ハッシュ(値)とは・意味

ハッシュ値とはある情報を関数に入れて得られる固定長の値を指します。このハッシュ値を変換する関数をハッシュ関数と呼びます。

ハッシュ関数では入力値から一意の出力値を算出できます。出力値から入力値を出力することはできない一方向性と、入力値の長さにかかわらず固定長の値を出力するという2つの特徴を持ちます。ハッシュ関数では耐衝突性(別の値を入力した時でも同じ値を得る可能性)が問題となることが多いですが、現在の主流であるSHA2-256の場合、同値が発生する確率は2の256乗分の1という天文学的な確率となります。ビットコインではトランザクション処理や電子署名など数多くハッシュ値が使われています。

ハッシュ値に関するニュース一覧

仮想通貨に関する用語集の一覧

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。