ウォレットとは・意味

ウォレットは直訳すると「財布」の意味となり、仮想通貨を保管する場所のことを指します。購入した仮想通貨は銀行に預金することなどができないため、自分自身の責任でしっかりと管理する必要があります。仮想通貨のウォレットには下記のように様々な種類が存在しています。

また、インターネットに常時接続しているウォレットのことは「ホットウォレット」、オフライン環境下にあるウォレットのことを「コールドウォレット」は呼ばれています。ウォレットは基本的にセキュリティと利便性がトレードオフとなっており、ウェブウォレットのようにすぐに仮想通貨の取引ができるウォレットはとても便利な反面ハッキングリスクもあり、注意が必要です。

逆に、ペーパーウォレットなどのコールドウォレットはハッキングのリスクはないものの、ペーパー自体を紛失したり盗難されたりすると仮想通貨を引き出せなくなるリスクがあるため、より厳重な管理が求められます。

どのようなウォレットを利用するのが適しているのかは人により異なりますが、通貨の取引をあまり頻繁に行わない方はできるかぎりホットウォレットに通貨を保管するのは避けてコールドウォレットに保管し、さらにそのコールドウォレットを金庫など物理的な安全な場所に保管しておくという方法がおすすめです。

仮想通貨を用いた取引をよくするという方でも、普段はあくまで取引に必要な通貨量だけをホットウォレットに保存しておき、取引所などのウェブウォレットに大量の資産を置いたままにすることなどは避けるよう心がける必要があります。

ウォレットに関するニュース一覧

仮想通貨に関する用語集の一覧

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」