の金融商品で運用するスタイルをとっているため、市場を介して他の人と取引をする株式と比べて、大幅に資産を減らしてしまう可能性は低くなっています。万が一運用継続が不可能となった場合、ファンドは解散し、出資した資産は償還される仕組みです。

しかし、これから投資信託への投資を考えている人の中には、それでも資産が半分以下になることもあるのでは?などの疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。投資信託は急激に資産が減る可能性は少ないものの、時間をかけて基準価額が目減りしていく可能性はあります。

当記事では、投資信託で大損してしまうケースとその対策法について、詳細を解説しています。これから投資信託への投資を検討しているものの資産が減るのが怖い、という方はご確認ください。

アパート経営

アパート経営ができる築年数の目安は何年まで?築古のリスクや現地調査のポイントも

築古アパートは「利回りが高い」「購入価格が比較的安い」などの特徴があり、気になっている方もいるのではないでしょうか。しかし購入した後、何年くらいアパート経営ができるのか不安もあります。そこで今回のコラムでは、アパート経営は築何年までできるか、法定耐用年数や経済的耐用年数について解説していきます。また、築古アパートのリスクやその対策方法についても紹介するので、ご参考ください。

投資・マネーコラム

アパート経営の初心者におすすめの勉強方法は?4つのポイントや注意点を解説

アパート経営を始めてみたいけれど、どんな知識を身につけたらいいのか、どうやって知識を身につけたらいいのか戸惑うことも多いものです。そこで今回のコラムでは、アパート経営の初心者に適した勉強方法を紹介し、4つのポイントや注意点についても解説します。初めてのアパート経営を軌道に乗せるためにも、ぜひ参考にしてください。

マンション投資

不動産投資の初心者が最低限知っておきたい知識・戦略・注意点は?

不動産投資では初心者の方であっても、自らの意志と責任において投資判断をすることが求められます。不動産投資を成功に導くためには、最低限、どのような知識を身に付けて、どのような点に注意して戦略を立てていけばよいのでしょうか。この記事では、不動産投資の初心者が最低限知っておきたい知識、戦略、注意点について解説します。

マンション投資

中古マンション投資の失敗事例は?それぞれのリスク対策方法も

価格が低い物件もあり、利回りも高めな中古マンション経営は、初心者には始めやすい不動産投資です。しかしさまざまな要因で、失敗してしまう人も少なからずいます。そこで今回のコラムでは、中古マンション投資に失敗した事例を4つ紹介し、中古マンション投資で失敗しやすい特徴、さらに失敗しないための対策についても解説していきます。

マンション投資

賃貸経営を始めるメリット・デメリットは?初心者向けにリスクも解説

賃貸経営は、ワンルームマンションやアパートなどの不動産を所有し、貸借人に貸し出すことで収入を得ていくビジネスモデルです。ビジネスマンの副業として選ばれることもあります。そこで今回のコラムは、賃貸経営を始める場合のメリットとデメリットがテーマです。初心者向けに賃貸経営のリスクとその対策法についても解説していきます。