暗号資産とは・意味

暗号資産とは、中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在せず、インターネットを通じて不特定多数に対して商品やサービスの購入の対価として利用できる財産的価値のことを指します。2019年3月15日に暗号資産に関する法改正が閣議決定され、今まで「仮想通貨」と呼ばれていた名称が「暗号資産」へと変更されることとなりました。初めて誕生した暗号資産は、公開鍵暗号やハッシュ、電子署名といった暗号技術を組み合わせ、特定の中央集権的な管理者を持たずとも個人同士がPeer to Peerで安全に取引できるよう決済通貨を目指した「ビットコイン」です。暗号資産にはこうした誕生背景もあり、「暗号通貨」とも呼ばれています。

日本では、2017年4月に施行された資金決済法によって、「仮想通貨」が条文の文言として盛り込まれ、法定通貨の代替手段として位置づけられました。このときの資金決済法は、2015年に作られたFATFの国際ガイドラインに記載されていた「Vertual Currency」を翻訳した「仮想通貨」という表現を利用していました。しかし、昨今ではG20会合をはじめとする国際的な会議で「暗号資産」と呼称されることが増えてきたことを受け、日本でもその動きに対応した形となります。

現在、暗号資産には、法定通貨の代替手段として決済を目的とする「デジタル通貨」、プラットフォームの使用権として利用される「ユーティリティトークン」、価値の裏付けがあるさまざまな資産をブロックチェーンを用いてデジタル化した「セキュリティトークン」、の3つが存在しています。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

暗号資産に関するニュース一覧

仮想通貨に関する用語集の一覧

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」