VanEckビットコインETFが申請を撤回へ

米国証券取引委員会(SEC)は9月17日、10月18日に審査の最終締め切りを控えたVanEckによるビットコインETFの申請が取り下げられたことを公表した。

VanEckのビットコインETFは2018年6月に最初の申請が行われたものの、2019年1月22日にCBOE(Chicago Board Options Exchange:シカゴ・オプション取引所)が申請の取り下げを行っている。理由については、同時期の米政府機関の一部閉鎖による影響を避けるためと考えられていた。それ以外にも、SECは今年に入ってから二度に渡ってVanEckのビットコインETFの審査延期をしていた。

同取引所は9月5日より、VanEck/SolidXが規則144Aの免除の下で、適格な機関投資家(所有もしくは投資資産が1億ドル以上の企業)に信託株式を提供し始めたところだった。VanEck社のデータによると、これまでにこの商品で4万ドル相当が取引されている。VanEckのデジタル資産戦略ディレクターであるGabor Gurbacsは自身のTwitterで、ビットコインとビットコインに焦点を当てた金融革新をサポートすることを約束し、保険付きのETFを市場に投入することが最優先事項だと表明。今後も継続的なETF商品への注力の意思を示した。

【参照記事】SECURITIES AND EXCHANGE COMMISSION (Release No. 34-86995; File No. SR-CboeBZX-2019-004)

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」