ビットバンク、メイカー(MKR)取扱い開始。取引手数料無料キャンペーンも実施へ

ビットバンク株式会社は1月25日、暗号資産メイカー(MKR)の取り扱いを開始した。同取引所では現物取引所の通貨ペアにMKR/JPY、MKR/BTCが追加される。

メイカー(MKR)とは、ステーブルコイン「DAI(ダイ)」の発行・管理や、レンディングプラットフォームを提供するプロジェクトです。MKRはこのプラットフォーム上でのガバナンスに使用することがでる。

  • 暗号資産の名称:メイカー
  • シンボル:MKR
  • 時価総額:240,568,268,797円(2022年1月17日時点)
  • 単価:約255,445.54円(2022年1月17日時点)

ビットバンクではメイカー(MKR)の取扱いを記念して、MKR/JPY、MKR/BTCの取引手数料無料キャンペーンが開催される。キャンペーン期間は1月25日から2月24日9時59分までとなる。

また、ビットバンクではメイカー(MKR)の取扱いに伴い、「暗号資産を貸して増やす」についてもMKRの募集を開始、募集開始日は取扱開始日(1月25日)を予定している。「暗号資産を貸して増やす」とは、ビットバンクと利用者が暗号資産の消費貸借契約を締結し、最大年率3%の暗号資産を1年後に受け取ることができるサービス。1年間の満了日を迎えると、募集月にお客様が貸し出した暗号資産に、所定の利用料を加算して受け取ることができる。

【関連記事】bitbank(ビットバンク)の口コミ・評判・口座開設

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。