TAG ETF

Fintech

最大15万円プレゼント、AI搭載ロボアドバイザーTHEO・夏のボーナスキャンペーン開始

株式会社お金のデザインは、AI(人工知能)搭載ロボアドバイザー「THEO(テオ)」で「夏のボーナスキャンペーン」(6月28日~8月31日)を開始した。期間中の合計入金額に応じて、最大15万円をプレゼントする。これまでテオで運用をしたことのない新規の利用者も対象とする。

投資・マネーコラム

再び注目?数万円から不動産投資ができるJ-REITとは何かを解説します!

いよいよ来年は東京オリンピックです。ここ数年どんどん不動産の価格は上昇し、都心のマンションなどは価格が高止まりしているとも言われています。今回は、そんな不動産投資の中でも、大家さんにならなくても少額で不動産投資ができる「J-REIT」という仕組みに注目してみました。

ロボアドバイザーコラム

ロボアドバイザーの運用でも使われている「海外ETF」とは?特徴や主な商品を紹介

30代・40代の働く世代を中心に、利用者や運用残高が増え続けているロボアドバイザー。そのロボアドバイザーの中でも大手のウェルスナビやTHEOなどの資産運用において、メインの投資対象として使われているのが「海外ETF」です。今回は、この海外ETFとはどんな商品なのかに注目してみました。

手数料が安いロボアドバイザーサービス

ロボアドバイザーは1万円の少額から始めることができる投資ですが、だからこそ気になるのが「手数料」です。振込手数料や運用手数料が投資の利益を上回ってしまっては、せっかくの利益が無くなってしまいます。そこでこの記事では、ロボアドバイザーを始めるにあたり、手数料が安いおすすめのロボアドバイザー会社をご紹介したいと思います。

Fintech

「お金のデザイン研究所」設立、AI・ビッグデータなど資産運用技術へ応用

AI搭載ロボアドバイザー「THEO(テオ)」をを運営する株式会社お金のデザインは6月1日、資産運用技術の研究を行う「お金のデザイン研究所」を設立した。投資理論や資産運用ソリューションの開発、人工知能(AI)や ビッグデータなどテクノロジーの活用、社会の持続性に貢献するESG投資の研究などの研究を進める。

ポイント投資・ポイント運用ができるサービス3選

使わずに貯まっているポイントを使って気軽に投資・運用ができるポイント投資サービスが増えてきています。今回は、そんなポイント投資ができるサービスをいくつかピックアップしてご紹介します。手元にあるポイントを利用して気軽に投資をしたいという方はぜひ参考にしてみてください。

大手が運営しているロボアドバイザーサービス3選

ロボアドバイザーはオンラインの申込みで簡単に始めることができ、手数料も年0.5%~1%程度と利用しやすい一方で、まだまだ歴史の浅い運営会社がほとんどです。この記事では、大手が運営するロボアドバイザーサービスをピックアップしてご紹介したいと思います。

1万円以下から投資できるロボアドバイザーサービス

ロボアドバイザーの魅力の一つが「投資を小口で始めることができる」という点です。投資一任型と呼ばれるロボアドバイザーが提供するサービスは、これまで機関投資家や富裕層など大きな運用金額を持つ投資家しか利用することができなかったものですが、Fintech(フィンテック)の流れでロボアドバイザーのサービスが登場したことにより、個人投資家でも小口から投資をすることが可能になりました。

Fintech

ロボアドバイザー THEO【限定タイアップキャンペーン実施】6月末までの申込・入金で1,000円プレゼント

AI搭載ロボアドバイザー「THEO(テオ)」は、金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」とタイアップキャンペーンを開始した。2019年6月末までにHEDGE GUIDE経由でTHEOに申し込みし、10万円以上入金した場合に「1000円がプレゼント」される。

ロボアドバイザーコラム

ロボアドバイザーの手数料ってどうなの?投資信託やETFの手数料と比較

人工知能をもつロボットが出てきたことで、金融商品の買い方が変わりつつあります。自分がどういう方針で投資したいかを決めるだけで、あとはロボットが商品を選んで運用してくれます。「でも便利になった分、手数料高くなってない?」と思い、投資信託やETFの手数料と比較をしてみると、意外なことが分かりました。

Fintech

AI搭載ロボアドバイザー「THEO」に自動税金最適化サービス導入

AI搭載ロボアドバイザー「THEO(テオ)」を運営する株式会社お金のデザインは10日、自動税金最適化サービス「THEO Tax Optimizer (テオ・タックス・オプティマイザー )」を導入したと発表した。自社開発のアルゴリズムを利用し、ポートフォリオの資産配分を維持しながらTHEOユーザーの税負担を軽減する。

Fintech

ロボアドバイザーTHEOが新手数料開始、通常年1%から最大0.65%まで引き下げ

AI搭載ロボアドバイザー「THEO(テオ)」を運営する株式会社お金のデザインは4月1日、新手数料体系「THEO Color Palette(テオ カラーパレット)」を開始した。ユーザーの利用状況に応じて「カラー」4種に分け、手数料の基準額を通常1%(年率・税別)から最大0.65%(年率・税別)まで引き下げる。

Fintech

AI搭載ロボアドバイザー「THEO」、開始3年で預かり資産360億円超

株式会社お金のデザインは、運営するAI搭載ロボアドバイザー「THEO(テオ)」のサービス開始3周年を記念して、サービス利用者の情報をまとめたインフォグラフィックス「数字でみるAI搭載ロボアドバイザーTHEO」をオンラインで公開している。

仮想通貨

SEC委員長、ビットコインETFの承認にあたってカストディサービスの必要性を強調

米国証券取引委員会(以下、SEC)のジェイ・クレイトン委員長は11月27日、CoinDeskが開催する世界最大規模の仮想通貨カンファレンスConsensusにて、「ビットコインETFの承認前には必要不可欠なステップがある」と述べた。経済専門チャンネルCNBCが報じている

Fintech

マネラップ(MSV LIFE)誕生2周年記念!豪華賞品が手に入る2つのキャンペーンを同時実施

ロボアドバイザーを活用した投資一任型ラップサービス「マネラップ(MSV LIFE)」を提供するマネックス証券株式会社は10月11日、マネラップ(MSV LIFE)の誕生2周年を記念して、豪華賞品が手に入る2つのキャンペーンの実施を発表した。