CBOE(シカゴ・オプション取引所)とは・意味

CBOE(Chicago Board Options Exchange:シカゴ・オプション取引所)は、米イリノイ州のシカゴに拠点を置くCboe Global Markets, Inc.が運営する、世界有数の取引量を誇るデリバティブ(金融派生商品)取引所です。米国及び欧州の株式、先物、ETP、FXなどの取り扱いの他、CBOEが考案した市場の不安・恐怖を反映するVIX指数(Volatility Index:恐怖指数)のオプション商品など、さまざまな商品が取り扱われていることが特徴です。

CBOEでは、①世界中の投資家に対し多様な商品を提供するためにイノベーション、②グローバルマーケットにアクセスする最先端の技術、③カスタマーエクスペリエンスを向上させるソリューション、の3つに取り組むことで市場を進化させていくことを目的に掲げています。

CBOEは2017年12月、米国で先物取引・オプション取引全般を規制するCFTC(Commodity Futures Trading Commission:米商品先物取引委員会)の承認を受け、ビットコイン先物を上場したことでも知られています。2018年には、SEC(Securities and Exchange Surveillance Commission:米証券取引委員会)に対して、機関投資家参入の鍵となると言われるビットコインETF(上場投資信託)の申請を提出するなど、仮想通貨のような新興技術に対しても精力的に活動を続ける企業です。

CBOEに関するニュース一覧

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)とは・意味
SEC(米国証券取引委員会)とは・意味
CFTC(米商品先物取引委員会)とは・意味

仮想通貨に関する用語集の一覧

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」