シャーディングとは・意味

シャーディングはトランザクションの検証作業をバリデーターのグループごとに分け、並列してトランザクションを処理する技術です。シャーディングは、トランザクションの検証作業を効率化することで、イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決するために提案されました。

イーサリアムは、Dapps(自律分散型アプリケーション)開発のためのプラットフォームという側面をもつため、Dappsの開発が進み、ユースケースが増えていくと、現在の仕様のままではスケーラビリティ問題に直面することになります。実際に、Dappsとして知られるCryptoKittiesによりトランザクションが遅延する事態も発生しており、Dappsプラットフォームとしてイーサリアムが普及するためにはスケーラビリティ問題の解決が必要不可欠です。

そうした問題を解決するために考案されたシャーディングの仕組みは、メインチェーンとは別のサイドチェーンごとにトランザクションを処理するグループを分けて、メインチェーンの負荷を軽減することでスケーラビリティの改善を図るというものです。データ処理は小グループで検証作業を行うため、PoS(Proof of Stake:プルーフ・オブ・ステーク)によってデポジット量ごとにバリデーターをグループ分けする仕組みとなっています。

イーサリアムはコンセンサスアルゴリズムとしてPoW(Proof of Work:プルーフ・オブ・ワーク)を採用していますが、イーサリアム考案者であるヴィタリック・ブテリン氏のPoWが環境に与える悪影響との考えからPoSへの移行を図っています。スケーラビリティ問題を解決するための方法は、ブロックサイズの拡張など複数あります。それでも、イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決する方法として、シャーディングが期待されているのは、コンセンサスアルゴリズムのPoSと相性が良いためです。

シャーディングに関するニュース一覧

仮想通貨に関する用語集の一覧

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。