コールドウォレットとは・意味

コールドウォレットとは、仮想通貨を保管するウォレット(財布)のうち、インターネットに接続されていないオフライン環境下にあるウォレットのことを指します。具体的には、紙に秘密鍵を記載したペーパーウォレットが挙げられます。コールドウォレットはネットワークに接続されていないため、ハッキングなどのセキュリティリスクは低くなりますが、すぐに取引をすることは難しかったり、コールドウォレット自体を紛失、破損したりしてしまうと元に戻らないというリスクもあります。コールドウォレットの逆に、常時インターネットにつながっている状態のウォレットを「ホットウォレット」と呼びます。コールドウォレットはホットウォレットよりもセキュリティ面では安心ですが、コールドウォレット自体の管理をしっかりと行う必要があります。

コールドウォレットに関するニュース一覧

仮想通貨に関する用語集の一覧

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」