TAG bitbank

暗号資産取引所の使い方

仮想通貨投資を行う場合のプロジェクトの選別方法【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

仮想通貨(暗号資産)投資を行う場合、時価総額が業界トップ規模のビットコインやイーサリアムから、ドージやモナコインといったコミュニティ人気の高い銘柄まで、日本の仮想通貨取引所でも購入可能なものが数多くあります。ここでは投資家の視点からプロジェクトのどのような内容をチェックして、投資可否を判断していくべきか、解説したいと思います。

その他企業

ビットバンク、デジタルアセットに特化した信託会社設立へ。三井住友トラスト・ホールディングスと基本合意書を締結

ビットバンク株式会社と三井住友トラスト・ホールディングス株式会社は5月24日、デジタルアセットに特化した信託会社の設立に向けて、ビットバンクの子会社でその設立準備会社となる「日本デジタルアセットトラスト設立準備株式会社(JADAT:Japan Digital Asset Trust Preparatory Company, inc.)」への三井住友トラスト・ホールディングスからの出資を含め共同で検討していくことに合意し、基本合意書(MOU)を締結した。

仮想通貨

ビットバンク、エンジンコイン(ENJ)の取り扱い開始へ

ビットバンク株式会社は4月26日、新たにエンジンコイン(ENJ)の取扱いを開始した。同社はこれにより、15種類の暗号資産、29取引ペアの商品ラインナップを取扱う暗号資産取引所となった。また、エンジンコイン(ENJ)の取扱いに伴い、「暗号資産を貸して増やす」についてもENJの募集を開始している。

暗号資産取引所の使い方

アルトコイン投資に便利な仮想通貨取引所を3つご紹介!【コインチェック、GMOコイン、ビットバンク】

アルトコインはビットコインよりもボラティリティが高いこともあり、仮想通貨投資家にとって人気のある投資先となっています。この記事ではアルトコイン投資に便利な仮想通貨取引所についてご紹介します。

仮想通貨コラム

仮想通貨取引所GMOコインとbitbank(ビットバンク)の特徴や機能を徹底比較!

国内でも多くの仮想通貨(暗号資産)交換業者が設立される中、ユーザーにとってますます便利なサービスが出てきています。アプリの使用感や提供しているサービスについて多種多様になってきており、複数の企業で口座を開いておいて目的に合わせて使い分けている人も少なくありません。ここでは、GMOコインとビットバンクについて機能や手数料、取引通貨などサービス内容を比較することで、どのようなことができるのか分析していきたいと思います。

暗号資産・ブロックチェーン

【18歳からの仮想通貨投資】ビットバンク(bitbank)の口座開設方法をご紹介:スマホ版

ビットコインやXRP、イーサリアムなど仮想通貨(暗号資産)に投資したい方にとって、最初のステップとなるのが仮想通貨取引所でアカウントを開くことです。今回は、4月1日から18歳と19歳の方による口座開設の受け付けを開始した仮想通貨取引所ビットバンク(bitbank)の口座開設方法についてご説明します。

仮想通貨

保護者の同意なく投資を始めたい層は半数以下、成人年齢引き下げに伴う若年層の投資意識調査の結果より

暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するビットバンク株式会社は3月31日、4月からの成人年齢引き下げに伴って保護者の同意なく投資を始めることができる18〜19歳に対して、資産運用や投資に関する意識調査を実施した。18〜19歳を対象にWebアンケート調査を実施し、456名の回答を集計している。

暗号資産取引所の使い方

コインチェックと併せて利用する仮想通貨取引所選び、何がポイントになる?

コインチェックは多くの投資家のファースト口座として支持されていますが、目的に応じて別の仮想通貨取引所を補足することで有意義に投資に取り組めるでしょう。今回はこれから仮想通貨取引所の口座開設を考えている方向けに、コインチェックの概要と他所選びのポイントを解説致します。

仮想通貨コラム

【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】ビットコイン分析を行うときに有益なサイト3選

ビットコインを初めとする仮想通貨(暗号資産)の分析を行う際に有益なサイトが国内外で設けられています。今回は仮想通貨の分析に役立つサイトを3つご紹介します。英語な苦手な方も翻訳機能を利用してある程度内容を掴めると思います。この機会にチェックしてみてください。

暗号資産取引所の使い方

【寄付や送金、資産防衛】 多方面で利用されるビットコインの特性と課題をおさらい

これまで投資や投機の対象として見られることが多かったビットコインですが、本来の目的である送金・決済の他、今回ご紹介したような寄付での活用など、さまざまなユースケースが見られるようになってきています。ビットコインを自身の資金で購入する以外にも、普段利用するポイントで交換するといったサービスを提供する会社もありますので、興味のある方はぜひビットコインを購入して自分なりに使ってみてください。