クリアル、三菱地所グループのHmlet Japanと提携。CFで新規レジデンス開発推進

クリアル株式会社は1月18日、 Hmlet Japan(ハムレットジャパン)株式会社と業務提携契約したことを発表した。ハムレット社は三菱地所株式会社とシンガポールのHmlet Pte.,Ltd.が2019年に設立したコリビング(賃貸住宅)の運営会社。業務提携により、ハムレット社のリーシング力とコミュニティマネジメント力、不動産投資クラウドファンディング(CF)「CREAL」を基盤としたクリアル社の資金調達力を活かし、都心部における新規レジデンスの開発や新しい住宅サービスの提供を推進していく。

業務提携第1弾として、CREAL で19日午後8時からハムレット社のレジデンスを対象としたファンド「(仮称)Hmlet CREAL中野新橋」の募集を開始する。

コリビングは、居住空間と仕事空間を共有する住居で、シェアハウスとコワーキングスペースの機能を兼備する。働き方やライフスタイルの価値観が変化するなか、20代~30代のミレニアル世代を中心に世界の主要都市で普及しつつある。日本でも月額制でさまざまな拠点に居住できるサービス「ADDress(アドレス)」などが登場している。

ハムレット社は日本でのコリビングのパイオニアとして大阪や名古屋などの大都市にもエリアを拡大、中長期的には1万室以上の運営を計画。 現在はHmlet渋谷松濤・笹塚・岩本町・高田馬場・千石・三軒茶屋・原宿・森下・新宿御苑・門前仲町・世田谷羽根木・山吹神楽坂・元浅草の13カ所を展開している。

特に、外国人駐在員や長期ビジネス旅客に向けたサービス提供、コミュニティ運営に強みを持ち、東京都心部の賃貸レジデンスマーケットでユニークなターゲティングをすることで収益性を確保し、CFを通じた投資家に対しても安定したリターンの提供を目指すとしている。

新規ファンド「(仮称)Hmlet CREAL中野新橋」の募集金額は8億100万円、成立下限額は7億100万円の大型案件。想定利回りは年利4.5%(インカムゲイン2%、キャピタルゲイン2.5%)、想定運用期間は1月31日から18ヶ月、想定初回配当日は8月31日。最小投資金額1万円。募集は1月26日まで。

物件は東京メトロ丸の内線「中野新橋」駅徒歩約4分に位置、ターミナル駅の新宿まで約7分で行くことができる交通利便性の高い立地。土地は敷地面積約358㎡、建物は鉄筋コンクリート造陸屋根地上5階建、延床面積744.25㎡、総戸数23戸。21年11月に竣工したばかり。部屋タイプは1K、1Rとなっている。

【関連サイト】CREAL
【関連ページ】CREALの評判・口コミ

※CREALでは、下記ページ経由で新規に投資家登録やファンドへの投資を行うと最大10,000円のAmazonギフト券がプレゼントされるキャンペーンを開催中です。詳しくはCREALのキャンペーンページでご確認下さい。

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
アバター

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」