プラズマとは・意味

プラズマとは、サイドチェーンでトランザクションを処理して、最終的なデータだけをメインのブロックチェーンに記録する技術です。イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決するために、イーサリアム考案者のヴィタリック・ブテリン氏とライトニングネットワークの開発者Joseph Poon氏によって考案され、2017年8月11日にホワイトペーパーが公開されています。

イーサリアムは、Dapps(自律分散型アプリケーション)開発のためのプラットフォームという側面をもつため、Dappsの開発が進み、ユースケースが増えていくと、現在の仕様のままではスケーラビリティ問題に直面することになります。実際に、Dappsとして知られるCryptoKittiesによりトランザクションが遅延する事態も発生しており、Dappsプラットフォームとしてイーサリアムが普及するためにはスケーラビリティ問題の解決が必要不可欠です。

プラズマでは最終的にルートチェーン(イーサリアムのメインチェーン)がそれぞれのサイドチェーン(プラズマチェーン)に対して権限をもつものの、プラズマチェーン内は独自の仕様とスマートコントラクトを構築可能という特徴があります。プラズマのホワイトペーパーでは、プライベートチェーンやDEX(分散型取引所)をそれぞれ処理して、メインチェーンに取り込むイメージ図が記されています。このようにプラズマチェーンでは、ネットワーク参加者がいちいちブロックチェーン上のすべてのデータを読み込まないよう、ブロックチェーンを使い分けることが可能です。

【参照URL】Plasma: Scalable Autonomous Smart Contracts

プラズマに関するニュース一覧

仮想通貨に関する用語集の一覧

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」