TAG ウォレット

NFT

ローチケ(ローソンチケット)利用者向けの「LAWSON TICKET NFT」とは?

22年3月16日、NFTマーケットプレイスを運営するSBINFT株式会社は株式会社ローソンエンタテインメントとパートナーシップを締結し、「LAWSON TICKET NFT」という新たなサービスを展開することを発表しました。今回は、新たに発表された注目のサービス「LAWSON TICKET NFT」について解説します。

暗号資産・ブロックチェーン

イーサリアムのステーキングはハードウェアウォレット経由がおすすめな理由とは?

今回は、ハードウェアウォレットのLedger(レッジャー)を使ったイーサリアムステーキングについて紹介します。LedgerのアプリであるLedger Liveでは、Lido(ライド)というステーキングサービスを使ってイーサリアムのステーキングを行うことができます。本稿では、Ledger とLidoのコンビネーションがなぜ良いのかを解説します。

仮想通貨コラム

トークンセールに参加するには?【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

トークンセールに参加することで、プロジェクトに早期で投資できます。トークンセールの販売価格はそれぞれ定められているので、初期段階で投資できればより大きなキャピタルゲインが期待できることとなります。今回はトークンセールについての解説と、参加方法について解説したいと思います。

仮想通貨コラム

【重要ニュースまとめ(3/26~4/1)】Axie InfinityのRoninブリッジがハッキング被害で巨額流出、a16zがエアドロップの匿名化ツールを発表

今週は、Roninブリッジからの資金流出やLayerZeroの資金調達が話題になりました。特にRoninブリッジのハッキング事件は、過去最大規模の資金流出であったことと、Axie Infinityという知名度の高いプロジェクトによるものだったことから、世間を大きく騒がせています。

その他企業

Fintertech、「Ginco Wallet」とデジタルアセット担保ローンの連携を検討へ

最先端テクノロジーを活用し次世代金融サービスを創出するFintertech株式会社は3月30日、ブロックチェーンソフトウェア開発およびインフラ提供を行う株式会社Gincoと覚書を締結し、Fintertechが提供する「デジタルアセット担保ローン」とGinco社が提供する個人向け暗号資産ウォレットアプリ「Ginco Wallet」との連携について検討を開始した。

NFT

【重要ニュースまとめ(3/19~3/25)】MetaMaskのトークン発行とDAO化計画が明らかに、イーサリアムのセカンドレイヤーOptimismが大型調達

今週は、ConsenSysやOptimismの資金調達、Yuga Labsのトークン発行などが話題になりました。特に、Optimismの資金調達は、昨今のセカンドレイヤーの盛り上がりを象徴する出来事であり、まだまだ他のプロジェクトも調達が続きそうです。BAYCを運営するYuga Labsは、先週CryptoPunksとMeebitsのIPを取得するなど積極的な取り組みを行っています。NFT市場も競争が激化する中で、どの企業が市場をリードするのか注目していきましょう。

NFT

【重要ニュースまとめ(3/12~3/18)】人気NFTコレクションのIPが統合、所有者の商用利用が許可される一方で集権化を危惧する声も。イーサリアムThe MergeがテストネットKilnで実行

今週は、Yuga LabsによるCryptoPunksとMeebitsのIP取得や、Polygonネットワークの遅延などが話題になりました。その他にも、ドバイや韓国、タイといった各国で動きが見られています。日本でも、ロシアに対する経済制裁の影響が暗号資産業界にも派生するなどしました。引き続きロシアによるウクライナ侵攻が話題になっており、業界への影響は続きそうです。

暗号資産取引所の使い方

GMOコインがNFT投資に適している3つのポイントとは?【仮想通貨(暗号資産)取引所の選び方】

最近、国内外で様々な有名人や企業がNFT産業に進出する中で、自分もNFTを購入してみたいと考えている方も多いと思います。世界的に最大のNFTマーケットプレイスであるOpenSeaは、日本人も複雑な登録なしに利用できますが、決済通貨としてイーサリアム(ETH)を用意してウォレットに移す等の手順が必要となります。そうしたプロセスを踏まえて国内の仮想通貨取引所を見ると、GMOコインの利便性が際立ってきます。今回は、GMOコインがNFT投資に適している3つのポイントについて解説します。