TAG タイ

暗号資産取引所の使い方

GMOコインがNFT投資に適している3つのポイントとは?【仮想通貨(暗号資産)取引所の選び方】

最近、国内外で様々な有名人や企業がNFT産業に進出する中で、自分もNFTを購入してみたいと考えている方も多いと思います。世界的に最大のNFTマーケットプレイスであるOpenSeaは、日本人も複雑な登録なしに利用できますが、決済通貨としてイーサリアム(ETH)を用意してウォレットに移す等の手順が必要となります。そうしたプロセスを踏まえて国内の仮想通貨取引所を見ると、GMOコインの利便性が際立ってきます。今回は、GMOコインがNFT投資に適している3つのポイントについて解説します。

投資・マネーコラム

海外不動産投資、国別のメリット・デメリットを比較

近年では海外不動産投資を扱う不動産会社も増え、日本にいながら様々な国で不動産投資できるようになってきています。そこでこの記事では、投資先の国を選ぶうえでのポイントと各国の特徴について解説します。海外不動産投資における各国の特徴を知りたい方はご参考下さい。

ESG投資

仏トタルエナジーズ、ミャンマーから撤退へ。人権問題を深刻視

仏エネルギー大手のトタルエナジーズ(ティッカーシンボル:TTEF)は1月21日、ミャンマーから撤退する計画を発表した(*1)。2021年2月に国軍のクーデターが発生して以来、人権や法の支配をめぐる状況が悪化していることを踏まえ、事業の継続は困難と判断した。

FXコラム

12月のマーケットの注意点は?各国の特徴と1月へ向けての流れをトレーダーが解説

毎年12月から1月にかけての年末年始は、FXトレードにおいても注意が必要な時期となります。この時期は欧米を中心に世界的なホリデーシーズンとなり、普段の相場とは違った動きを見せることがあるため、この期間に取引をするトレーダーはいつも以上に注意をしてトレードが必要です。そこでこの記事では、FX市場における12月の特徴と注意点に関して解説したいと思います。

投資・マネーコラム

海外ホテルコンドミニアム投資の特徴は?ハワイ・マレーシア・タイ、3ヵ国の比較も

海外不動産投資には、コンドミニアムなど住宅の投資に加えて、ホテルコンドミニアムという物件に投資する方法もあります。ホテルコンドミニアムと通常のコンドミニアムは何が違うのか、ホテルコンドミニアムはどんなエリアにあるのかなど、疑問を持つ人もいるのではないでしょうか。この記事では、ホテルコンドミニアム投資の特徴とともに、ホテルコンドミニアムに投資できるエリアについてその特徴を比較します。

投資・マネーコラム

マレーシア不動産の値上がり余地は?GDP推移と周辺国との比較で検証

海外不動産投資におけるキャピタルゲインの期待値を計るためには、国ごとのGDP成長率も1つの指標となります。この記事では、マレーシアと周辺諸国とでGDP成長率の推移などを比較し、マレーシア不動産投資の成長性を検証していきます。

投資・マネーコラム

海外不動産投資で注意したい為替リスクは?4ヵ国の通貨の値動きを検証

海外不動産投資では、現地の通貨で物件を購入し、現地の通貨で家賃を受け取ります。このため、海外不動産投資では対円相場の変動によって収益も変動する点に要注意です。この記事では、日本から不動産投資ができる国について、対円相場の推移を比較します

投資・マネーコラム

タイ不動産投資、物件を購入する手順や流れは?リスクや注意点も

タイは日本人の旅行先として人気のある国の一つです。海外不動産投資においても、タイ不動産を検討する人は多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、タイ不動産を購入する手順や注意点について解説します。タイの不動産投資を検討している方はご参考下さい。

投資・マネーコラム

コロナショックがタイの不動産価格に与えた影響は?データで検証

2020年、世界経済に大きな影響を与えたコロナウイルスは、拡大の勢いが夏に弱まりましたが、秋以降再び拡大しています。コロナは世界各国の不動産価格にどう影響しているのか、気になる人もいるのではないでしょうか。この記事では、コロナがタイの不動産価格に与えた影響について、データを用いて解説します。

投資・マネーコラム

東南アジアの海外不動産投資はどの国がおすすめ?人口やGDPを徹底比較

アジアの海外不動産は手頃な値段で買えるものも多いため、海外不動産投資の投資先として検討しやすい地域です。この記事では、人口やGDPなどの要素にスポットを当てて、アジアの中からタイ・マレーシア・ベトナム・フィリピン・カンボジアの5ヶ国を比較します。

投資・マネーコラム

カンボジア不動産投資の特徴は?メリット・デメリットや注意点も解説

ここ数年、海外不動産投資を実際に始めている方も増えてきました。マレーシアやタイなどの状況変化によって、海外で次の不動産投資先を探している人も多いのではないでしょうか。この記事ではカンボジアの不動産投資について、メリット・デメリットや注意点などを解説します。

海外不動産投資

「アウトバウンド投資をはじめるために」増補版、東南アジアの不動産市場を解説

コリアーズ・インターナショナル・ジャパンは10月8日、レポート「アウトバウンド投資をはじめるために:東南アジアの不動産市場を読み解く」の増補版を発表した。アウトバウンド不動産投資を検討している日本の投資家向けに、インドネシア、タイ、フィリピン、ベトナム、マレーシア、ミャンマーの基礎的な情報をまとめ、増補している。