GMOコインがNFT投資に適している3つのポイントとは?【仮想通貨(暗号資産)取引所の選び方】

最近、国内外で様々な有名人や企業がNFT産業に進出する中で、自分もNFTを購入してみたいと考えている方も多いと思います。世界的に最大のNFTマーケットプレイスであるOpenSeaは、日本人も複雑な登録なしに利用できますが、決済通貨としてイーサリアム(ETH)を用意してウォレットに移す等の手順が必要となります。そうしたプロセスを踏まえて国内の仮想通貨取引所を見ると、GMOコインの利便性が際立ってきます。今回は、GMOコインがNFT投資に適している3つのポイントについて解説します。

目次

  1. GMOコインの基本概要
  2. GMOコインがNFT投資に適している3つのポイント
    2-1.販売所が初心者にも使いやすい
    2-2.イーサリアムの板取引を利用できる
    2-3.仮想通貨の出庫(送付)手数料が無料
  3. NFT市場のトップシェアを占めるOpenSeaとは?
  4. まとめ

①GMOコインの基本概要

GMOコイン
GMOコインは、東証プライム上場のGMOインターネット株式会社のグループ会社であるGMOコイン株式会社が運営する仮想通貨取引所です。GMO証券など金融サービスの運営ノウハウがGMOコインにも活かされており、高機能トレードツールがPC・スマホアプリでも利用できます。初心者からトレーダーまで幅広いユーザーが利用するGMOコインの口座数は37.4万件を越えています(GMOフィナンシャルHD、2021年12月期第1四半期決算資料より)。

GMOコインは4種類の取引サービス、販売所、暗号資産FX、取引所(現物取引)、レバレッジ取引を提供しています。加えて、つみたて暗号資産、貸暗号資産など、総合的な資産運用が利用可能です。いずれもWEBとスマホアプリから利用でき、外出先でもトレーディングに励んだり、仮想通貨を外部へ送付したりできます。

  • 取扱通貨:
    ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、XRP、ライトコイン、ネム、ステラルーメン、ベーシックアテンショントークン、オーエムジー、テゾス、クアンタム、エンジンコイン、ポルカドット、コスモス、シンボル、カルダノ、メイカー、ダイ、チェーンリンク

GMO List※2022年3月2日時点の情報です。最新情報に関しては公式サイトをご覧ください。

②GMOコインがNFT投資に適している3つのポイント

2-1. 販売所が初心者にも使いやすい

GMOコインは販売所と取引所で現物イーサリアムを購入できます。販売所は注文プロセスがシンプルで、購入金額を入力するだけで相当する量の仮想通貨を購入できます。仮想通貨投資が初めての方でもオンラインショッピングの様に使いやすいでしょう。

2-2. イーサリアムの板取引を利用できる

GMOコインの取引所(現物取引)でもイーサリアムを購入できます。取引所は、板(オーダーブック)を介してユーザー間で売買するものです。オークション形式で価格が形成されるので、販売所と比べてスプレッド(売買価格差)が小さく、実質的な手数料を抑えることができます。頻繁にイーサリアムを売買する方は、取引所(現物取引)を使用しましょう。また、取引所(現物取引)のメイカー取引はマイナス手数料(-0.01%)になっているので、指値注文を使って手数料のリベートを受け取ることができます。

2-3. 仮想通貨の出庫(送付)手数料が無料

GMOコインでは日本円出金と仮想通貨出庫が手数料無料になっているので、資産の出金や移動をスムーズに行うことができます。他社の場合イーサリアムの出庫手数料として0.005ETH(約1500円)前後かかりますが、GMOコインではこれが無料となっています。イーサリアムのネットワークフィー(ガス)が数千円~数万円に高騰する近年、GMOコインの出庫手数料無料は投資家にとって嬉しい対応です。GMOコインではスマホアプリからも仮想通貨の出庫操作ができます。

③NFT市場のトップシェアを占めるOpenSeaとは?

Screen-Shot-2022-01-03-at-10.41.11-AM-800x416

The blockより引用

2021年のNFT市場は取引量規模が130億米ドル(約1兆4500億円)を超えており、前年比42,988%と大幅に増加しています。その内96%にあたる125億米ドルが、NFTマーケットプレイス『OpenSea』で発生しています。OpenSeaのアクティブユーザーウォレット数は100万件を超えており、イーサリアム上で最古のNFTの一つである「CryptoPunks」や、ジャスティン・ビーバーをはじめとするセレブに人気の「Bored Ape Yacht Club」などの人気タイトルが多数取引されています。

Opensea

OpenSeaを使用するには、デジタルアイテムや仮想通貨を格納するウォレットを接続する必要があります。そのためMetaMask(メタマスク)やCoinbase Walletなどをインストールし、仮想通貨取引所で購入したイーサリアム(ETH)を送付する、といった手順を踏みます。ウォレットの作成や仮想通貨の送付方法について詳しく知りたい方は、関連記事で確認しながら進めてみてください。

MetaMaskのウォレット作成方法、OpenSeaへの連携方法について解説【NFTマーケットプレイス導入準備】

④まとめ

これまで仮想通貨(暗号資産)は投資や投機目的のユースケースが主流でしたが、近年、NFTを購入したり、GameFiやDeFiで運用したりといった使い方が増えてきています。仮想通貨取引所はNFTやDeFiのゲートウェイとしての役割を担いつつあります。

そんな中、GMOコインはユーザーにとってますます重要になってきます。取引所を使えばイーサリアムを市場価格付近で取引できるので、購入時だけでなく利益確定(円転)の時にも役立ちます。仮想通貨の出庫手数料が無料なのでゲートウェイとして気兼ねなく使えます。NFT投資に関心がある方は、この機会にGMOコインで口座開設を済ませ、イーサリアムの購入から始めてみましょう。

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。