AML(Anti-Money Laundering)とは・意味

AMLとは「Anti-Money Laundering(アンチ―マネーロンダリング)」の略で、反社会的勢力やテロ組織、犯罪者集団などによるマネーロンダリングや詐欺を防ぐための一連の対策のことを指しています。仮想通貨の取引は匿名性が高く、マネーロンダリングに利用されるリスクが高いため、AMLは非常に重要だと言えます。その一環として、仮想通貨取引所では口座開設の際に十分な本人確認手続き(KYC)を行っており、パスポートや免許証などの本人確認書類、本人の顔写真、両者が同時に移った写真の提出などを求めているのが一般的です。また、最近ではICO(Initial Coin Offering)に参加するためのアカウント開設時にもKYCが求められることがあります。ICOにより資金調達を行う企業側としても仮想通貨によって反社会的勢力などから不正な資金を受け取ってしまうことはプロジェクト自体の信用リスクに直結するため、このAML/KYCの取り組みは非常に重要だと言えます。

AMLに関するニュース一覧

仮想通貨に関する用語集の一覧

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。